アナログ人間の独り言~阪神タイガース・映画・サブカルチャー・旅行等々
本日、マツダがミニバン生産から撤退するとの報道がありました。
販売数が激減し、今後は世界的に人気のSUVへ生産をシフトして行くとの事。
新車購入に本腰を入れ始めた年明けから、フォードマツダと矢継ぎ早にショッキングなニュースが連発します。
この先も波乱の予感…。

ショッキングと言っても薄々は感じていましたし、遂に来たかというのが実感です。
マツダからの正式発表は未だですが、多分間違いないでしょう。
現在マツダが展開しているミニバンは「MPV」、「プレマシー」、「ビアンテ」の3車種。この内「MPV」の生産は既に事実上の終了となっているらしく、ホームページにはディーラー在庫のみの販売との告知がされていました。
プレマシー」については、海外向けバージョン「Mazda5」が去年生産終了となっており、既にその兆候があった事になります。

我家の「イクシオン」は、初代「プレマシー」の発売と殆ど同時にマツダフォード・ジャパンへOEM供給を始めたコンパクト・ミニバンで、中身はまんまの「プレマシー」。フロントグリルのデザインが当時のフォード車調になっているのと、エアコンが寒冷地仕様に強化された程度のアレンジでした。
本家ほど販売台数も多くないので、乗っていても街で見かけない珍しい顔として、ありふれた感から逃れるという自己満足に浸る事が出来ました。
それに当時としては先駆的な5ナンバー7シーター。
後にホンダ・ストリームやトヨタ・WISHが追撃する事になる、小回りの効くコンパクト・ミニバンのパイオニアでした。

当然、次の購入候補車では筆頭に上がっていました。
大きくなって3ナンバーサイズになったとは言え、最近のデカイ車に比べるとまだまだ馴染みのある手頃感。
話をしたディーラーさんも期待してくれていた事でしょう。
まだ生産はしているので買えますが、終了が決まっている不人気車種を買う人は余程その車に思い入れのある人でしょうね。
残念ながら我家では候補の順位が思いっ切り下がってしまいました。
これで同サイズの国産ミニバン候補は必然的に「WISH」「アイシス」、ワンランク下の「シエンタ」「フリード」となります。

それにしてもマツダはファミリー・ユーザーを切り捨てて一体何処へ行こうとしているのでしょうか?
それ程SUVが売れるものなのでしょうか?
出来れば今週末にでもディーラーさんへ行ってみたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト

【2016/02/29 00:17】 | マイカー
【タグ】 トヨタ  日産  マツダ  ホンダ  フォード  フォルクスワーゲン  プレマシー  イクシオン  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック