アナログ人間の独り言~阪神タイガース・映画・サブカルチャー・旅行等々
ここ数日、ブログのアクセス数が大幅にアップ。
シネウェーブ六甲オープン時に匹敵する数字だけにちょっと驚いていたのですが、検索キーワードを調べると半分以上が阪神CSチケット関係。
なるほどと納得したものの、リンク元サイトのトップが今までダントツだったグーグルからライブドアに代わっており、何かあったのかなと気になっていました。

昨日の夜、嫁さんに「えらい事になってるよ」と言われて真相が判明。
ライブドア掲示板の合唱スレに、このブログのリンクが貼られていたのでした。
それどころか、記事内容をめぐって炎上中。
嫁さんは以前からこの掲示板を度々チェックしており、リンクを辿って此処へ着いてビックリ仰天。

あの日、22時20分頃、合唱部の全員がJR住吉駅に到着。
夜道を行列で学校まで行進しました。
校門前では保護者の方や先生方が拍手でお出迎え。
学校前の路上は出迎えの保護者達の車でいっぱい。私も息子と2人で丁度車で到着したところで、車内から校門へ入って行く合唱部の行列を見ていました。
保護者も含めて全員、そのまま体育館へ集合。私も入って行けたのですが、路上駐車中の手前、何よりも大会審査の顛末を嫁さんからメールで知らされていただけに、結局入れず仕舞いになりました(嫁さんは同じ列車で帰って来て、そのまま校内へ)。

中では合唱部やOB達の歌の披露があり(涙、涙だったそうです)、先生から保護者の方への説明もちゃんとされました。
結局解散は11時過ぎ。
校門から保護者と出てくる部員達は、泣きながらの帰宅も多数いました(新幹線の中はどうだったのでしょう?娘にはまだ訊いていません)。
ウチの娘はと言いますと…結構あっけらかんとしていて、それでも文句はぶつぶつ言っていました。
まあ、翌日はだんじりで気勢を上げていましたが。

「失格」というのは改めて学校で説明を受けた嫁さんから聞いた言葉で、実際のところ「審査対象外」だったのか細かい事は判りません。
事前の書面による演奏者配置の説明も、結局は番組スタッフへの説明で審査員には何の関係も無い事だったのかも知れません。
しかし子供達が最高を目指して努力を重ね、あの舞台で素晴らしい演奏を実現した事実は永遠に残るでしょう。

もちろん他の合唱部も素晴らしい演奏でした。
受賞校の皆様にはかさねてお祝い申し上げます。

しかし、たとえ失格にならずに審査され、その結果入賞出来なかったとしても、この合唱部の演奏が他を圧倒したという気持ちは今でも変わりません。
今までに観た中で、最高のパフォーマンスでした。
当然、親の贔屓目です。

(この記事は意図的に公開を遅らせています。思った事をそのまま書き込みましたが、すぐに公開すると火に油のような気がしましたので)
関連記事
スポンサーサイト

【2010/10/14 02:34】 | 子供
【タグ】 NHK全国学校音楽コンクール  Nコン  ゆずちゃん  住吉小学校合唱部  ゆめのふうせん屋さん  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック