アナログ人間の独り言~阪神タイガース・映画・サブカルチャー・旅行等々
シネウェーブ六甲については、最近マスコミの露出も増えてきております。

読売新聞
http://osaka.yomiuri.co.jp/re-eco/news/20100703-OYO8T00518.htm

文化通信
http://www.bunkatsushin.com/modules/bulletin/article.php?storyid=41903

たまにある関係者のコメントも好意的な意見が多いようです。
ただ地元一般人の掲示板の書き込みになると、応援する声が多い反面辛辣な意見も多数あります。

今回のシネコンの復活は、テナントの声に押されて集客力アップの為にKFPが下した決断というのが本当のところでしょう。いわば赤字覚悟の集客装置という事です。
しかしこれで幾分かRinkの集客力が回復したとしても、MOVIX全盛期に比べればまだまだといったところでしょう。
昔は六アイ独特のテナントとして和光やSKWがあった訳で、今のRink周辺にはそれ程インパクトのあるテナントがありません。そして最早普通のシネコンだけで島外から人を呼べる時代で無いのも確かです。
実際、子供達が映画を観る場合、RinkではなくHATへ行きたがります。
それはシネコンそのものの魅力だけの問題ではなく、映画以外に楽しめる環境があると彼らが知っているからなのです。
だからと言って、六甲アイランドに映画館と提携した大規模アミューズメントを導入すべきなのか、あるいは巨大な商業施設を更に誘致すべきなのかは難しいところです(MOVIX時代に階下のゲームセンターと提携していた事がありましたが、週末は半券狙いで子供らがエレベーターホールで観客に集り、実に雰囲気の悪い環境になっていました)。
当面はシネウェーブが、その独自の魅力を発揮する事によってRink全体の集客を牽引する事を期待されると思いますが、アイランドセンター~マリンパークの沿線開発を真剣に考えた方がいい様な気がします。

あと、ポイントカードの導入は欲しいですね。
大手シネコンでも導入していないところはありますが、やっぱり映画館へ行く大きな判断材料にはなります。
リンクカードのみがサービス対象(いつでも1000円で鑑賞可・ポイント有)となると、ちょっと寂しいです。
関連記事
スポンサーサイト

【2010/07/04 23:20】 | 映画館
【タグ】 六甲アイランド  シネウェーブ六甲  
トラックバック(0) |


-
無理でしょう。六アイ自体人口減ってますから…
配給会社の関係か 映画自体しょぼいのばかり…
六アイ再開発には P&Gのような外資を誘致するしかないでしょ~

Re: タイトルなし
aki
こんばんは、コメントありがとうございます。

シネウェーブ、苦戦が続いているようですね。
何だかんだで私も最近はご無沙汰気味です。
ロードショー番組で他のシネコンと競合するのは不利なのは判っていた話なので、何とか独自企画とかで特色を出して欲しいのですが…。
尼崎のMOVIXもかなりヤバそうですけど。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
無理でしょう。六アイ自体人口減ってますから…
配給会社の関係か 映画自体しょぼいのばかり…
六アイ再開発には P&Gのような外資を誘致するしかないでしょ~
2011/02/12(Sat) 19:34 | URL  |  #-[ 編集]
Re: タイトルなし
こんばんは、コメントありがとうございます。

シネウェーブ、苦戦が続いているようですね。
何だかんだで私も最近はご無沙汰気味です。
ロードショー番組で他のシネコンと競合するのは不利なのは判っていた話なので、何とか独自企画とかで特色を出して欲しいのですが…。
尼崎のMOVIXもかなりヤバそうですけど。
2011/02/12(Sat) 20:07 | URL  | aki #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック