アナログ人間の独り言~阪神タイガース・映画・サブカルチャー・旅行等々
先週からRink内に掲示されているポスターです。

SA3E0030_convert_20100623210107.jpg

その左下、何気に掲載されている広告に注目!

SA3E0031_convert_20100623210359.jpg

遂にRink9階へ映画館が戻って来ます!
7月3日(土)、六甲アイランドにシネマコンプレックス復活です。
掲載されている公開予定作品は当然の事ながら東宝系の目玉ラインナップ、「踊る大捜査線」「借りぐらしのアリエッティ 」。
Webではまだ公式ホームページは開設されておらず、その他の上映作品は未定、予約の受付も出来ません。
でも、どうせならもっと大々的に1枚ポスターで広告して欲しい…。

SA3E0029_convert_20100623211733.jpg

6/23現在のRink9階へのエスカレーター。
閉館翌日から立てられたMOVIX六甲閉館の案内と尼崎への誘導広告が、そのままの状態でまだあります。
大掛かりな改装工事の様子も無く、今はひっそりと来月のシネウェーブのオープンを待っています。

ミント神戸や姫路OSで利用出来るOS系の会員カードですが、Jolliosカードといいます。
JCBカードとポイントカードの2種があるのですが、気になるのがそのポイント特典。
利用金額10円につき1ポイントが付き、1000ポイントで劇場入場券と引き換えが出来ます。
つまり大人正規料金1800円で利用した場合、6回の利用で無料鑑賞券1枚と80ポイントのおつりが還って来ます。
しかし割引日等で1000円の利用だけの場合、10回通わなければこの特典はもらえません。
これ以外にも特典はあるのですが、どうもこの点が「MOVIX Club CARD」との決定的な違いのようですね。TOHOシネマズの「シネマイレージカード」もMOVIXと同じはずですが、有料であれば6回で1回ただという(WMは5回)サービスに対して、かなり見劣りがするような…。
ただ、ポイントはTOHOと同様有効期限は無いとか。
他にも色々と特典はあるのですが、調べれば調べるほど今更ながらにMOVIXのサービスの良さに感心してしまいます。
シネウェーブ六甲は、何か独自のサービスを編み出すのでしょうか?
関連記事
スポンサーサイト

【2010/06/23 21:56】 | 映画館
【タグ】 六甲アイランド  シネウェーブ六甲  シネコン復活  Rink  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック