アナログ人間の独り言~阪神タイガース・映画・サブカルチャー・旅行等々
しばらく前、トゥーランを買ったディーラーのHPを観ようと、ヤフーで検索して気が付いた事。
店名を入力すると、検索キーワードで私の担当セールスさんの姓が4番目ぐらいにヒットするではありませんか。
??????
この時はそれ程気にせずにいたのですが…。

先日、検査入庫の為に再びHPを検索。
すると、検索キーワードのトップに担当さんの今度はフルネームが…。

実は私が車を買った時の営業担当さん、昨年の秋に退社されたのでした。
最後にお会いしたのは8月の盆明け。
娘のiPhoneをDiscoverProにリンクさせるのを手伝ってもらったのです。
体調を崩されている様で、休みの日は買ったばかりの車でドライブにも行けず寝ていたとか。
顔色も何となく悪そうで、いつもの元気を感じませんでした。

私がトゥーランを買ったのは、もちろん車が気に入ったから。
そして買うディーラーを選んだ理由は、そこが一番安かったから。…ですが、もう一つ理由を挙げると、担当になってくれたセールスさんの印象が非常に良かったからです。
年齢は25~6歳の好青年。
イケメンながら決して話上手ではなく、どっちかと言うと口下手。
しかしながらそのたどたどしさが逆に初々しくもあり、熱心なセールストークは一生懸命さが滲み出て実に好感が持てました。
本当に車が好きな様でいろいろと教えてくれます。
非常に積極的ですが、こちらの気持ちを読む事を絶対忘れず、引く所は引く控え目さも好印象で、嫁さんも同感だったようです。

担当の好感度=ディーラーの評価。
ディーラーの雰囲気も良く、店長さんも気さくな人で文句のつけようがありませんでした。
最後には店長さんも商談に同席してもらい、購入を決意しました。
実際我が家には分不相応なくらい高価な車でしたが、後押ししてくれたのがこの担当さんと店長さんだったのです。

丁度年齢的には息子よりすこし年長の担当セールスさんは、この会社へは中途採用で入社されたそうです。
もともとこのディーラーを経営する会社は中途採用が多く、店長さんも途中入社で全国VWセールスで新人賞を取ったのだとか。20代後半で店長に就任し、私の担当さんもそれを目標に入社1年目から励んでおられました。
実際、全国セールスの中でも成績はかなりいいポジションにあったらしく、新人賞もかなり有望視されている様子で、賞品であるドイツ本社工場への研修旅行も見据えて「お土産は何がいいですか?」等と楽し気に話されていました。
店長さんの話では、担当さんが大学を出て最初に就職したのはマンションの管理会社だったとか。
しかしながら思い描いていた管理会社の仕事と現実とのギャップに悩む様になり、2年程で退職。その後、好きだった自動車関係の仕事をする為に、当時乗っていたPOLO(親父さんから貰ったものだそうです)繋がりでVWディーラーへ入社したのだそうです。

我が家にトゥーランが納車された頃、担当さんも新車を買われました。
ゴルフRヴァリアント・ラピスブルーメタリック。
280馬力2リッターターボ、最高速250キロでリミッターが働くという、価格560万以上の高級車です。
それでも独身者でセールス新人賞を取るほど成績を上げれば、十分手が届く車だったのでしょう。ディーラーのトップセールスに相応しい車であるのは間違いありません。
「もう4000キロ走りましたよ」
1000キロ点検で5月頃に訪問した際、笑いながら話してくれました。
通勤に使っているのであっという間に走行距離は伸びて行くみたいですが、燃費が悪くて困っているとか。
我が家のトゥーランも、夏以降は山口への往復や旅行を控えているので、間違いなく年間1万は超えるだろうと思いましたが、担当さんの年間走行距離が果たしてどのくらいになるか、この時は想像も出来ませんでした。

この担当さんの熱心さもあって、たった1台でも成績に貢献出来ればという思いが私たちにあったのも事実です。
本来は不要だった残価設定ローンも、営業さんの成績の足しになるのならと敢えて組みました(後日早期返済しましたが)。
自動車保険も、長年お付き合いのあった業者さんからディーラー代理店の商品へ切り替えました。
「これからは本当に永いお付き合いになります」
全てはまだ若い営業さんの言葉を信じての判断でした。

9月、新潟で事故を起こした時、真っ先に連絡した先はディーラーでした。
ロードサービスにしろ保険にしろ、全てディーラー任せだったからです。
ところが日曜にも関わらず担当さんは「お休み」だとか。
代わって対応してくれたサービスの方が全ての処理を進めてくれて問題は無かったのですが、この「担当者不在」の事が少し気になりました。
決算前は休日返上で働き続け、今の仕事がまるで天職の様に嬉々として元気一杯に振舞っていた好青年。あれだけ仕事熱心だった担当さんが、日曜日に休んでいるとは…。

翌日の祝日も電話に出るのはサービス担当の方で、営業担当さんは不在。
受付の女性の話では体調不良で暫く休んでいるのだとか。
3連休の旅行から帰宅し、翌土曜に新しい代車を受け取りにディーラーを訪問した際、やっと状況の説明を受けました。
担当さんは8月以降、1ヶ月も欠勤中で「連絡が取れない」状況だとか。
丁度私が娘のスマホの件で訪問した直後から休んでいることになります。
それどころか様々な書類上の不備が発覚し、ちょっとした揉め事に発展しました。
最初はサービス担当の方と話をしていましたが、これでは埒が明かないと思い、途中から直接店長さんと交渉する事になります(この時は半クレーマー状態でした・嫁さんが怒り心頭)。
ただ、調査の過程で営業担当さんが休む直前までの私に関する手続き関係は問題なく処理されており、むしろディーラーの管理体制に問題がある事が判って来ました。
その後は店長さんの努力で私の事故処理は無事進める事が出来、私たちの負担にならない様な形でサービスとしては無難に処理をこなして頂きました。
しかし営業担当さんは不在のまま。
店長さんは謝るばかりで詳細な説明はありません。

「休みの日でも電話して下さい」と教えてくれた担当さんの携帯番号に電話が繋がる事は二度とありませんでした。
体調不良だけが原因で長期無断欠勤していたのでしょうか?
それとも何か不祥事でも起こしたのでしょうか?
店長さんからチラホラ漏れ聞いた話ですと、「ある顧客からの強いプレッシャーで引き籠ってしまい、全く連絡が取れない」「出来れば復帰を促したいが、恐らく無理ではないか」との事。
春に新車を買ったばかりの担当さん、流石に全額キャッシュで買えたとは思えず、ローンやら所有権の問題やら何かとディーラーはコンタクトは取っている筈なのですが、私としてはこれ以上突っ込むことも出来ず担当さんとの接触を諦めました。

私がこの営業さんに期待していたのは、様々なサービスやアドバイスもそうなのですが、若い彼が今後見せてくれるであろう「成長」という変化を一緒に体験出来るのではないかという事でした。
熱心で非常に真面目、何となく不器用でどことなく線が細い…。私にはそれらが不登校を繰り返して来た息子と被って見えており、勝手ながらも親近感を持たせてもらっていました。
彼の退職によって様々な約束事が反故にされるのは残念ですが、それ以上に今後彼と一緒に過ごして行く事になったであろう車を縁にした生活が無くなってしまった事が本当に無念でなりません。
まだ若い彼なら、この先本当に「永い」期間に渡って付き合って行けるだろう…。
フォードの撤退に絡めて、少し感情移入し過ぎたのかも知れませんが。
年末、事故の修理明細に記載された営業担当者の名前が、この担当さんとの最後の付き合いになってしまいました。

「他のお客様にもご迷惑をお掛けしている為」との事で、新しいセールス担当さんを紹介されたのは、つい先日の1年点検の時。
やはり若々しい彼に「頑張って下さい」とお願いしたものの、最早それ程期待する事も出来ず、専ら話はサービス担当の方とのみに終始しました。

検索キーワードをサーフィンして偶然見つけた前担当さんのフェイスブック。
氏名、出身地、在住地、そしてカバー写真にある鮮やかなブルーのゴルフRヴァリアント。
最終更新日は昨年の7月、つまり音信不通になる一ヶ月前。
ストーカー行為の様な後ろめたさを感じながらもタイムラインを遡りますと、彼の生活世界が生き生きと見えて来ました。
最終更新とその前の更新にはかなりのブランクがあり、この間に転職等の転機があった事が窺い知れます。
友人や知人との交流、車や音楽、趣味…。
記事や写真には「ディーラー」では私達には決して見せた事のない、明らかに息子と同世代の屈託のない青年の姿がありました。
学生時代に夢中になった事、社会人となり同期入社の仲間たちとの交歓。
兄らしき人物からの祝福に「いい会社に入れて良かった」との返信には、本当に実感がこもっていました…。

今は何処で何をしているのでしょうか?
意外と飄々と上手くやっているのかも知れませんが。
検索ワードにこれだけ注目度が上がっているとなれば、これはかつて担当していた多くの顧客も関心を持っている結果でしょう。
もう会える可能性は無いでしょうけど、もし会えたら笑って話し合いたいものだと思います。
真面目で頑張り過ぎたのでしょう。
少しは適当に気を抜く事を覚えましょう。
少なくとも私たちはあなたの仕事に不満は無く、満足して車を買ったのですから。
結果は残念な事になってしまいましたが…。

さて、検査入庫を済ませた後、このディーラーのHPを観て気付いた事。
…店長が替わっている!!!
しかもヤフーの検索キーワードに店長の名が…。
オイオイ、このディーラー…。

関連記事
スポンサーサイト

【2017/03/11 00:27】 | マイカー
【タグ】 フォルクスワーゲン  VW  ゴルフ  トゥーラン    ポロ  POLO  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック