アナログ人間の独り言~阪神タイガース・映画・サブカルチャー・旅行等々
…と言いたいところですが、果たしてこれが争奪戦と言えるのかどうか。

我が家は親戚と手分けして連番確保に動いたのですが、週末の希望試合全席ライトで確保する事が出来ました。
しかもその所要時間、僅か40分。
ジャスト接続で巨人戦を確保。
その直後に親戚がオリックス戦を確保。
手分けしたとは言え、これ程まで容易に事が運んだのは、近年無かった事です。
最早ライト連席確保という最低目標は当たり前、今や如何に良席を入手するかに争奪戦の内容は推移しているようです。

やはり巨人戦に集中はしたようですが、京セラの開幕戦がそれを上回る程の人気で、限られた席種でしたが既に全日程完売。逆に巨人戦に至っては3塁アルプスとはいえ、夜になっても売れ残っているという前代未聞の状態。
今年は放流を期待している人も少ないでしょうね。
多分、明後日は巨人戦も含めて1塁側の大量放流が予想されます。

今年は電話よりPCの方が確保しやすかった模様。
席をある程度選ぶ事が出来ますし、ナビダイヤルの料金を考えると(今年はやたらガイダンスが長かった)もうこれからは断然PCでしょう。
私の場合は仕事があったので、今年も電話しか出来ませんでしたが…。

例年のFC先行の傾向で、どうも2連席以上は上段へ追いやられている様子。
逆に単席だと応援団の近くに寄って来るみたいです。
我が家は今年は連席で確保に走りましたので、ことごとく上段席。それも最上段を外して49~51段という中途半端さ。一番下で31段でした。
殆どが100番台よりセンター側、ポール際が無かっただけマシか…。

まあ、それなりに楽しめた1日でした。
次回は明後日の放流…。
ただ、親戚を含めて必用分は確保出来ているので、今年は本当にスルーです。
関連記事
スポンサーサイト

【2012/02/07 20:59】 | 阪神チケット
【タグ】 タイガース  阪神  甲子園  ライトスタンド  チケット  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック