アナログ人間の独り言~阪神タイガース・映画・サブカルチャー・旅行等々
家から最も近かったシネコン、MOVIX六甲の来年1月31日の閉館が正式に発表されました。
開館以来、大変お世話になった劇場なので、本当に残念です。

オープンは1997年3月20日という事ですので、僅か13年弱の営業期間でした。映画館としては異例の短さではないでしょうか?
震災後、アオイア無き後の六甲アイランドの核テナントとしてオープンしたこのシネコンは、松竹直営のMOVIXの1号館でもあり、小規模ながらも最新の設備を備えた、非常に快適な劇場として自分としては重宝して来ました。
家から車で15分弱の距離にあり、9時以降は1200円均一、駐車場も3時間無料、そして何よりも何時行っても空いている(実はこれが撤退の原因…)、実に便利な映画館でした。

映画が斜陽産業と言われたのがもう何十年も昔の事。
シネコンがまだ珍しかった90年代初め、減る一方だった日本のスクリーン数がやがて今の倍の3000になると、アメリカの配給会社が予測した事がありました。
確かに映画が復活する気配を見せてはいましたが、その時はそんな事は希望的観測に過ぎず、当時のレンタルビデオの爆発的普及を考えても、映画館の数が倍になるなんて誰も信じる事は出来ませんでした。
しかしその後、映画界は飛躍的な復活を果たし、シネコンの普及によりスクリーン数も3000近くまで増えて来ています。
反対に時代に合わず消えて行く映画館もありました。梅田の「北野劇場」「スカラ座」「梅田劇場」の名前が消えたのは、本当に残念です。

MOVIXを出店した松竹は、シネコン経営としては後発になります。
やはり国内では老舗のワーナーマイカルが、マイカルの破綻で一時出店が中断した時期もありましたが圧倒的シェアを占め、次いで東宝シネマズがその配給力にものをいわせて大きなシェアを持っています。
残念ながら私自身、MOVIX六甲を正規料金で利用した事がありません。
親戚から松竹の株主招待券が貰えた時はずっと無料でしたし、お金を払っても9時以降のレイトショーでした。ポイントカードで6回見れば1回は無料にもなります。

MOVIXも苦戦を強いられていたようです。
当初は邦画系・洋画系共に東宝との提携は無く、東映・松竹他の系列映画しか見れませんでした。最近でこそ東宝系の映画がかかるようになりましたが、それも一部でしかありません。
最初は株主招待券でも駐車場のサービスがありましたが、いつしかそれも無くなりましたし、休日混んでいる時はありましたが、満席で入れない事はまずありませんでした。
平日の日中の回など、観客0の時もきっと多かったと思います。

これからは一番近いシネコンはHAT神戸にある「109シネマズ」になりますが、車で20分以上かかります。
他は三ノ宮かハーバーランドになりますし、MOVIXなら今年出来た尼崎になります。
どっちにしろ、東灘に住む人間にとってMOVIXが無くなると言う事は、地元の映画館が消滅してしまうと言うことになり、本当に残念な事です。
また、テナントが抜ける神戸ファッションプラザにとっても大きな痛手でしょう。
六甲ライナーやその他の商業施設等、六甲アイランドの将来を考えるとこれは大きな問題だと思います。
関連記事
スポンサーサイト

【2009/11/23 21:49】 | 映画館
【タグ】 六甲アイランド  Rink  MOVIX六甲  閉館  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック