アナログ人間の独り言~阪神タイガース・映画・サブカルチャー・旅行等々
ペナントレースも終盤に入り、一戦一戦負けられない試合が続きます。
ここへ来て阪神も負けが込み、中日・巨人との三つ巴の混戦がいよいよ激化して来ました。

9/8(水)、神戸スカイマーク球場で行われた阪神対中日戦。
地元神戸での阪神主催試合なので、平日にも関わらず家族で観戦に向かったのですが…。

DSCN5440_convert_20100912203133.jpg

結果は1対10の大敗。
先発メッセンジャーがビックリするくらいの乱調で、初回にいきなりの5失点。2回には危険球で退場、私が球場に到着した時点で既に試合はぶっ壊れた状態になっていました。
それでもブラゼルの1発が救いでしたが…。

9/10(金)は会社の同僚達と甲子園レフトスタンドで観戦。

SA3E0039_convert_20100912203312.jpg

この日は先制の上に先発久保が好投を見せ、6回まで1失点。
ところが何故か7回に突然福原と交代し、この福原が大誤算。畠山のホームランで同点にされた上にランナーを背負い、代わった久保田がタイムリーを被弾、逆転を許してしまいます。
終盤、追い上げを見せたものの、結局は4対7で負けてしまいました。
この納得いかない采配に、一緒に観戦していた同僚達はブーイングの嵐でした。
どうも再来週の中日戦に向けて中4日の登板を想定しての早めの継投だったらしいのですが、「先の事を考えずに目の前の一戦一戦を取りに行く」と言っている事と何か矛盾しているような…。

本日9/12(日)、娘と2人で甲子園ライトスタンドへ。

DSCN5467_convert_20100912203458.jpg

昨日、藤川球児が打たれ、まさかの2対3での敗戦。
最早打つ手無しで崖っぷちに追い詰められた阪神。先発はルーキー秋山。

初回、打線が繋がり2点先制。
しかし案の定その後の加点が無く、ヤクルト村中の好投が続きます。
ところが一方の秋山も堂々たるピッチング。たまにランナーを背負っても、後続をピシャリと抑えます。
結局終盤に追加点を入れ(秋山もプロ初タイムリー)、終わってみれば5対0の完封完投劇。秋山、甲子園初登板で見事な結果を残しました。

実はこの日、ドリームリンクのイベントで「スタメンキッズ」と「勝ったらハイタッチ」に娘が応募。何と「勝ったら~」に当選してしまったのです。
帽子やイベント等、この手の抽選に当たった試合は必ず負けるというのが我が家のジンクス。
ガッカリしている私と娘の姿を見て「外れましたか、残念ですね」と係員の方が声を掛けて下さいましたが、「いえ、当たってしまいました」と苦笑する私と娘。
勝ったらハイタッチなんて一生出来へんやん」とは娘の台詞。…そりゃそうだ。

DSCN5477_convert_20100912203643.jpg

当選者は7回裏終了までに6号門前に集合します(因みに女の子はウチの娘だけで、しかも一番背が高かったです)。
一旦退場の上の集合なので、もうこの試合はスタンドでの観戦は出来ません。
6号門は関係者の通用門なので、一般人は滅多に入る事は出来ないゲートです(よく解説者の方が出入りされていますね)。

DSCN5501_convert_20100912204246.jpg

入ると真正面に高校野球中継でよく観る、インタビュースペースの通路と、あのベンチへ通じる地下への通路があります。地下への通路は撮影禁止なので写真は撮れませんでした。

DSCN5498_convert_20100912204031.jpg

その地下への坂道の横にある食堂へ通され、そこでテレビ中継を見ながら時間まで待ちます。
7回、8回と追加点を入れ、9回表を併殺打で締め、食堂内の参加者達は拍手喝采。
昨日は勝っていたのに、この控え室の中で待っている状態で逆転されたとか…。
参加者は非売品のキャップとドリームリンクのボール(京セラドームのグランドウォークで貰った物と同じ)を貰い、9回表のゲームセットと同時に食堂を出ます。
負けた場合でもこの記念品は貰える訳で、昨日はグランド内への見学も行われたそうです。

地下への坂道通路で整列して待っているとヒーローインタビューが始まり、まず保護者がグランドへ。
階段を登ると意外と近い目の前にあるお立ち台。
子供達は整列して待ち、保護者はカメラマン席の前の人工芝上からカメラ撮影が許されます。
その日のヒーローインタビュー選手とハイタッチが出来るのが「勝ったらハイタッチ」。
今日のヒーローは勿論、秋山投手。

DSCN5513_convert_20100912204551.jpg

でもハイタッチはあっという間。
タイミングが合わず、娘のタッチの瞬間は撮影出来ませんでした。
ABCのリレー放送のサンテレビ実況でほんの一瞬だけ映っていましたが、これは嫁さんが録画してくれました。

ハイタッチ終了後、参加者はグリーンシートへ案内され、そこの空席で六甲颪を歌えます。
ABC解説者の湯船敏郎氏とすれ違いました…。

悪いジンクスが崩れた上に、このような記念的な試合のイベントに参加出来て本当に幸運でした。
甲子園のグランドにも初めて入れましたし…。

次回は19日の巨人戦、一応家族4人で行くつもりです。
関連記事
スポンサーサイト

【2010/09/12 18:52】 | 野球
【タグ】 タイガース  阪神  甲子園  ライトスタンド  ドリームリンク  勝ったらハイタッチ  スタメンキッズ  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック