アナログ人間の独り言~阪神タイガース・映画・サブカルチャー・旅行等々
岸恵子の?…などと言ってはいけない。
本日、109HAT神戸で家族と鑑賞(娘は二度目)。

公開されて半年。やっと観る事が出来ました。
なぜここまで観るのが遅れたのかと言いますと、あまりにも先入観があり過ぎたからです。
話題作でもあまりに大きなヒットを飛ばしてしまうと、見る前に変な先入観が出来てしまい、妙に観辛くなってしまう事があります(実は「アナと雪の女王」も劇場鑑賞していません)。
事前に中途半端な作品情報が入って来るのも考え物です。

遠く離れた見知らぬ高校生同士の男女の人格が、ある日突然入れ替わる。
不定期に訪れる「入れ替わり」は、微妙にお互いの生活に影響を及ぼし始め、それはやがてある大事件へと収斂して行く…。
ここまで聞くと、誰もが大林宜彦監督の「転校生」の焼き直しを想像してしまうでしょう。
もう飽きたよ、この手の弓月光モドキのラブコメは。
しかしながら気になったのは、とても単純な男女入れ替えコメディとは思えない評価の高さと異常な興行成績。
そしてポスターに描かれた大空の二つに割れた彗星でした。

映画が始まると、その作画レベルの高さにまず驚きました。
CG万能とは言え、背景美術や動体描写での効果的な3DCGの使用は、日本アニメ界が常に実写映画に対して持ち続けていたコンプレックスを吹き飛ばしてしまうもので、正直壮大なアクションシーン以外はアニメーションである必要すら感じません。
そしてストーリーの中で「男女」の入れ替わりを作品テーマにしようとしない意外性。
それどころか最初はお互い妙な夢くらいの認識しかなく、入れ替わり中の記憶はどんどん薄れて相手の「名前」も思い出せなくなってしまう…。
身の回りの異常に気付き、初めて二人はノートやスマートフォンといった日常のツールを使って入れ替わり中の事象を記録、やっとお互いの存在に気付く。
この間、畳み掛ける様なテンポと生活感溢れる描写、そしてRADWIMPSの音楽によるリズミカルな展開で物語はどんどん意外な方向へ進んで行きます。

観終わった後の感想は、非常に良質な「映画」を観たという満足感でした。
実に完成度の高い「映画」であり、「SF」であり、「ファンタジー」…。
悲劇的な展開でもこの作品は感動を呼ぶ事が出来たでしょうけど、監督が固執した「ハッピーエンド」こそが今の世に合致した最も相応しいこの作品の在り方であったと思います。
日本だけでなく、公開される国々では次々と記録的なヒットを打ち立てているというこの映画。国内歴代ランキングでは「ハリー・ポッターと賢者の石」を抜き去って「アナと雪の女王」に肉薄しています。
この日も元旦にも関わらず、夕方の上映回はほぼ満席。興行情報では公開19週目なのに前週対比41パーセントアップ、週間ランキングも7位から3位に復活したとの事でした。

それにしても考えてしまうのは、この映画がなぜ「アニメ」でなければいけないのかという事。
先にも書いた様に、映像はまるで実写と見間違う程の出来で、逆に実写の方が明らかにコストが抑えられたのでは無いだろうかと思えるくらいです。
では実写ならここまでヒットしたかと考えると、やはりそれは有り得ない様な気がします。

以下に昨年度の日本国内映画興行ランキング(トップ10)を書き出します。

【邦画】
1位 君の名は。
2位 シン・ゴジラ
3位 名探偵コナン 純黒の悪夢
4位 映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!
5位 ONE PIECE FILM GOLD
6位 信長協奏曲
7位 映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生
8位 暗殺教室~卒業編~
9位 orange-オレンジ-
10位 植物図鑑 運命の恋、ひろいました

御覧の通り、「君の名は。」以外オリジナル企画皆無という惨憺たる有様。
どれもが著名な漫画・小説などの原作付きかシリーズ物という、保険に保険を掛けまくったリスクゼロ・意外性無視の全く面白みの無い企画ばかり。
しかも10本の内5本が純粋なアニメという現実(別にアニメが悪いというのではありません)は、日本邦画界における実写作品の企画貧困さを象徴しているとも言えるのではありませんか?
いやいや、「シン・ゴジラ」はシリーズ物だけど内容的には結構頑張っていたでしょ…と言うアナタ。総監督の出自を考えると、この作品も根本的に根がアニメである事に気付いている筈。
最早、ジブリ作品や山田洋次・三谷幸喜といった一部の映像作家以外に、オリジナル企画が大手映画会社を通らなくなってしまった様な気がするのですが…。
因みに以下は洋画のトップ10です。

【洋画】
1位 スター・ウォーズ フォースの覚醒
2位 ズートピア
3位 ファインディング・ドリー
4位 ペット
5位 オデッセイ
6位 007 スペクター
7位 アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅
8位 シビル・ウォー キャプテン・アメリカ
9位 インデペンデンス・デイ:リサージェンス
10位 ジャングル・ブック

…まあ、似たようなもんですな。
逆にこんなものに日本人の10倍以上の額を投資する訳ですから、その馬鹿さ加減にはちょっと恐れ入ってしまいます。
ハリウッドもそろそろ世界から飽きられて来たのでは?

それにしても、公開半年を過ぎても全く画質・音質の劣化を感じさせないデジタル・シネマのメリットを、今回は十分に堪能致しました。
従来のフィルム上映であれば、ここまでのロングランで酷使されたフイルムは傷だらけで、とても快適な鑑賞は望めなかったでしょう。
劇場用映画の撮影・上映にフィルムが使用されなくなって久しいですが、フィルムという媒体に愛着が残る反面、情報のデジタル化の凄まじさを伺い知る事が出来ました。

関連記事
スポンサーサイト

【2017/01/01 21:36】 | アニメ
【タグ】 君の名は。  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック