アナログ人間の独り言~阪神タイガース・映画・サブカルチャー・旅行等々
非常に不安定な天候の中、このカード3戦目、対巨人3連勝を目指し、甲子園へやって来ました。

DSC00211_convert_20110628221346.jpg

残念ながらこの日は2対4の負け試合。ジャイアンツ3タテとは行きませんでした。

先発は予想通り能見VS沢村。
立ち上がりから不安定だった能見は、何とか5回まで投げるものの3失点。
対する沢村は非常に制球・キレ共に良く、阪神側はなかなか打ちあぐねていました。

継投で登場した福原は、非常に状態が良かったです。
久保田もランナーは溜めるものの、無失点で切り抜け、今後に希望を繋いでくれました。

それでも中盤以降は盛り上がりの無い試合で、このまま終わってしまうのかと思っていたのですが…。

9回裏に登場した巨人の抑えはアルバラデホ。
それまで全く打てなかった阪神打線が、いきなり鳥谷、新井、ブラゼル、林と4連打。2点を返し、なおもノーアウト1・2塁。
流石に原監督もたまらず山口にスイッチ。
結果的にそのまま抑えられてしまいましたが、最後に見せ場を作ってくれました。
負けはしたものの何か面白かったこの試合、結局去年までのクルーン同様、巨人の抑えは非常に心許ない状況であり、その炎上する様はちょっとした名物になりそうです。

DSC00217_convert_20110628221614.jpg

坂本、脇谷の二遊間コンビ。
まさか脇谷にタイムリーを打たれるとは…。

DSC00218_convert_20110628221754.jpg

巨人戦の試合終盤、レフトスタンドはいつもこのような雰囲気に…。
彼らはビジターエリアにアピールしているのです。

DSCN6806_convert_20110628221925.jpg

今日、昼食に食べた「藤川球児のかつおとしめじの和風パスタ」。
これは美味しかった!
去年までの「球児カツオのタタキステーキ 丼」に代わって登場した新メニューですが、あっさり風味の和風ポン酢ダレが絶妙で、たっぷりの水菜もアクセントになっていました。
いっぱい入ってたカツオはタタキ以上に火が通ってましたが、この時期は仕方がないでしょう(美味しかったですよ)。
また、球場の麺類とは思えない位、パスタの茹で加減も丁度良く、これはお勧めです。
外野ではバックスクリーン下のココナツ・ガーデンで販売しています。

DSCN6812_convert_20110628222044.jpg

そのココナツ・ガーデンの俯瞰。手前の屋根は「金本兄貴のスタミナハラミ丼」のお店です。
ココナツ・ガーデンは球場内で買った飲食物なら持込可なので、外野の狭い席や炎天下での食事にウンザリされた方にはお勧めします。
ただ、時間帯によっては中々空席がありませんのでご注意。

次は2日の横浜戦。これは3タテしなきゃあいかんでしょう。
5月にされてますから…。
関連記事
スポンサーサイト

【2011/06/26 21:34】 | 野球
【タグ】 タイガース  阪神  甲子園  ライトスタンド  チケット  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック