アナログ人間の独り言~阪神タイガース・映画・サブカルチャー・旅行等々
連日のテレビ観戦、寝不足が限界の方も多いかと思います。
この週末、メダルが期待される男子フィギュアとラージジャンプが行われた為、明け方までテレビをご覧になられていた方も多かった事でしょう(私もその一人です)。

大体私は、プロ野球以外に競技スポーツにそれ程興味がある訳でもありませんし(野球にしてもそれ程詳しい訳ではありません)、ウィンタースポーツも趣味でスキーをやる程度です。
それでも毎回、夏冬のオリンピックが始まると俄かファンになってしまいます。
今回の開催地ソチとの時差は5時間。
夕方~明方の放送で実況がカバー出来るというのは、意外と働いている人間にとって観戦しやすい様に思えるのですが、それは睡眠時間0を前提としての事。
流石に平日は肝心の決勝戦を前に寝てしまいます。

日本、なかなかメダルが取れないソチ・オリンピックでしたが、若い人達の活躍で非常に盛り上がって来たようです。
特に一昨日の羽生結弦選手の金メダルと昨日の葛西紀明選手の銀メダル、歴史的な瞬間を観戦させて頂き本当に感動しました。
特に葛西選手。
苦労人にして41歳で初めて到達した境地もさることながら、インタビューで見せた「これから」に掛ける意気込みは実に見事でした。

大会日程を半分以上終え、今のところ心配されていたテロ等の大きな事件も起きていません。
4年後は韓国・平昌で開催される予定の冬季オリンピックですが、夏のリオ・オリンピックと共に準備の遅れが心配されているとか。
まあ、毎回どの国でもオリンピックは準備の遅れが指摘されているのでそれ程深刻な問題ではないと思うのですが、時差の無い国の観戦はきっと楽でしょうね(リオデジャネイロとの時差はサマータイム適応期間中11時間!!)。

関連記事
スポンサーサイト

【2014/02/16 20:30】 | オリンピック
【タグ】 羽生結弦  葛西紀明  オリンピック  冬季オリンピック  ソチ  ソチ・オリンピック  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック