アナログ人間の独り言~阪神タイガース・映画・サブカルチャー・旅行等々
遂にこの日が来てしまいました。

DSCN7306_convert_20121014001750.jpg

実は金曜からのハードスケジュールで、今日もかなりしんどい状態。
何せ金曜はナイターを観戦、その翌日から三連休小淵沢へ旅行。
昨夜は夜中まで猛スピードで車を運転していた訳で、今朝は午前中会社でまだ車を運転しているような錯覚を感じ、フラフラしていました。
更に連休明けの火曜は結構忙しく、それでも何とか仕事を片付け7時前には甲子園へ到着した次第です。

DSCN7318_convert_20121014002014.jpg

DSCN7311_convert_20121014002840.jpg

今日の観戦は私と弟と息子の3人。
試験中で学校が午前中だけの息子が一番先に入場しており、弟も6時前には到着した様子。試験中にも関わらずナイター観戦に来るのは如何なものかと思いますが、あろう事か息子は学校で金本引退試合観戦を言い触らしていた模様。担任の先生から「そのチケットよこせ」と言われたとか。

DSCN7316_convert_20121014002135.jpg

DSCN7314_convert_20121014002404.jpg

DSCN7309_convert_20121014012421.jpg

さらば「スタミナハラミ丼」。
この味とも今日でお別れです。
因みに今日の行列はレフトスタンド内のトイレ前まで達しており、先に来た弟に買っておいてもらいました。待ち時間は20分程度だったようです。
来年からはここは「鳥谷の生姜焼き丼」の独占になるのでしょうか?

試合は二回に下位打線でランナーを溜めた阪神が、ピッチャーメッセンジャーの先制タイムリーで2点先取。
先発は能見×三浦でしたが、1回表で奪三振記録を作ってしまうと能見はお役御免、メッセンジャーが二桁勝利を掛けて2回から完璧なピッチングを続けます。

DSC01412_convert_20121014002708.jpg

DSC01394_convert_20121014003202.jpg

守備に着く度に大歓声を受ける金本
今日は先発4番レフトの定位置でした。

横浜のエース三浦は、金本に対しあくまで真剣勝負。変化球を織り交ぜながらも、決め球はストレートで押して来ます。
6回、金本の盗塁に場内は大いに沸きます。
新井のヒットでホームまで激走しますが、センターの好返球であえなくアウト。
それでもスタンドからは大歓声がおこりました。

今日、最高に盛り上がったのは7回裏。
2アウトから大和のエラー出塁でチャンスを掴んだ阪神は、続く鳥谷がセンター前ヒットで繋ぎ、大和は一気に3塁まで突っ走ります。
「ホームランを狙った」というこの打席。残念ながらキャッチャーフライに終わりますが、小賢しくタイムリー狙いに走らず、フルスイングに徹するあたりが如何にも金本

DSC01421_convert_20121014003007.jpg

9回、荒波の打ち上げたフライが金本のグラブに納まりゲームセット。
鉄人金本のプロ野球人生が終わった瞬間でした。

DSC01422_convert_20121014004202.jpg

ウイニングボールを譲り合い、マウンド上でメッセンジャーと抱擁を交わす金本。

DSC01424_convert_20121014004310.jpg

DSC01425_convert_20121014003329.jpg

公式戦終了のセレモニーの後、金本の引退セレモニーが始まります。
バックスクリーンに流れる過去のVTR。

DSC01426_convert_20121014003609.jpg

ライトスタンドに翻る「6」の応援旗。

DSC01427_convert_20121014003811.jpg

DSC01429_convert_20121014003937.jpg

金本のスピーチは非常に長いものでしたが、その功績を考えると短過ぎると感じたくらいです。
横浜の選手への苦言は場内の笑いを誘いましたが、中畑監督はしきりに頷いていました。
逆に言うと、阪神は監督をはじめ若手ベテラン等目立つ人間がほとんどいなかった訳で…。

DSC01430_convert_20121014004424.jpg

DSC01431_convert_20121014004519.jpg

DSC01433_convert_20121014004655.jpg

花束贈呈に駆けつけた清原氏。
更に真っ黒になっていました。

DSC01435_convert_20121014004751.jpg

監督、コーチ、そして選手たちとの別れ。
新井に気合のビンタ一発。

DSC01436_convert_20121014004909.jpg

そして何故か平野には二発。

DSC01437_convert_20121014005043.jpg

花束贈呈に続く胴上げ。
背番号と同じ6回、宙に舞います。

DSC01439_convert_20121014010843.jpg

「サンドストーム」の流れる中、グランドを1周する金本。
最後まで涙を流す事はありませんでした。

DSC01441_convert_20121014011404.jpg

レフトスタンドから投げ込まれる紙テープシャワーを浴びる金本。
最も近くから金本の背中が見れる席でした。

DSC01442_convert_20121014011614.jpg

しかしテープが絡まって動けなくなりました…。

DSC01443_convert_20121014011858.jpg

アルプス席でフェンス越しにファンとタッチをする金本。

DSC01446_convert_20121014011955.jpg

最後に左バッターボックスに立ち、受け取った花束を静かに置きました。

DSC01447_convert_20121014012043.jpg

ベンチ裏に消える金本。
これが現役最後の姿です。

DSCN7326_convert_20121014012258.jpg

ライトスタンドで繰り広げられる金本引退+祝勝会。
今日は試合が凄く早く終わり、引退セレモニーが終わってもまだ9時過ぎだったのですが、ライトスタンドの人間は全く減りません(それどころか増えています)。
「まだまだ若いぞ!金本!」
「帰って来いよ!金本」
応援団もいつも以上に引っ張り、結局終わったのは10時前。
もうヘトヘトです。

金本選手が去った来期、阪神がどうなってしまうか心配するのは、今はやめておきます。
かつての暗黒がこんなものでは無かったというのは判りますが、先に希望が無いという意味では全く同じだと思いますので。
応援団のリーダーも最後に叫んでました。
「来年はチケットが取り易くなりますので、皆さんいっぱい買って甲子園に来て下さい!」
そう、金を取るならせめてそれに見合った仕事をしましょう。
全て勝てないにしても、諦めが滲み出るような試合はプロの仕事ではありませんからね。

関連記事
スポンサーサイト

【2012/10/09 23:32】 | 野球
【タグ】 タイガース  阪神  甲子園  ライトスタンド  チケット  金本  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック