アナログ人間の独り言~阪神タイガース・映画・サブカルチャー・旅行等々
4/18にグランドオープンした「ハーバーランドumie」へ、嫁さんと行って来ました。

DSCN7716_convert_20130504004925.jpg

DSCN7760_convert_20130504005050.jpg

オープンから2週間経つので多少落ち着いて来たかと思いましたが、GW中ということもあり物凄い混雑。
ハーバーランド自体がこれ程までに賑わうのは、20年前の街開き以来ではないでしょうか?
既にJR神戸駅前から歩行者に対する交通整理(誘導)がされており、地下街の「デュオこうべ」も相当な人出でした。

DSCN7713_convert_20130504005200.jpg

その「デュオこうべ」に関西初のゆるキャラショップ「ゆるキャランド」がオープン。
日替わりで人気ゆるキャラが1日店長を務めるそうなのですが、今日は「しまねっこ」が来て地下街を徘徊、愛想を振っていました。

DSCN7715_convert_20130504005342.jpg

その「デュオこうべ」の床にはめ込まれたアンパンマンキャラクター達のプレート。
ハーバーランド全域にアンパンマンのデザイン物が溢れており、「アンパンマン・ミュージアム」が今回の再開発の目玉である事がはっきりと判ります。
因みにプレートに射している影は「しまねっこ」の影です。

神戸ハーバーランドセンタービルのファミリオは未だ再開せず。
街全体が活気付いている今、営業を再開しない手は無いと思うのですが…。

DSCN7717_convert_20130504005541.jpg

再稼動を果たしたモニュメント「Din Don」。
20年前と変わらぬ音と動きで、小さな子供達が相変わらず群がっておりました。

DSCN7720_convert_20130504005751.jpg

DSCN7722_convert_20130504005902.jpg

久し振りに入る旧神戸阪急の入居していた「umie SOUTHMALL」。
テナント総入れ替えの上、相当大掛かりな改装を行っていましたが、阪急時代の建物の雰囲気は残っており、イオンモールとはまた違った高級感が何となく感じられます。
イオンモール常連のテナントも多数見られますが、ハーバーランド独自のファッション性を演出した店舗も多く出店していました。イオン版ロフトのコンセプトを目指す「R.O.U」が入居しただけで、阪急時代より対象年齢は大幅に引き下げられたのではないでしょうか?
ただ、この雑踏感はあのイオンモールの様なショッピングセンター独自の物。家族連れを中心とした大群衆を見るにつけ、落ち着いた神戸阪急の店内を懐かしく思ってしまいます。

DSCN7734_convert_20130504010052.jpg

「NORTHMALL」と「SOUTHMALL」の間には連絡通路がいくつか増設されており、「umie」の一体感を持たせています。
イオンモールでありながら、「NORTHMALL」の核テナントには「イズミヤ」が残り、「コジマ・ソフマップ」の共同店舗が入居、4階には夏に「トイザラス」がオープンします。
かつて「ダイエー」「星電社」が入居していた「NORTHMALL」の雰囲気をそのまま受け継ぐ訳ですが、建物の様子も「SOUTHMALL」と本来全く違う訳ですからこれは当然かも知れません。
しかし驚いたのは、かつてこの地で営業していながらその不振ゆえに去っていった「トイザラス」「コムサ」らのテナント達が戻って来た事です。これは今のイオンモールの開発力の大きさを物語ると同時に、ハーバーランドの将来に対する期待が高まっている事でもあるのでしょう。
ただ、ハーバーランドがまず観光地であるのも変わらぬ事実であり、今後来客数の増加と売上の増加が同じ様に推移するかどうかは全く未知数です。
実際、建物の構造が北・南館共に細長く、特に「NORTHMALL」の巨大テナントは通り抜け状態の店も多く、混雑に対して売れているのかどうかは良く判りませんでした。

DSCN7733_convert_20130504010147.jpg

飲食店はどこも長蛇の列。
土日でも閑古鳥が鳴いていた店が多かった近年のハーバーランドにとって、これは隔世の感があります。
ここまで歯を食いしばって頑張って来たテナントさん達にとって、これは本当に良かった事だと思います。
これからもこの賑わいを維持すべく、常に変化に富んだ街であって欲しいものです。

DSCN7725_convert_20130504010343.jpg

「SOUTHMALL」の5~6階に新しくオープンしたシネコン「OSシネマズ」。
9つのスクリーン数を持つ東宝系のシネコンで、「シネモザイク」の閉館に伴いこちらへ移設されて来た形になります。
イオンなので神戸初のワーナーマイカル出店も期待したのですが、流石に阪急も最後の土壇場で影響力を残したようです。
チケットは自動販売機による全席指定(小規模ながら有人カウンターもあります)。
総座席数は1400席との事なので、シネコンとしてはそれ程規模の大きな映画館ではありませんが、最新の設備とかなり余裕のある座席設計がされているとの事です。
映画館部分は旧神戸阪急2フロアをぶち抜かれて作ったようですが、占有面積はフロアの半分程度でしょうか?
エントランス部分は広大な待機スペースとなっており、まだ入居していませんが何箇所かテナント向けに用意されたスペースもありました。
元々百貨店だった建物を改造しているので何となく不自然感もありますが、「シネモザイク」では少し手狭だったこの地区の映画館環境は大きく改善されたかも知れません(まあ三宮へ行けば、同じOSを始め幾つもの映画館がありますが)。
それにしても、ここでも物凄い混雑。
本当にこれだけの人が映画を観に来たのでしょうか?
最近のシネコン低迷が嘘のようです。

DSCN7730_convert_20130504010514.jpg

DSCN7732_convert_20130504010634.jpg

umie MOSAIC」の方を臨む。
遠方からでも凄い人で賑わっているのが判ります。
モザイクそのものの雰囲気はそれ程変わっておらず、埋め立てを心配していた水路はそのままで、遊歩道が設置されていました。
観覧車も営業を再開しており、「アンパンマン・ミュージアム」も見えます。

DSCN7738_convert_20130504010812.jpg

一番気になっていた「シネモザイク」跡。
単に閉鎖されていただけでした。
ここの改装はこれからのようですね。

DSCN7739_convert_20130504010907.jpg

DSCN7744_convert_20130504011003.jpg

モザイク前の岸壁で開催されていた「ジャーマン・ビア・フェスティバル」。
ドイツビールと料理を屋台で提供しているイベントですが、こちらも大賑わい。どのカウンターも長蛇の列でした。
6日まで開催されているそうです。
私はお酒を飲まないので、ここはパス。

DSCN7753_convert_20130504011220.jpg

モザイクガーデンの観覧車。
ジェットコースターとメリーゴーランドが撤去されたので、AOIAから移設された唯一の施設となってしまいました。
この観覧車にも多くの人が並んでいました。

DSCN7759_convert_20130504011449.jpg

今回のグランドオープンの超目玉、「アンパンマン・ミュージアム」。
アンパンマン」の世界観を再現したテーマパークであり、全国で4番目に開設された(やなせたかし記念館を数に入れるなら5番目)施設です。
2階部分が有料施設で、1階は無料入館出来るショッピングモールとなっております。

DSCN7750_convert_20130504011716.jpg

モール内には17店ものショップ・飲食店が入居しており、どれもアンパンマンの関連品を販売しております。
当然、ここでしか買えない物も多く、モール内は家族連れの大賑わいで歩くのもままならぬ状況。
一番人気の「ジャムおじさんのパン工場」は、何と入店待ち2時間!
定期的にイベントを行う「アンパンマン広場」なるスペースもあり、大変な活況でした。
日本のディズニーリゾートは相変わらず盛況のようですが、これを見れば日本のキャラクターだって決して捨てたものでは無いと思います。
いつか日本のサブカルチャーを総合的に扱ったテーマパークが出来ればいいのですがね。

DSCN7755_convert_20130504011825.jpg

2階ミュージアムへの入館料は1歳以上一律1500円。
営業時間はミュージアム10時~18時(最終入館17時)、モールは10時~19時。

DSCN7768_convert_20130504011945.jpg

ハーバーランドの歩道に設置されたアンパンマンの石像。
他にドキンちゃん、バイキンマンもあり。

DSCN7762_convert_20130504012040.jpg

その「アンパンマン・ミュージアム」の対岸にある川崎重工の岸壁に接岸されていた、海上自衛隊の潜水艦。
艦名は判りませんでしたが艦尾には日章旗が掲げられ、作業員が出入りしていました。
相当船体が傷んでいる様子でしたので、修理の為か或いは廃艦による解体の為の係留かも知れません。

とりあえず、凄い混雑で疲れましたので、この後煉瓦倉庫の「スパゲティ・オールド・ファクトリー」で食事をして帰る事にしました。
このお店は昔から変わらず、お値段も非常に安いです。
劇的な変化を遂げつつあるハーバーランドの一角で、懐かしいレストランで食事をしていると、何となくホッとしました。

関連記事
スポンサーサイト

【2013/05/03 23:32】 | 神戸
【タグ】 ハーバーランド  umie  MOSIC  OSシネマズ  アンパンマン・ミュージアム  AOIA  アンパンマン  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック