アナログ人間の独り言~阪神タイガース・映画・サブカルチャー・旅行等々
P1090807_convert_20160815233407.jpg

たまたま甲子園近くに用事があり、近くを通り掛かりました。

P1090803_convert_20160815233050.jpg

P1090804A_convert_20160815233245.jpg

定休日に挟まれた長い夏季休暇中で全くの無人。
去年まではこんな長期の休業日は無かったと思います。

P1090811_convert_20160815233604.jpg

驚いたのはショールームの中。
展示車が1台も無くなり、まさにもぬけの殻。山口の店舗の様な殺風景を通り超えて、廃業丸出しの廃墟状態。
最早ディーラーの体裁を成しておらず、これで平日どうやって営業活動をしているのでしょうか?
オリジナル・グッズが並んでいた棚も空っぽで、商談用のテーブル席が寂しく配置されているだけです。
先週で新車の販売が終了したとは言え、これではメンテナンスや納車で来店したお客さんも愕然とする事でしょう。
いよいよ来るところまで来たという感じですね。
PCIによるアフターサービス提供開始が10/1からという事ですから、西宮店の営業も9月いっぱいで終了という事でしょうか?

P1090813_convert_20160815233653.jpg

我が家がイクシオンを購入した時、この店舗はまだありませんでした。
近鉄モータース販売の撤退に伴いメンテナンスの引受先としてこの店舗を紹介され、最初の車検を受けたのが2002年。
以後、年二回のオイル交換、二年に一度の車検、そして様々な修理の度にお世話になりました。
当時は子供たちもまだ小さく、奥のキッズルームの玩具で喜んで遊んでいたものです。
受付の裏は個別の商談室になっているのですが、オープン当初はカウンターテーブルに自由に使えるDELLのパソコンが設置されており、よく嫁さんと二人で飲み物を飲みながら時間を潰したりしました。

残念ながらマツダOEMをやめてからのフォード車には我が家に合った車種が無く、ショールームの展示車で長時間遊んでいても何だか場違い感が半端なくありました。
一時はメンテナンスをマツダに変更しようかと悩んだ事もありましたが、担当の方やスタッフの方々の対応が良く、多少割高感があったメンテナンス費用も気になる事無く利用する事が出来ました。
マツダOEMという意味では近鉄モータースよりも我が家のイクシオンに詳しい様で、長い間に渡って様々なアドバイスを頂きました。
車検の度に貸して頂いた代車も魅力でした。Ka、フォーカス、フィエスタ…、どれも乗った瞬間に車としての魅力が伝わってくるものばかりで、走りは最高。乗っていて爽快この上ないスポーティな車でした(燃費は悪かったなあ…)。
これだけ長くオンボロ車にお付き合い頂いたのも、今年の夏に買い替え予定だった我が家のマイカー計画を見据えての事だったと思うのですが、のっけから躓いてしまい何だか気の毒な限りです。
しかし17年間、あの車で無事過ごせたのもこのお店のスタッフの方々のお陰でした。
本当に感謝しています。
一度くらいご挨拶するべきでしょうね(電話ではしましたが)。
…でもトゥーランでここに乗り付ける度胸は無いなあ。

フォルクスワーゲンは愛知県豊橋に巨大なVDC(Vehicle Distribution Center)を保有しており、そこは3000台以上の新車を一括管理出来る立体カーサイロになっているそうです。
それ以外にも輸入車インポーターとしては国内唯一の専用岸壁を持っており、パーツセンターも完備。また本社にはトレーニングセンターもあり、全国VWの中枢となっています。
豊橋にはVW以外にも外車インポーターの輸入設備が集中しており、メルセデス、アウディ、ボルボ、プジョー、シトロエン、フィアット、ポルシェ、ジャガーなどのDCが建ち並びます。三河港の輸入車扱い台数は国内随一、アウディやポルシェもVWのVDC内で管理されているのです。
そしてフォードのVDCとトレーニングセンターもボルボと共有ながらここ豊橋に存在します。これらはいずれボルボや他の企業に移管されるのかも知れません。
またパーツセンターは成田の物流会社内にあり、これはいずれPCIの管理となるのでしょうか?
いずれにしろ一旦構築した最新のサポート体制を解消する事は、ユーザーにとっては大きなマイナスとなるでしょう。
実に残念です。

P1090892_convert_20160816174944.jpg

こちらは東灘魚崎の43号線沿いにある旧近鉄モータース販売がかつて営業していた建物。
イクシオンを買ったのはフォード関西でも神戸フォードでもなく、ここに存在した外車ディーラーからでした。
1999年の6月下旬、梅雨空の中、幼い息子を連れて(嫁さんと娘はなぜか来なかった)雨の降る駐車場に三菱ギャランを乗り付けた事を覚えています。
プレマシーではなくイクシオンが見たかったので電話帳でフォード代理店を探して辿り着いたこの店舗、近鉄モータースとは独立したディーラーでしたがその時出迎えてくれた若い営業マンがそのまま担当さんとなりました。
イクシオン、置いてますか?」
「はい、ございます」
雨の駐車場にひっそりと置かれた展示車。早速乗り込んであれこれと触ってみます。
我が家のニーズを話すと、「まさにピッタリです」と太鼓判。
様々な車種との相見積の結果、発売僅か三ヶ月の新車にも拘らず本家マツダよりも好条件の値引きを実現してくれ、神戸フォードとの最終決着にも見事期待に応えてくれました。
オプションや備品のサービス、当時はまだ可能であった営業マン自らの代行による数々の手数料省略、あらゆる手を尽くしてくれ本当に頑張ってくれました。

もともとこの建物は別系列(多分オートラマ)のフォードディーラーが入居しており、震災後に三ノ宮方面の店舗から近鉄モータース販売が移転して来たと聞いています。
現在は白塗りにされている大きな看板には青いフォードエンブレムが掲げられ、ショールームには多種多様な高級外車が並び、商談席は中二階~二階と立体的な配置になっているお洒落な構造で、窓際のテーブルからショールームや駐車場の展示車を見下ろしながら商談をしたものでした。

2001年の近鉄モータース撤退後、現在の業者がプジョーのディーラーとして営業開始。巨大な看板はフォードエンブレムからブルーライオンへ書き換えられました。
その後、2007年頃にこの業者はプジョー販売から撤退。看板は白塗りとなり、現在ではシトロエンやミニの中古車・整備センターの様な拠点となっているみたいです(窓ガラスの大きなブルーライオンは、ディーラー時代の名残りかと思われます)。
現在では内部の様子は窺い知れず、17年前の様なお洒落な雰囲気はもう無いかも知れません。
因みにプジョーに関しては、2009年に山手幹線沿いにトヨタ系の正規ディーラーが誕生するまで、この辺は空白地帯となったようです。

SA3E0001_convert_20160815233736.jpg

今日はこの後、御影クラッセへ娘とお茶に行きました。
クラッセカフェ内の「カフェコムサ」。
飲み物とタルト系のケーキを2種注文。
少しお高いですが美味しかったです。
テイクアウトも可。

関連記事
スポンサーサイト

【2016/08/12 22:54】 | マイカー
【タグ】 フォード  イクシオン  VW  フォルクスワーゲン  トゥーラン  近鉄モータース  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック