アナログ人間の独り言~阪神タイガース・映画・サブカルチャー・旅行等々
イギリス人映画俳優・監督のリチャード・アッテンボロー氏の死去が、英BBCから発表されました。

私が初めてアッテンボロー氏を意識して鑑賞した映画は、「大脱走」だったと思います。
あの独特の目付きをした性格俳優的なキャラクターは、オールスター映画の中ではかなり異質な物で、やはりちょっと変わった雰囲気を持つドナルド・プレザンス氏と共に存在感を際立たせていました。

「飛べ!フェニックス」「砲艦サンパブロ」等の代表作が以降続きますが、60年代の出演作品で私が一番好きなのは「ドリトル先生不思議な旅」。
ヒュー・ロフティング原作の童話をディズニーとの争奪戦の末に、「猿の惑星」で大ヒットを飛ばしたアーサー・P・ジェイコブス が映画化権を獲得。
同じ20世紀フォックス超大作としてリチャード・フライシャー監督、レックス・ハリソン主演で製作されました。
「メリー・ポピンズ」「チキチキバンバン」といった当時の流行でもあったミュージカルファンタジー形式を踏襲し、アカデミーでは歌曲賞と視覚効果賞を受賞。
しかしながら興行的には惨敗したという作品です。
アッテンボロー氏は作中サーカス団のブロッサム団長というキャラクターで登場。
あの腹に一物ありといった目付きで怪演し、作中最も派手なミュージカルシーン「おどろきもものき」で見事な歌と踊りを披露しています。
因みにNHKで放送された際にはこの歌曲部分もディズニーばりに吹替えされ、これはレックス・ハリソン=宝田明、リチャード・アッテンボロー=友竹正則のキャスティングで、カット版ながらも素晴らしい出来栄えでした(このキャスティングはどうやら放送当時上演されていた東宝版「マイ・フェア・レディ」の影響だったようです)。

最近の出演作で最も有名なのは「ジュラシック・パーク」でしょう。
作品のヒットに加え、本人の人柄から出る人の良さそうな老人役はまさにはまり役で、実業家としては押しが弱いものの恐竜復活を企てるテーマパークの経営者を見事に演じていました。

監督第一作は72年の「素晴らしき戦争」。
前衛的なミュージカル手法で舞台劇を映画化、第一次世界大戦の勃発とその戦火の拡大を描く反戦映画であり、既にこの頃から社会派監督としての手腕が窺えます。
私が劇場で初めて観たアッテンボロー作品は、やはり戦争映画の「遠すぎた橋」。
ロバート・レッドフォード、ジーン・ハックマン、ローレンス・オリヴィエ、エリオット・グールド、マイケル・ケイン、ショーン・コネリー、アンソニー・ホプキンスといった錚々たるメンバーのオールスターキャスト映画で、作品内容も「史上最大の作戦」を彷彿とさせる超大作でした。
逆に言うと、当時でさえ既に時代錯誤的な感じがした戦争超大作で、内容も一定の反戦要素はあるもののかなり娯楽色の強い作品でもあります。

アカデミー8部門を受賞した82年の「ガンジー」以降は、「コーラスライン」「遠い夜明け」等話題作を連発。93年には一代貴族・男爵(ロード)の称号を受けています。
一方で2004年のスマトラ島大津波の際に長女と孫娘を失い、監督としては遺作となった「あの日の指輪を待つきみへ」はその犠牲になった家族への想いで作られた作品だという事です。

数年前に階段で転倒して以来体調を崩し、介護施設で療養生活を送っていたそうです。
正式発表は現地時間の25日に行われる予定。
ご冥福をお祈りします。


関連記事
スポンサーサイト

【2014/08/25 23:30】 | 映画
【タグ】 リチャード・アッテンボロー  ドナルド・プレザンス  大脱走  ドリトル先生不思議な旅  ジュラシック・パーク  素晴らしき戦争    遠すぎた橋  
トラックバック(0) |


はじめまして。六甲アイランドに仕事で来てまして、確か20年?ぐらい前に室内遊園地が この辺にあったよなぁと思いググったらここの過去記事にたどり着き、とても懐かしい写真を見させていただきました。当日彼女と行った事思い出しました!
ありがとうございました!

Re: タイトルなし
aki
こんばんは、桃さん。
コメント有難うございます。

六甲アイランドも最近はマンションも増え、多少は人が増えて来たのでしょうか?
数年前に作られたバラ園も好評だそうで、近日中にまた行ってみたいと思います。
また遊びに来て下さい。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
はじめまして。六甲アイランドに仕事で来てまして、確か20年?ぐらい前に室内遊園地が この辺にあったよなぁと思いググったらここの過去記事にたどり着き、とても懐かしい写真を見させていただきました。当日彼女と行った事思い出しました!
ありがとうございました!
2014/08/27(Wed) 12:07 | URL  | 桃 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
こんばんは、桃さん。
コメント有難うございます。

六甲アイランドも最近はマンションも増え、多少は人が増えて来たのでしょうか?
数年前に作られたバラ園も好評だそうで、近日中にまた行ってみたいと思います。
また遊びに来て下さい。
2014/08/27(Wed) 21:59 | URL  | aki #TMInTtVg[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック