アナログ人間の独り言~阪神タイガース・映画・サブカルチャー・旅行等々
お仕事です。
出張ですが、私用でも北海道を除いて東京から東へは行った事ありませんでした。
関東平野って広いですね。

SA3E0001_convert_20170624211924.jpg

6/21朝、東京駅で「のぞみ」から東北新幹線の「なすの」に乗り換え。
相変わらず東京駅の混雑と構造の複雑さには驚きます。

SA3E0005_convert_20170624211945.jpg

宇都宮で在来線に乗り換え、氏家駅で下車。
神戸からの移動時間、約5時間半。
仕事を終わらせてから宿泊地の宇都宮へ戻ります。

SA3E0029_convert_20170624212812.jpg

今回の出張は2泊3日の予定。
2泊とも宇都宮に泊まります。
ちょっと郊外に出ると田園風景の広がるこの地域ですが、宇都宮は非常に大きな街ですね。

SA3E0011_convert_20170624212219.jpg

宇都宮といえば「餃子」。
…というか、他に思い浮かびません。
取り敢えず、駅前に餃子専門店の店舗村みたいなものがありましたので、そこで夕食を食べる事に。

SA3E0010_convert_20170624212201.jpg

宇都宮餃子館」に入りました。
このお店は駅の周囲に何カ所も店舗を構え、避けて通るのが難しいくらいお目にかかります。
まあ、物は試しでいいでしょう…。
店頭のゴジラは何の事か判りません。

SA3E0008_convert_20170624212013.jpg

餃子だけでは物足りないので、「餃子・ラーメン・炒飯」のセットを注文。
お値段は1150円。
食べた感想。
ラーメン=普通(普通に美味しいです)。
炒飯=普通。

SA3E0009_convert_20170624212041.jpg

そして肝心の餃子ですが、やはりそれなりに特徴があります。
種類も多く、今回は普通の焼餃子を頂きました(チーズ餃子なんて何考えてんだ?)。
餡の中の野菜の食感がちゃんと残っていて、これはシャキシャキして美味しかったです。
餃子も大振りで、満足感もあります。
単品(一人前6個)だと300円。
ここで関西人としては、どうしても「京都王将」と比較せざるを得ないのですが、一人前6個220円の王将と比べると、たまに食べるのには良いかも知れませんが、宇都宮の皆さんは納得して毎度食べてらっしゃるのでしょうか?
確かに美味しいですけどね。
うちの近所の御影王将は、日本最強だと改めて実感しました。

SA3E0016_convert_20170624212416.jpg

2日めはちょっと離れて真岡へ。
移動中の長閑な田園風景は、決して関西近辺では味わえない広々とした解放感に溢れています。
東京から2時間程度でこの環境、本当に関東平野は広い。

SA3E0013_convert_20170624212308.jpg

最寄りの真岡鐵道「真岡駅」。
このSLを模した印象的なデザインの駅舎が特徴。
土日には本物のSLが走るそうです。

SA3E0014_convert_20170624212511.jpg

その真岡駅に併設された「SLキューロク館」。
SLミュージアム構想に基づいて開設された施設で、SLや客車・ジオラマや資料の展示、グッズの販売等を行っています。
入場無料の観光施設、時間さえあれば立ち寄りたかったです…。

SA3E0027_convert_20170624212746.jpg

仕事を終えて再び宇都宮へ(ちゃんと仕事してますよ)。
流石に餃子の連荘はキツイと思ったのですが、折角来たのだからと…。

SA3E0022_convert_20170624212612.jpg

駅ビルの中にある「宇都宮餃子みんみん」へ。
この「みんみん」さん、昨夜のお店の隣にもあったのですが行列が出来てちょっと面倒だったので(疲れていた)パスした次第。
宇都宮餃子館」さんには行列はありませんでした(店舗が多いから?)。

SA3E0021_convert_20170624212540.jpg

「水餃子」「焼餃子」「ご飯」を注文。
これでお値段560円。
食べた感想。
水餃子=美味しい。
焼餃子=普通。
あまり期待していなかった水餃子が結構美味しかったです。
普通、焼餃子に比べると水っぽかったり淡白な印象が強いのですが、ここの水餃子はしっかりとコクがあり、食べてモッチリ美味しかったです。
焼餃子も少し小振りながらも十分レベルは高く、双方の食感の違いを楽しめました。
しかも餃子はどれも1人前(6個)230円という、王将に匹敵するリーズナブルさ!
これは素晴らしい。
入店した時はまだ早かったからか行列がありませんでしたが、食べ終わって店を出ると何組か並んでおられました。
なるほど、納得しました。
因みに王将、宇都宮市内にも店舗があるそうです。
恐るべし!京都王将

SA3E0024_convert_20170624212700.jpg

SA3E0025_convert_20170624212722.jpg

流石に夕食にこれだけでは足りず(私はお酒が飲めませんので)、ホテルに戻るまでに蕎麦屋でざる蕎麦を頂きました。
駅前の立ち食いに近いお店なのに、本格的な手打ち。
注文してから茹で上がるまで結構時間が掛かりましたが、その甲斐あって美味しく頂けました。
冷たく締めたコシのある蕎麦は、二日続きの餃子食の胃袋に優しかったです。

SA3E0031_convert_20170624212854.jpg

SA3E0033_convert_20170624212913.jpg

SA3E0038_convert_20170624213018.jpg

6/23、最終日は那須塩原まで遠征。
仕事を終えて新幹線を乗り継いで約5時間。
神戸に戻るともう22時でした。
疲れた~。今週末は野球が無くて良かった。

スポンサーサイト

【2017/06/24 20:18】 | 仕事
【タグ】 栃木  宇都宮  餃子  宇都宮餃子館  みんみん  王将  真岡  那須塩原  氏家  
トラックバック(0) |
本日も甲子園ライトスタンドへ。
相手は楽天…。

P1120100_convert_20170620231537.jpg

楽天がお得意様だったのは遠い昔。
それどころか圧勝状態だったのはほんの球団黎明期のみで、野村~ブラウン~星野時代とあまり対戦成績に良い印象は無く、通算成績も殆ど拮抗しています。
しかも今年は強い。
昨日は何とか勝てましたが、さて…。

P1120102_convert_20170620231619.jpg

DSC07754_convert_20170620225602.jpg

DSC07760_convert_20170620225737.jpg

DSC07768_convert_20170620225852.jpg

DSC07783_convert_20170620230226.jpg

本日の地上波放送はMBS。解説は亀山氏。
BSはNHK。
ABCの解説は桧山氏。

DSC07782_convert_20170620230452.jpg

先発は青柳×美馬。
最早青柳の強運にすがるしか無いこの対戦。
初回からボール先行の荒れ球連発で、四球・四球・犠打・タイムリーと、あっという間に1失点。
しかし流石青柳、悪運の強さでもって、併殺でこの回終了。
2回は三者凡退に抑えますが、3回は3アウトからランナーを出し、ここでも満塁から1失点。

DSC07811_convert_20170620230643.jpg

DSC07821_convert_20170620230727.jpg

DSC07822_convert_20170620230800.jpg

一方の美馬は流石のピッチング。
3回までは無難に抑えていましたが、4回突然中谷、原口に連打を浴び2失点。
阪神、序盤で試合を振り出しに戻します。

DSC07832_convert_20170620230903.jpg

試合はその後投手戦に。
青柳は5回で交代。6~7回は岩崎がリリーフ。
美馬も7回から福山にバトンタッチ。

DSC07877_convert_20170620231207.jpg

8回、万全を期して送り出されたマテオがまさかの誤算。
先頭打者を四球で歩かせると、タイムリー、四球、エラーで2失点。
2アウトまで漕ぎ着けますが、ランナー1.2塁のピンチで松田に交代。

DSC07881_convert_20170620231305.jpg

DSC07857_convert_20170620231034.jpg

この松田、いきなり四球で満塁にすると、続くペゲーロに打った瞬間それと判る満塁ホームランをバックスクリーンに叩き込まれます。
阪神、2対8。

DSC07788_convert_20170620230540.jpg

結局阪神はその後反撃に及ばず、9回に大和の2ベースが出たのみ。
中盤までの緊迫した試合展開が嘘の様で、流石に松田の満塁ホームランに周囲の人は怒って帰って行きました。

P1120117_convert_20170620231840.jpg

もう1イニング青柳を投げさすべきだったか、これは難しいですね。
でもどのチームも青柳を嫌がっているのは何となく判ります。
今日も右バッターが一人死球を食らっていましたし…。

交流戦も明日で終わり、阪神は今年何とか勝ち越せました。
これくらいの長さが丁度いいですね、交流戦。
昔はひと月半もやってましたし…。
パリーグ相手にこれ以上、身が持ちませんわ。


【2017/06/17 22:12】 | 野球
【タグ】 阪神  タイガース  甲子園  ライトスタンド  チケット  
トラックバック(0) |

ペゲーロの後ろ姿
こたつ猫
akiさん

ざんねーん残念でしたー。
さすがにパリーグ首位のチーム!
楽天には勝てるかと2月に取ったチケットが。

こんなに強い楽天になるとは!

それにつけてもペゲーロのバックスクリーン直撃の
大ホームランは、開いた口が開きっぱなし。

僕のブログと同じく
はペゲーロの後ろ姿は
笑いました。

チクショー
僕の次の予約は9月までありませんが、
平日に甲子園ライトスタンドに
行く気がマンマンになってます(^^)

Re: ペゲーロの後ろ姿
aki
こんばんは、こたつ猫様。
コメントありがとうございます。

松田が四球で満塁にした直後、「ホームラン、打たれよるで」と話していた矢先でした。
見事な本塁打でした。
でも打った相手を称えるより、打たれた自軍投手を叱責すべき情けない不用意な投球でしたね。

さて、明日からの広島戦、どうなりますか…。

コメントを閉じる▲
ある意味、GWの広島戦9点差逆転劇を上回るドラマでした。

P1120087_convert_20170607234554.jpg

本日も対日本ハム戦観戦の為、甲子園ライトスタンドへ。
急遽もらったペアチケットでしたので娘との観戦となり、弟とは別の席でした。

P1120089_convert_20170607234637.jpg

P1120091_convert_20170607234721.jpg

本日もチケットは前売りで完売。
最終的には昨日を上回る今季最多の入場者数となりました。

P1120086_convert_20170607234453.jpg

P1120060_convert_20170607234900.jpg

地下の食料品売り場のみ営業中のイオン甲子園
1階フロアにはフードコートにあったテーブルや椅子が配置され、一応待ち合わせには事欠かない様にはなっています。
先週は品薄だった売り場も今日はほぼ復元され、永らく品切れだったスルメイカの唐揚げも復活していました。
勿論、ジェット風船も販売中です。

DSC07591_convert_20170607230533.jpg

DSC07593_convert_20170607230608.jpg

DSC07594_convert_20170607230708.jpg

試合前、朝日放送のイベントでのOB対決。
ピッチャー関本VSバッター桧山。

DSC07595_convert_20170607230740.jpg

DSC07596_convert_20170607230813.jpg

初球のボール球は思わず見送ってしまったものの、2球目のストレートを桧山はそのままヒッティング。
満場の拍手を浴びていました。
お二人はこのまま実況解説のお仕事です。

DSC07633_convert_20170607231607.jpg

本日の地上波は朝日放送。解説は下柳氏、関本氏。
BSはNHK。解説は宮本慎也氏。
CS・TigersAiは解説・岡氏。
ABCは桧山氏。

DSC07597_convert_20170607230842.jpg

DSC07607_convert_20170607231027.jpg

DSC07626_convert_20170607231257.jpg

DSC07621_convert_20170607231158.jpg

今日は日曜なのでスタメンキッズもありました。

DSC07581_convert_20170607230409.jpg

DSC07630_convert_20170607231336.jpg

DSC07641_convert_20170607231716.jpg

DSC07643_convert_20170607231647.jpg

本日の先発は小野×村田。
阪神の捕手は昨日の立役者・岡崎ではなく梅野。
小野は5回まで無失点で抑える好投。ランナーを出しても落ち着いて後続を断ちます。
一方の村田は比較的落ち着きが無く、3回裏にはヒット・盗塁・四球の後、高山にタイムリーを打たれてしまいます。
阪神、先制の良い流れ!

DSC07648_convert_20170607231824.jpg

栗山監督、投球数67球の村田を4回であっさり交代。5回裏からは公文を投入します。
この采配が功を奏し、公文は5回糸井・上本・高山の1~3番を見事凡退で抑え、反撃のリズムを作ります。

DSC07649_convert_20170607231909.jpg

6回表、日本ハムは小野を攻め立て、レアード・中田の連続タイムリーで遂に逆転に成功。2対1とします。
ここまで大ブレーキだった中田は、交流戦の初ヒットがタイムリーになりました。

DSC07652_convert_20170607231957.jpg

DSC07680_convert_20170607232347.jpg

日本ハムは小刻みな継投策で公文~谷本~宮西~マーティンと繋ぎ、6~8回を三者凡退で抑えます。
ただ小野も崩れたのは6回のみ。7回は三者凡退に抑え、103球2失点で投げ抜きました。

DSC07670_convert_20170607232104.jpg

DSC07677_convert_20170607232307.jpg

8回裏は高橋のワンポイント登板で西川を打ち取り、その後は桑原が松本・レアードを抑えます。
双方、投手総力戦の様相を見せ始め、最小点差で緊迫したゲーム展開が続きます。

DSC07686_convert_20170607232434.jpg

試合が動いたのは土壇場の9回。
マウンドに登場した藤川は先頭打者・中田にツーベースを許し、更に田中賢介の進塁打で走者を3塁にまで進められてしまいます。
ここで梅野が変化球を痛恨の捕逸。
中田が生還し、決定的な追加点が入ります。
後続の太田・大野を連続で打ち取っただけに、阪神にとっては非常に痛いトドメとも言える失点でした。

DSC07691_convert_20170607232523.jpg

緊迫した投手戦にあってはミスを犯した方が負け。
流れは完全に日本ハム側に傾き、最終回の福留・中谷・鳥谷の凡退が誰の目にもまざまざと見えました。
9回裏、マウンドに上がって来たのは昨年の先発転向から再び抑えに戻って来た、守護神・増井。

DSC07695_convert_20170607232630.jpg

DSC07698_convert_20170607232755.jpg

ところが増井、ストライクが入りません。
先頭打者・福留を四球で歩かせてしまうと、突然ボルテージの上がったスタンドの大騒ぎにすっかり飲み込まれてしまい、増井は何と中谷~鳥谷にも連続フォアボール。無死満塁の大ピンチ。

DSC07699_convert_20170607232823.jpg

DSC07700_convert_20170607232852.jpg

DSC07701_convert_20170607232931.jpg

DSC07703_convert_20170607233010.jpg

続く7番糸原は2ゴロで、その間に福留が生還。3対2。
更に梅野の代打・原口がセンターへタイムリー。
阪神、土壇場で追いつき延長戦突入。

DSC07704_convert_20170607233048.jpg

DSC07706_convert_20170607233224.jpg

10回、ドリス登場。キャッチャーも梅野から岡崎に交代。
日本ハムも鍵谷を投入。双方一歩も譲れぬ試合展開となります。

DSC07715_convert_20170607233313.jpg

DSC07719_convert_20170607233408.jpg

DSC07720_convert_20170607233436.jpg

11回、マテオが何とか日本ハムの攻撃を抑えると、その裏日本ハムは8人目エスコバーを投入。
このエスコバー、先頭打者・大和を四球で歩かせてしまい、のけっから阪神ファンを喜ばせます。

DSC07722_convert_20170607233547.jpg

DSC07725_convert_20170607233619.jpg

続く鳥谷は事もあろうかキャッチャーゴロ。
捕手の前に転がった力ないバント打球はすぐさま2塁へ送球されますが、この送球が高過ぎてジャンプしたセカンドの足がベースから離れてセーフ。無死1・2塁。
続く北條はPゴロで1アウト。
更に原口も遊ゴロで万事休す、6-4-3の併殺かと思われましたが、ここでセカンドのルーキー石井がお手玉の末に落球。
何とオールセーフの1死満塁!

DSC07726_convert_20170607233705.jpg

DSC07727_convert_20170607233755.jpg

DSC07728_convert_20170607233831.jpg

DSC07729_convert_20170607233907.jpg

巡り合わせとは不思議なもので、打順は梅野ではなく昨日のヒーロー岡崎。
粘りに粘った13球…!

DSC07730_convert_20170607233941.jpg

DSC07732_convert_20170607234045.jpg

3塁線を見事に抜けるサヨナラヒット!
阪神、劇的な逆転勝利。
最後にミスをしたのは日本ハムの方でした。

DSC07733_convert_20170607234206.jpg

DSC07734_convert_20170607234252.jpg

DSC07735_convert_20170607234316.jpg

DSC07736_convert_20170607234344.jpg

DSC07737_convert_20170607234411.jpg

ヒロインは勿論岡崎。
梅野も頑張ろう。

P1120096_convert_20170607234809.jpg

祝勝会はいつもよりテンションが高く、多くの人が参加していました。
阪神はこれで交流戦2カード連続の勝ち越し。
巨人は遂に10連敗。前人未到・未知の領域へ入り込みつつあります。
もうお腹一杯です。
ごちそうさまでした。


【2017/06/04 23:20】 | 野球
【タグ】 阪神  タイガース  甲子園  ライトスタンド  チケット  
トラックバック(0) |

オカザキさん連発
こたつ猫
akiさん

タイガース連勝おめでとうございます。

しかもオカザキさん連夜の殊勲打!
大爆発!

こんな試合があるから、甲子園観戦はかかせませんね~

またよろしく~

Re: オカザキさん連発
aki
こんばんは、こたつ猫様。
コメント有難うございます。

狩野の初サヨナラも、葛城の「ウオオオオッ!」もこの目で見ました。
岡崎も今がキャリアハイと言われない様、末永く頑張って欲しいですね。
今週末も行きますよ!

コメントを閉じる▲
本日は対日本ハム戦観戦の為、弟と甲子園ライトスタンドへ。

P1120062_convert_20170606231919.jpg

P1120059_convert_20170606231829.jpg

流石週末の交流戦、チケットは完売。
最終的には今季最多の入場者数になったそうです。

P1120066_convert_20170606232001.jpg

6月の爽やかな気候、この時期に珍しく何故か今日の試合は18時開始のナイター。
間違ってお昼に来た人、いません?

DSC07564_convert_20170606225333.jpg

DSC07569_convert_20170606225434.jpg

DSC07577_convert_20170606225542.jpg

DSC07581_convert_20170606225717.jpg

昨日は後味の悪い嫌~な負け方をした阪神タイガース
何とか今日は勝ってこのカード、タイに持って行きたいものです。

DSC07578_convert_20170606225643.jpg

今日の地上波放送は、我らがサンテレビ。桧山氏・中田氏のW解説。
更にBSはNHK。解説は小久保氏。
CS・TigersAiは解説湯船氏。
ABC解説は真弓氏。

DSC07589_convert_20170606225829.jpg

先発は青柳×メンドーサ。
青柳なので捕手も梅野ではなく岡崎。
相変わらず荒れ球の青柳は立ち上がりから不安定、1アウトも取れずにエラーも絡んでたちまち失点。
更には犠牲フライで2点目を献上。
しかし後続は何とか断ってこの回は終了。
もうすっかり見慣れた身としては、よくぞ2失点で抑えてくれたというのが率直な気持ち。
1イニングでこのくらいの失点は、もうちゃんと織り込み済みです。

DSC07568_convert_20170606225406.jpg

対するメンドーサは立ち上がりこそ安定していたものの、微妙なピッチング。
3回裏には連打を浴びて1失点。その後満塁のピンチを招きますが何とか切り抜けます。

DSC07619_convert_20170606230024.jpg

しかし4回裏、岡崎の打った「いい当たり」の打球がそのままレフトに入りツーランHR。
阪神、逆転に成功します。
1アウト3塁なので、てっきり代打だと思いましたよ。
スマン、岡崎。

DSC07625_convert_20170606230207.jpg

DSC07629_convert_20170606230357.jpg

青柳はこの後、何とのらりくらりと無失点の好投を続け、日ハム打線を抑え続けます。
6回裏、2アウト1・3塁のピンチで日ハムはメンドーサに代打・杉谷を送ります。
そこで阪神は青柳を諦め、岩崎に交代。
すると日ハムも代打の代打、元巨人・矢野謙次!

DSC07632_convert_20170606230459.jpg

勝負強い矢野は四球でしたが、続く西川はセンターフライでチェンジ。

DSC07643_convert_20170606230621.jpg

7回表は高橋が迫力の三者凡退。
中島~近藤~中田の怖い中軸打線を、見逃し三振、空振り三振、空振り三振の圧巻のピッチング。
特に驚異的な打率の近藤(4割)の三振は見事でした。

DSC07671_convert_20170606230828.jpg

DSC07672_convert_20170606230910.jpg

8回裏、鳥谷が日ハム4人目投手マーティンからタイムリーを打ち、これで4点目。

DSC07673_convert_20170606230946.jpg

DSC07677_convert_20170606231109.jpg

DSC07680_convert_20170606231148.jpg

最終回、抑えのドリスがランナーを溜め出し、1打同点~逆転のピンチを招きます。
昨夜のドリス劇場の再来となるか?

DSC07689_convert_20170606231432.jpg

最後は4番・中田をキャッチャーフライに打ち取りゲームセット。
バックネット際でひっくり返りながらウィニングボールを捕球したのも岡崎でした。

DSC07690_convert_20170606231508.jpg

P1120073_convert_20170606232254.jpg

P1120070_convert_20170606232205.jpg

DSC07691_convert_20170606231554.jpg

DSC07692_convert_20170606231621.jpg

DSC07693_convert_20170606231721.jpg

ヒーローインタビューは岡崎と高橋。
岡崎はプロ入り初の本塁打と自身2度目の猛打賞。
お立ち台でも涙を堪え、リリーフカーに向かう時も涙を拭うのが印象的でした。

P1120080_convert_20170606232415.jpg

ライトスタンドの祝勝会。
今夜もこたつ猫さんと合流出来ました!
本日のナイターはこの試合だけで、広島は既に勝利しているので阪神の順位は変わらず。
巨人は怒涛の9連敗。底知れぬ泥沼にはまり込んでいます。
阪神高速の高架下での2次会も随分盛り上がっており、祝勝会が終わって我々が出て来てもまだやっていました。
こちらは統率する者がいませんのでなかなか自然解散とならず、それどころか昔より明らかに人数が膨れ上がって来ており、最後は警備員に鎮圧に等しい強制解散を強いられ、高架下の照明が消されると共にお開きとなりました。

次回観戦予定は…明日!
予告先発は小野!!!!


【2017/06/03 22:42】 | 野球
【タグ】 阪神  タイガース  甲子園  ライトスタンド  チケット  
トラックバック(0) |