アナログ人間の独り言~阪神タイガース・映画・サブカルチャー・旅行等々
全く歯が立ちませんでした。

P1090574_convert_20160716075713.jpg

P1090576_convert_20160716075759.jpg

DSC06151_convert_20160716075247.jpg

今日は珍しく嫁さんと娘の家族3人で甲子園ライトスタンドへ(仕事が忙しくて更新が随分遅れてしまいました)。
対戦相手は現在セリーグ・トップを独走中の広島カープ。
チケットは予約完売。レフトスタンドは真っ赤っか。

DSC06146A_convert_20160716075210.jpg

DSC06139A_convert_20160716075137.jpg

先発は能見×岡田。
能見の立ち上がりは安定しており、ランナーを出しても無難に切り抜けるピッチング。
対する岡田はコントロールが安定せず、苦しい立ち上がり。
2回裏、中谷・北條に連打されると、先発マスクの岡崎にノーアウトからあっさりとタイムリーを打たれて1失点。
阪神は幸先の良い先制点となりました。

DSC06179A_convert_20160716075549.jpg

ところがその裏、能見はランナーを二人溜め、何とか2アウトまで漕ぎ着けたものの5番新井貴に手痛い2ランを被弾します。
勢いの差とはこんなもの、今の広島にはこの逆転劇で十分でした。

広島は打つべき人が確実に打つ試合運びで、あらゆる方策が全て思い通りに進む雰囲気。
一方の阪神、安打数では決して負けていないものの、繋がりの悪い打席が続き、結局得点したのは岡崎の1点のみ。
能見に代わった榎田は1回で2HRを打たれる惨状で、終わってみれば7対1の大敗。
阪神、対広島戦の連敗が止まりません。

しかし今年の阪神ファンは大人ですね。
超満員の大群衆でこの為体を見せ付けられてもほとんど荒れる事無く、試合後も粛々と退場しておりました。
明日も私は内野で観戦予定。
結果は予想出来ますけどね。

関連記事
スポンサーサイト

【2016/07/09 23:26】 | 野球
【タグ】 阪神  タイガース  甲子園  ライトスタンド  チケット  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック