アナログ人間の独り言~阪神タイガース・映画・サブカルチャー・旅行等々
本日、対広島戦観戦の為、甲子園ライトスタンドへ。
ある意味、滅多に無い試合を見せて頂きました。

P1060821_convert_20140914140126.jpg

P1060822_convert_20140914140235.jpg

DSC02717_convert_20140914135716.jpg

DSC02697_convert_20140914135324.jpg

DSC02711_convert_20140914135548.jpg

秋晴れの甲子園球場。
暑くもなく、寒くもなく、実に快適な野球日和です。
昨日の連敗を止める圧勝から一夜明け、さて阪神連勝なるか…。

DSC02722_convert.jpg

本日の読売テレビ実況解説は岡田・金本・赤星の豪華ラインナップ。
ABCラジオは下柳剛。

P1060825_convert_20140914140313.jpg

レフトスタンドを真っ赤に染めた広島ファン。
3塁アルプスも真っ赤になっており、去年の後半くらいから彼らのボルテージが高まっているのを感じます。
スクワット応援も凄い迫力です。

DSC02704_convert_20140914135512.jpg

先発は岩貞×大瀬良のルーキー・ドラ1対決。
ところが岩貞、立ち上がりでコントロールが全く定まらず、1回表から四球とタイムリーで4失点。
何とこのイニングだけで交代となってしまいます。

DSC02715_convert_20140914135636.jpg

一方の広島・大瀬良も立ち上がりが不安定で、四球とタイムリーで2失点。
何やら荒れた展開を予想させます。

阪神は2回から歳内が登板。
この歳内が素晴らしい投球を見せ、次々と広島打線から三振を奪って行きます。

DSC02718_convert_20140914135815.jpg

2回裏には歳内が見事犠打を決め、上本の犠牲フライによる追加点をアシスト。
阪神、1点差まで追い上げます。

この後、歳内の好投と大瀬良の立ち直りで試合は膠着状態になり、予想に反して投手戦の様相を見せ始めます。
試合が動いたのは4回裏、ノーアウトから福留の二塁打で阪神のチャンス。
ところが続く伊藤隼、鶴岡が打ち取られ、ピッチャー歳内の打席で代打西岡のコール。
まだ中盤で好投を続ける歳内を代えるとは和田監督勝負を焦ったのか…。
代打西岡、敢え無くショートフライでチェンジ。

DSC02725_convert_20140914135934.jpg

5回からは金田が登板。
ホームラン、四球、タイムリーでたちまち3失点の惨状。
しかもこれはまだ序の口でした。
6回には堂林の二打席連続HRで2失点。
7回と8回は代わった筒井が8失点。
阪神は8回、ゴメスのツーランで2点を返すのが精一杯。

DSC02728_convert_20140914140011.jpg

ゴメスのHR前のスコア。
結果的には5対17で終了。
6回場内アナウンスで「阪神まだまだこれからです!」と気勢を上げていましたが、確かにこんなものでは終わりませんでしたな。

DSC02731_convert_20140914140044.jpg

9回表、あまりの惨状に広島の応援を始めたライトスタンドの阪神ファン。
ビジターエリアの応援に併せて、一斉にスクワット応援を始めました。
おまけに応援された堂林はヒットを放ち、阪神ファンからはヤンヤの大喝采。
まあ、これはこれで面白かったです。
みんなスクワット応援が羨ましかったのですね。

中日・巨人との連敗で逆転優勝の望みはおろか、ここ一番の勝負弱さを改めて露呈し、最早CSに出ようが出まいがペナント争いとの無縁がはっきりした阪神。
選手のメンタルの弱さ、指揮官の采配外れ、全てが悪循環に陥っているようです。
何となく昔の悪い体質が垣間見え始めている阪神、一部のスポーツ紙には来期の新監督候補まで載っている始末。
でも今の阪神には怖い指導者が必要だと思います。
凡退・エラーでもしようものなら怖くてベンチに帰れないくらいの、恐ろしい指揮官が…。
でなければ、大一番の勝負時にあの巨人に立ち向かえる精神力など培える訳がないのでは?

次回観戦予定は、来週末の中日戦。
最後まで付き合いますよ。
来週も期待してます、和田監督。


関連記事
スポンサーサイト

【2014/09/13 20:18】 | 野球
【タグ】 阪神  タイガース  甲子園  ライトスタンド  チケット  
トラックバック(0) |

はじめまして。広島地区での放送状況について。
カープファンのF11
はじめまして。
AOIA関連の記事について興味深く拝見しました。
震災での廃業・解体後に初めて訪れた時、荒涼とした空き地の広がりに何ともいえない感情を持ちました。

この試合ですが、広島県でも読売テレビと同系列の広島テレビ(HTV)が中継していました(制作協力として読売テレビがクレジット)。但し、解説者は広島OBの池谷公二郎氏、実況はHTVの長野正実アナウンサーに差し替えていました。また字幕テロップも読売テレビ・日本テレビと同デザインながら、左上に視聴者から募集の先発選手サイン入りユニフォーム抽選プレゼントつき「鯉党応援スタジアム」応援メッセージを表示するためか、独自に差し替えていました。オフチューブではなく乗り込んでいましたが、放送席はいつもサンテレビが使用している場所を利用していたようです。

翌日もABCの中継に便乗して系列局の広島ホームテレビ(HOME)が「カープ応援中継“勝ちグセ。”」と銘打って、解説者は広島OBの北別府学・前田智徳の両氏、実況はHOMEの榮真樹アナウンサーに差し替えて放送し、視聴者からの応援ツイートもいつもの広島ローカル同様実施しましたが、同じくサンテレビのブースだった様ですね。広島県在住のカープファンとはいえ、甲子園で「勝ちグセ」「HOME」のロゴが入った放送席があるのが何とも奇妙でした。


こたつ猫
AKIさんへ

甲子園観戦お疲れさんです。
またまた負けちゃいましたね。トホホ

広島ファンの勢いは今年も健在ですね。

スクワット応援は僕もやってみたかったですね。
昔、横浜の種田選手の応援での、ガニマタダンスは阪神ファンも一緒にやってましたね。

Re: はじめまして。広島地区での放送状況について。
aki
こんばんは、カープファンのF11さん。
コメント有難うございます。

神戸には今、AOIAの様なアミューズメント施設が少なくて、少し寂しいです。
近くのUSJは最近盛況の様ですが。

日本テレビ系列の野球中継は、巨人戦に限らずローカル球場でよく放送されているみたいですね。
フレームは日テレ・G+系のフォーマットなのに、ケーブルテレビではJスポーツでの放送なんてのも今年は見ました。

10年前の阪神バブル以来、在阪民法各社がこぞって甲子園阪神戦の放送権を争奪する様になり、サンテレビの放送枠はめっきり減ってしまいました。
その影響からかここ最近、サンテレビはビジターゲームの中継に熱心で、名古屋・神宮・浜スタへの出張中継が増えて来ています。
地元局の画像を借用している場合も多いようですが、独自の画像の場合もあるようで、これは単なるカメラの切り替え処理で対応しているのかも知れません。

甲子園ではテレビ放送専用の実況席が、実はありません。
バックネット裏のグリーンシート下段の一般席に毎回放送席をしつらえています。
複数局での実況の場合は、上下に段を変えて放送席を設置します。
スカイAやGAORA等CS放送専用のタイガースAiは、グリーンシートほぼ最上段に放送席を作っている様です。
テレビカメラも銀傘下やカメラマン席の様な特殊な物以外は、内野・外野共に毎回一般席を潰して設置しており、席の上に足場を組んで巨大なカメラを設置しています(外野は昔クレーンで外からカメラを吊り上げていました)。
外野などは放送局によって、毎回カメラの設置場所が変わります。

阪神ファンの方以外のコメントは珍しいので、本当に嬉しいです。
今日も広島は巨人相手に勝ちましたね。
ゲーム差はまだ厳しいですが、頑張って巨人を追い抜いて下さい。
今年は阪神がCSに出れるとしても、マツダか東京ドームになりそうなので、私はテレビ観戦と決め込んでいます。
スクワット応援、楽しかったですよ。


Re: タイトルなし
aki
こんばんは、こたつ猫様。
コメント有難うございます。

ここまで試合が壊れると逆に悔しさも無く、荒れる阪神ファンも皆無でした。
それでも結構な人数が試合終了まで残っているのは、流石に甲子園です。

種ダンス、懐かしいですね。
メガホンタワーを思い出します。

また遊びに来て下さい。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
はじめまして。広島地区での放送状況について。
はじめまして。
AOIA関連の記事について興味深く拝見しました。
震災での廃業・解体後に初めて訪れた時、荒涼とした空き地の広がりに何ともいえない感情を持ちました。

この試合ですが、広島県でも読売テレビと同系列の広島テレビ(HTV)が中継していました(制作協力として読売テレビがクレジット)。但し、解説者は広島OBの池谷公二郎氏、実況はHTVの長野正実アナウンサーに差し替えていました。また字幕テロップも読売テレビ・日本テレビと同デザインながら、左上に視聴者から募集の先発選手サイン入りユニフォーム抽選プレゼントつき「鯉党応援スタジアム」応援メッセージを表示するためか、独自に差し替えていました。オフチューブではなく乗り込んでいましたが、放送席はいつもサンテレビが使用している場所を利用していたようです。

翌日もABCの中継に便乗して系列局の広島ホームテレビ(HOME)が「カープ応援中継“勝ちグセ。”」と銘打って、解説者は広島OBの北別府学・前田智徳の両氏、実況はHOMEの榮真樹アナウンサーに差し替えて放送し、視聴者からの応援ツイートもいつもの広島ローカル同様実施しましたが、同じくサンテレビのブースだった様ですね。広島県在住のカープファンとはいえ、甲子園で「勝ちグセ」「HOME」のロゴが入った放送席があるのが何とも奇妙でした。
2014/09/15(Mon) 13:01 | URL  | カープファンのF11 #oKzxZbq2[ 編集]
AKIさんへ

甲子園観戦お疲れさんです。
またまた負けちゃいましたね。トホホ

広島ファンの勢いは今年も健在ですね。

スクワット応援は僕もやってみたかったですね。
昔、横浜の種田選手の応援での、ガニマタダンスは阪神ファンも一緒にやってましたね。
2014/09/15(Mon) 21:14 | URL  | こたつ猫 #-[ 編集]
Re: はじめまして。広島地区での放送状況について。
こんばんは、カープファンのF11さん。
コメント有難うございます。

神戸には今、AOIAの様なアミューズメント施設が少なくて、少し寂しいです。
近くのUSJは最近盛況の様ですが。

日本テレビ系列の野球中継は、巨人戦に限らずローカル球場でよく放送されているみたいですね。
フレームは日テレ・G+系のフォーマットなのに、ケーブルテレビではJスポーツでの放送なんてのも今年は見ました。

10年前の阪神バブル以来、在阪民法各社がこぞって甲子園阪神戦の放送権を争奪する様になり、サンテレビの放送枠はめっきり減ってしまいました。
その影響からかここ最近、サンテレビはビジターゲームの中継に熱心で、名古屋・神宮・浜スタへの出張中継が増えて来ています。
地元局の画像を借用している場合も多いようですが、独自の画像の場合もあるようで、これは単なるカメラの切り替え処理で対応しているのかも知れません。

甲子園ではテレビ放送専用の実況席が、実はありません。
バックネット裏のグリーンシート下段の一般席に毎回放送席をしつらえています。
複数局での実況の場合は、上下に段を変えて放送席を設置します。
スカイAやGAORA等CS放送専用のタイガースAiは、グリーンシートほぼ最上段に放送席を作っている様です。
テレビカメラも銀傘下やカメラマン席の様な特殊な物以外は、内野・外野共に毎回一般席を潰して設置しており、席の上に足場を組んで巨大なカメラを設置しています(外野は昔クレーンで外からカメラを吊り上げていました)。
外野などは放送局によって、毎回カメラの設置場所が変わります。

阪神ファンの方以外のコメントは珍しいので、本当に嬉しいです。
今日も広島は巨人相手に勝ちましたね。
ゲーム差はまだ厳しいですが、頑張って巨人を追い抜いて下さい。
今年は阪神がCSに出れるとしても、マツダか東京ドームになりそうなので、私はテレビ観戦と決め込んでいます。
スクワット応援、楽しかったですよ。
2014/09/15(Mon) 22:17 | URL  | aki #TMInTtVg[ 編集]
Re: タイトルなし
こんばんは、こたつ猫様。
コメント有難うございます。

ここまで試合が壊れると逆に悔しさも無く、荒れる阪神ファンも皆無でした。
それでも結構な人数が試合終了まで残っているのは、流石に甲子園です。

種ダンス、懐かしいですね。
メガホンタワーを思い出します。

また遊びに来て下さい。
2014/09/15(Mon) 22:22 | URL  | aki #TMInTtVg[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック