アナログ人間の独り言~阪神タイガース・映画・サブカルチャー・旅行等々
阪神対日本ハム戦観戦の為、甲子園球場ライトスタンドへ。

DSCN8036_convert_20130526130609.jpg

DSCN8042_convert_20130526130740.jpg

DSC01596_convert_20130526130902.jpg

今シーズン初めてのナイター観戦。
相手は昨年パリーグ覇者の日本ハムファイターズ。
流石に交流戦の週末カードは予約でチケット完売です。

DSC01591_convert_20130526131015.jpg

試合前、打撃練習中の日ハム・大谷。
多分、出番は明日。藤浪対大谷が見れるか?

DSC01604_convert_20130526131142.jpg

先発は能見×谷元。
谷元は低目を丁寧に突くピッチングで、初回のピンチ以外は完全に阪神打線を抑え込みます。

DSC01600_convert_20130526132956.jpg

一方の能見も安定した投球内容で、3回までは三者凡退のパーフェクトピッチ。
5回に先頭打者の2塁打を許し、犠打の後のスクイズで1点を失うものの7回までを投げ切り、見方打線の反撃を辛抱強く待ちます。

両チーム共、チャンスに決定打が出ず、実に緊張した投手戦が展開されます。
特に両軍共に満塁まで行った6回表裏の攻守は、実に見応えのあるプレイでした。
中田の際どいサードゴロを仕留めた新井良のファインプレイも素晴らしく、谷元の後を引き継ぎ満塁のピンチを凌いだ宮西の好リリーフも本当に見事でした。

DSC01613_convert_20130526132307.jpg

代打で登場し、その後守備に着いた日ハム・稲葉。
ビジターエリアでは恒例の「稲葉ジャンプ」が繰り広げられましたが、甲子園のレフトであれをやると危険じゃないのかな?

阪神は福原→筒井と鉄壁のリリーフで繋ぎ、1点ビハインドのまま9回裏を迎えます。
この1点が今日は非常に重く、正直この時点で負けを覚悟していたのですが、今の阪神にはちょっと説明の出来ないような「勢い」がありました。
さて、ここから実況しますよ!

DSC01638_convert_20130526132632.jpg

最終回には勿論、日ハムのリリーフエース・武田久が登場。
栗山監督、磐石の逃げ切り態勢で臨みます。
ところが先頭打者、途中出場の浅井がデッドボールで出塁してから一気に風向きが変わります。
このデッドボール、バットのグリップエンドに当たった様にも見え、事実浅井本人はファールだろうとケロッとした顔で立っていました。
しかしながら主審の判定は「死球」。
これが揉めます。

DSC01623_convert_20130526133118.jpg

当然、日ハム栗山監督は猛抗議。
…とは言うもののそれ程感情的な様子も無く、時間も長時間で無かったのですが、抗議後に主審の場内アナウンスがあり、「暴言の為、栗山監督退場」と放送されました。
一体何を言ったのでしょう?気になります。

抗議中、阪神ファンからは「帰れ」コールが怒号のように飛び交い、私の席の近くに居た兄ちゃんは浅井の代走・田上に向かって「田上!走る練習しとけぇっ!」と怒鳴っていました。
阪神ファンにしてみれば、まさに天佑。願ってもない僥倖。何たる棚ボタ。
九死に一生、地獄に仏とはこの事でしょう。
ライトスタンドのボルテージは凄まじく盛り上がります。

一方の日本ハムにしてみたら、これは堪ったものではありません。
1点差でノーアウト、ランナー1塁。おまけに監督退場。
続く藤井に犠打を決められ、迎えたピンチヒッターが「神様」桧山。

DSC01629_convert_20130526133247.jpg

しかしまあ、これも野球。申し訳ありませんが日ハムには耐えて頂くしかありません。
阪神も似たようなケースで泣いた事は数知れず、文句は審判団に言ってくれ…。

DSC01639_convert_20130526133357.jpg

この桧山が打ちました!
進塁打ではなくライト前ヒットで1アウト、走者1・3塁。
バッター西岡を迎える事になり、バッテリー間の動揺は最高潮に達します。

DSC01640_convert_20130526133538.jpg

何と武田久のワイルドピッチ(ノーバウンドの捕球ミスですが)で、3塁走者田上が生還。
阪神、土壇場で同点に追い付きます。

DSC01641_convert_20130526133702.jpg

ライトスタンドは御覧の通り。
大の大人が集団狂喜、団子状態で訳が判りません。
小さなお子様はご注意下さい。

DSC01642_convert_20130526133941.jpg

結局、西岡はそのまま敬遠。
桧山の代走に清水が送られ、打席には今日4タコの大和。
その大和が執念の内野安打を放ち、1アウト満塁で3番鳥谷登場。

DSC01643_convert_20130526134057.jpg

犠牲フライでもOKのこの場面、場内の阪神ファンはサヨナラを確信しますが、残念ながら鳥谷は浅いレフトフライに終わり、3塁の清水はタッチアップ出来ません。
こりゃあ延長戦か…と、大和同様今日無安打のマートンを打席に迎えましたが…。

DSC01644_convert_20130526134209.jpg

マートン、右中間を抜けるタイムリーヒット!
劇的な幕切れ。
野球はドラマです。

DSC01646_convert_20130526134319.jpg

その瞬間、ライトスタンド・阪神ファンの狂喜乱舞。
おっさんも兄ちゃんも、おばちゃんもお姉さんも、み~んな一緒です。

DSC01647_convert_20130526134453.jpg

グランド上でチームメイトから手荒い祝福を受けるマートン。
怪我しないで下さい。

DSC01649_convert_20130526134552.jpg

DSC01650_convert_20130526134658.jpg

ベンチへ引き上げる選手達。
この時、4試合ヒットが無かった大和が泣いていたそうですね。
野手でこの試合一人だけ出場しなかったコンラッドが、何故かえらく目立ってました。

DSC01651_convert_20130526134858.jpg

ヒーローインタビューは勿論、マット・マートン。
でも、桧山と大和も入れて欲しかった。
あと、演技賞で浅井も。

DSCN8054_convert_20130526135020.jpg

ポッカリ空いたビジターエリア。
日ハムファンの無念さを現しているようです。
この試合、彼らにとっては納得出来ないでしょうね。

DSCN8055_convert_20130526135213.jpg

ライトスタンドの祝勝会。
どうやら今年は10時までに終わる様、指導されているようです。
意外と長引いたこの試合、祝勝会は早目に切り上げられました。

いや~、疲れましたが何とか勝てました。
残念ながら東京ドームでは巨人がオリックスに、同じくサヨナラ勝ちを決めた為、セリーグ順位でのゲーム差は縮まらずです。
明日の先発はサンデー晋太郎・ミスター甲子園こと、藤浪。
今年の阪神、結構面白いですよ。

関連記事
スポンサーサイト

【2013/05/25 23:07】 | 野球
【タグ】 タイガース  阪神  甲子園  ライトスタンド  チケット  
トラックバック(0) |

同時観戦
こたつ猫
akiさんへ

僕はネット裏の最上段で観戦していました。
あきらめかけていた勝利が転がりこんで、ラッキーでしてね。
疑惑の死球もありましたが、
マートンのサヨナラ打は見事な当たりでした。
僕のブログは明日にはアップしたいと考えています。


Re: 同時観戦
aki
こんばんは、こたつ猫様。
コメント、ありがとうございます。

流石に疲れて昨夜はブログを途中まで作って寝てしまい、アップは今日になりました。
本日も見事な勝利、藤浪対大谷の対決も楽しかったですね。
売れ行きが例年より鈍化していた甲子園のチケットも、どうやら土日を中心に完売が出始めたようです。
打線が好調だと観ていて面白いですし、阪神にはこの調子で秋まで突き進んでもらいたいものです。

また遊びに来て下さい。
お待ちしております。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
同時観戦
akiさんへ

僕はネット裏の最上段で観戦していました。
あきらめかけていた勝利が転がりこんで、ラッキーでしてね。
疑惑の死球もありましたが、
マートンのサヨナラ打は見事な当たりでした。
僕のブログは明日にはアップしたいと考えています。
2013/05/26(Sun) 22:03 | URL  | こたつ猫 #-[ 編集]
Re: 同時観戦
こんばんは、こたつ猫様。
コメント、ありがとうございます。

流石に疲れて昨夜はブログを途中まで作って寝てしまい、アップは今日になりました。
本日も見事な勝利、藤浪対大谷の対決も楽しかったですね。
売れ行きが例年より鈍化していた甲子園のチケットも、どうやら土日を中心に完売が出始めたようです。
打線が好調だと観ていて面白いですし、阪神にはこの調子で秋まで突き進んでもらいたいものです。

また遊びに来て下さい。
お待ちしております。
2013/05/26(Sun) 22:45 | URL  | aki #TMInTtVg[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック