アナログ人間の独り言~阪神タイガース・映画・サブカルチャー・旅行等々
見掛け上、今のところRinkに大きな変化はありません。
かつてMOVIXの看板が掛かっていた外壁部分もRinkのままですし、騒々しい工事の様子も無し。

DSCN4673_convert_20100629222518.jpg

サン広場掲示板のポスター。
劇場の一枚ポスターが彼方此方に掲示されています。

DSCN4679_convert_20100629222806.jpg

嬉しかったのがこれ。
MOVIX時代にもRink内を飾った様々な映画のポスターが、昔と変わらない様子で貼られています。
特に閉館時に上映されていた「カールじいさん~」や、まさかここで観れるとは思わなかった「アリス~」のポスターには感慨深いものがあります。
9月公開予定の「海猿」最新作のポスターもあり、3Dの表示が…。

DSCN4674_convert_20100629223119.jpg

エレベーターの中にもシネコンの宣伝が。
映画館が戻ってくるとやはりRink自体、活気付くような気がしますね。
フロアガイドも更新されており、ページ数も復活。9階フロアのレイアウトが復活していました。
チラシも大量に用意されており、「アリエッティ」の割引券と一緒にRink内で配布されています。

DSCN4676_convert_20100629224633.jpg

8階レストランフロアの9階へのエスカレーター部分。
MOVIX閉館の案内が、「シネウェーブ六甲」オープンのポスターに差し替えられています。
館内案内表示も間も無く更新される事でしょう。

オープニングの番組編成については以前に少し書きましたが、やはりどうしても他のシネコンに比べて見劣りしてしまうのは残念です。
この時期それ程大きな話題作の公開が無いとは言え、「踊る~」の上映は最低限として松竹系ではかなり力の入っている「アデル」が公開されないのはこのシネコンの微妙な立場所以の事でしょうか?
また、東宝系でヒット中の「告白」が上映されないのも解せません。「トイストーリー3」「アリエッティ」はかかりますがもう1つのアニメ大作「ポケモン」がラインナップに入っていないのも不思議です。
小規模とは言え、一応7つのスクリーンを持つシネコンですから、回転数を上げようと思うとどうしてもこの辺の話題作が欠かせないはず。この状態ではちょっと規模の大きい名画座といった感じになってしまいます。
それとも今回のオープンがあまりにも急で、OS側の配給体制が追いついていないのでしょうか?
折角MOVIX時代に配給会社の都合による公開の遅延が解消されたのに、ちょっと残念ですね。

なくなる時はどんな形でもいいから存続して欲しいと思い、復活するとなると他のシネコン並みのラインナップを求めてしまう自分の我侭にも少し呆れてしまいますが…。
関連記事
スポンサーサイト

【2010/06/27 23:48】 | 映画館
【タグ】 六甲アイランド  シネウェーブ六甲  シネコン復活  Rink  
トラックバック(0) |

No title
-
閉館決定か・・・。
2回も・・・。3回目はないかな。ないやろうな・・・。

Re: No title
aki
今回はほとんど猶予期間無しですね。
オープンして1年4ヶ月というスピード閉館。
残念なのは、ほとんど独自性を打ち出すことなく終わってしまった事。
RINKの行く末も心配です。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
No title
閉館決定か・・・。
2回も・・・。3回目はないかな。ないやろうな・・・。
2011/10/29(Sat) 19:49 | URL  |  #-[ 編集]
Re: No title
今回はほとんど猶予期間無しですね。
オープンして1年4ヶ月というスピード閉館。
残念なのは、ほとんど独自性を打ち出すことなく終わってしまった事。
RINKの行く末も心配です。
2011/10/29(Sat) 23:43 | URL  | aki #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック