アナログ人間の独り言~阪神タイガース・映画・サブカルチャー・旅行等々
前日、好調中日を3対2で破った阪神
7/31(土)、甲子園ライトスタンドへ娘と向かいました。

DSCN5142_convert_20100805004254.jpg

結果は延長12回、5対5の同点引き分け。5時間を越える厳しい戦いでした。
逆転された後、長い膠着状態が続き、ブラゼルのHRを皮切りに終盤1点ずつ返すも、9回森野のタイムリーでもう駄目かと諦めかけたところ、岩瀬の思わぬ乱調で満塁のチャンス。そこに浅井がバットを折りながらも内野安打で同点に。
12回表には安藤がノーアウト満塁のピンチを招き、バッター和田。今度こそ駄目かと観念したところ、三振、フライ、フライでチェンジ。
結果的には中日にとっては痛い、阪神にとっては価値ある引き分けとなりました。
しかししんどかった…。試合が終わったら11時回っていたのは本当に久し振りです。

DSCN5189_convert_20100805004545.jpg

で、翌8/1(日)。この日は1塁アルプスへ。
息子は今日も行けないので、また娘と行く事になりました。

DSCN5174_convert_20100805004718.jpg

クラブハウス前ではミズノの子供向けイベントが開催されており、娘はスピードガンを体験しました。

DSCN5186_convert_20100805004914.jpg

亀山努のトークショーの後、人工雪のイベントがあり、子供達は大喜び。
今日は人工雪が途中で溶けて降って来るくらい暑かったのですが、それでも随分長い時間遊ばせてくれました。

DSCN5169_convert_20100805005030.jpg

誰が作ったのか、立派な雪ダルマ。

今日の先発は下柳。
いつもの様に初回は内野のレストランで食事をしながらテレビで見ていると、ポカポカHRを打たれて3失点。
嫌な雰囲気の中でスタンドへ戻ったのですが、今日はあっという間に逆転してくれました。
しかし終盤、久保田が森野(今日3本目)、ブランコに連続HRを浴び1点差、堪らずここで藤川投入。

DSCN5201_convert_20100805010001.jpg

勝ちはしましたが、結果的には接戦を制した形になりました。
しかしこのカード、2勝1分けで勝ち越せたのは大きいです。
巨人も連勝でゲーム差0.5。東京ドームの首位決戦が見ものですね。

DSCN5219_convert_20100805005814.jpg

この日もライトで祝勝会。
この時点で10時を回っていますので、鳴り物は無しでした。
関連記事
スポンサーサイト

【2010/08/01 23:47】 | 野球
【タグ】 阪神  タイガース  甲子園  ライトスタンド  1塁アルプス  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック