アナログ人間の独り言~阪神タイガース・映画・サブカルチャー・旅行等々
開催中の「メカニックデザイナー・大河原邦男展」観覧の為、滋賀・佐川美術館へ。

P1090383A_convert_20160605004058.jpg

往復200キロのドライブへ、トゥーラン出発です。

科学忍者隊ガッチャマン」「機動戦士ガンダム」「装甲騎兵ボトムズ」のメカ・デザイナーとして有名な大河原氏。
なぜこの日に行く事にしたのかというと、大河原氏御本人の来館&サイン会が開催されるからです。
前日のトークショーも魅力的でしたが、仕事の為行けず。
本日は朝6時に出発。コンビニで朝食を買い込んで名神をひたすら東へ。

P1090387_convert_20160605004159.jpg

P1090390_convert_20160605004402.jpg

途中、トゥーランの走行距離1000キロオーバーの瞬間がありました。
ACCで快調に走り、瀬田西ICで下りてからは湖岸道路をのんびり行きます。
美術館へは7時45分には到着。

P1090485A_convert_20160605011027.jpg

P1090391_convert_20160605004443.jpg

開館は9時半。
しかしながらこの時点で、既に私の前には50人以上の人が正門前に並んでいました。
サイン会参加は先着100名までなので、ちょっと驚き。
実は昨日来館されたブログ仲間の「こたつ猫」さんからトークショーの混雑状況を聞いており、あまりギリギリだとヤバイかも知れないと思い、この時間に到着した訳です。

P1090394_convert_20160605004528.jpg

8時半には既に行列が定員に達した模様で、美術館のスタッフの方が「図録購入券」の配布を始めました。
サイン会参加にはこの図録の購入が必要で、サイン自体もこの本にされる事になります。
私は48番目。
開館前ですが、既にサイン会向け図録は完売状態。
9時前には第一駐車場も満車になっていました。

P1090400_convert_20160605004635.jpg

P1090421_convert_20160605005207.jpg

P1090403_convert_20160605004740.jpg

開館時間と同時に、購入券を持った人がまず敷地内へ誘導されます。
本館前の広場の特設グッズ売り場で図録が販売されており、ここに並んで「サイン会整理券」が封入された図録を購入する訳です。
私は36番目。
このまま本館へ向かいます。

P1090408_convert_20160605004856.jpg

2年前の「ウルトラマン創世紀展」以来の訪問となる佐川美術館
産経新聞の連載記事で今回の企画展を知り、再び訪問が叶いました。
湖畔に建つ、本当に綺麗な美術館です。

「ウルトラマン創世記展」の記事はこちら

P1090413_convert_20160605004955.jpg

今回の企画展の為に描き下ろされたイラスト・屏風。
制作会社に関係なく、大河原氏がデザインした代表メカ達が一堂に会しています。
「ウルトラマン展」の時はウルトラ兄弟の立像が並んでいた部屋です。

P1090416_convert_20160605005056.jpg

こちらがサイン会場。
「ウルトラマン展」の時は池谷仙克氏のトークショー会場にもなった通路スペースです。
時間(10時)までまだ間があるので、場所取りだけして先に企画展を観る事にしました。

展示会場は「ウルトラマン展」の時と同じスペース。
大河原氏の作品を時系列的にデザイン画の原画展示で分類・解説、各アニメ作品の映像上映も行われていました。
内容的には3年前に兵庫県立美術館で開催された「超・大河原邦男展」の規模をかなりコンパクトに縮小した状態ですが、今回初めて出展された資料や原画もありました(神戸の展示会は実に大規模で、実物大のスコープドッグの模型やザクの壁画があったりしました)。

「超・大河原邦男展」の記事はこちら

さて、10時からは「サイン会」の開催です。
満場の拍手に迎えられて大河原氏の登場。
座った席順に壇上へ誘導され、図録の好きなページにサインをお願い出来るのですが、その間結構な時間会話を交わす事も出来、最後は握手までして頂きました。
あまり笑わない方ですが、気さくな御人柄でした。

DSC05659_convert_20160605003955.jpg

実は会場内は撮影禁止。
仕方ないので、かなり離れた通路からガラス越しに超望遠で撮影してみました。

P1090426A_convert_20160605005455.jpg

P1090431A_convert_20160605005714.jpg

P1090433A_convert_20160605010035.jpg
P1090441A_convert_20160605010203.jpg

その後、全国から募集された「未来のメカ・デザイナーコンテスト」の表彰式があり、こちらは撮影可。
子供から大人まで、受賞された方達と楽しげに交流されていました。

全部で2時間ほどのイベントが終了。
大河原氏の退場と共に、私も会場を後にしました。
大河原邦男展は6月16日まで。

P1090450_convert_20160605010444.jpg

P1090443_convert_20160605010253.jpg

P1090447_convert_20160605010615.jpg

佐川美術館には「樂吉左衞門館」という、陶器と茶道具を中心にした展示室と茶室があります。
展示室は地下にあり、そのエントランスが実に個性的で、池の水面を通して地上から差し込んでくる外光で、時間と共に壁の表情が変わるユニークな演出が実に素晴らしく、いつまで居ても飽きません。

P1090474_convert_20160605010859.jpg

美術館の庭園を巡る周回道を歩きます。
池の中に建てられた美術館が日本的な雰囲気を主張しています。

P1090460_convert_20160605010659.jpg

同じく池の中に建てられた茶室。
地下からのアプローチのみで、一般客は入れません。
陶芸品の展示だけではなく、茶道そのものの展示を行うコンセプトのようです。

P1090492_convert_20160605011120.jpg

本日の収穫、大河原氏のサイン!
あのガンダムをデザインされた方の直筆です!
またいつかお会いして、再びお話しが出来ます様に…!

スポンサーサイト

【2016/05/29 23:36】 | アニメ
【タグ】 大河原邦男  機動戦士ガンダム  装甲騎兵ボトムズ  科学忍者隊ガッチャマン  佐川美術館  
トラックバック(0) |

早朝ドライブ
こたつ猫
akiさん

早朝のドライブ、それも琵W湖まで
おつかれさまでした。

8時前に着いてギリギリでしたね。
私のプチ情報が役立ち良かったですね。

今回、都合が合わずお逢いできませんでしたが、
次回の琵W湖訪問ではお逢いしましょう。

こたつ猫


Re: 早朝ドライブ
aki
こんばんは、こたつ猫様。
コメント有難うございます。

今回の企画展は結構コアなお客さんが多かった様で、事前の状況を窺っておいて助かりました。
有難うございます。
実はこの特別展初日にもトークショー&サイン会が開催されたそうなのですが、この時の一番乗りは朝4時半から並んでいたそうです。

佐川美術館は本当に綺麗な美術館ですね。
今回は1人での訪問になりましたが、次は家族で行きたいです。
また再訪の際は宜しくお願いします。

コメントを閉じる▲
嫁さんの実家で親戚の集まりがあり、食事をしてトゥーランで帰る時。
「テールランプが片方消えてるで」との指摘を受けました。
見ると、バックライトが左側しか点灯しません。
…またかよ。
正直、この手のトラブルには慣れて来たような感じなのですが、ちょっと腑に落ちない点もあったので、ディーラーへ行く前に電話で確認する事にしました。
「それは正常です」
電話口で担当さんが、説明しなかった点を詫びながら教えてくれました。
VWの場合、殆どの車種がバックライトは片方のみで、もう片方はフォグランプになっているそうです。
フォグランプを装備していない車はどうなのかは聞きませんでしたが、同様の問い合わせは結構多いとの事。
まあ、故障でなくて良かったです。
何か直ぐに不良と思い込む様になってるみたいで…。

最近、再びトゥーランのテレビCMが流れる様になりましたね。
どうやら6月には新グレードの「Rライン」が発売されるようです。
実は1月から流れているCMで走っている白のトゥーランは、日本では未発売だったエアロパーツ装備の上級グレード「Rライン」(しかもミッション車)で、これも結構問い合わせが多かったとか。
フォルクスワーゲン・ジャパンは商売が上手いですね。
これで排ガス偽装の問題が無く、日本でも予定通りクリーンディーゼルのパサートを発売していれば、メルセデスを寄せ付けない破竹の勢いだった筈でしょうに。


【2016/05/28 23:06】 | マイカー
【タグ】 フォルクスワーゲン  VW  ゴルフ  トゥーラン  Rライン  
トラックバック(0) |
本日は対広島戦観戦の為、甲子園ライトスタンドへ(5月は仕事が決算月で更新が遅くなりました)。

P1090371_convert_20160602001333.jpg

P1090374_convert_20160602001421.jpg

DSC05548_convert_20160601235736.jpg

最早本格的な暑さとなって来た甲子園のデーゲーム。
ビールを飲まれる方はさぞかし進む事でしょう。
今日はかなりの上段でしたので、割と早目に日陰になりましたが、いつまでも西日に焼かれるレフト・ビジター席は大変そうでした(それでも好調広島の応援団のボルテージは凄かったです)。

DSC05553_convert_20160601235823.jpg

DSC05542_convert_20160602000003.jpg

先発はメッセ×中村恭。
阪神は1回裏、原口・高山の連続タイムリーで2点先制。
メッセは序盤は無難な立ち上がりでしたが…。

DSC05566_convert_20160602000315.jpg

3回にランナーを溜めて松山に3ランを浴びます。
更に連打され、この回5失点。
なかなかアウトカウントが稼げません。

DSC05580_convert_20160602000634.jpg

しかしその裏、ゴメス・原口の連続四球の後、高山のタイムリーで阪神は1点を返します。
反撃の流れは良かったのですが、1塁高山が盗塁失敗でアウト。
続く俊介・鳥谷がまた連続四球だったので、これは痛いアウトでした。
結局、メッセがアウトで2死満塁、北條が四球を選んで押し出しの追加点止まり。
大和センターフライでチェンジ。流れが変わってしまったと言える瞬間だったかも知れません。

DSC05581_convert_20160602000724.jpg

DSC05585_convert_20160602000834.jpg

4回には再びマウンドに立ったメッセンジャー、いきなり丸に2ランを打たれジ・エンド。
榎田とスイッチし、島本~高橋と繋いで行きます。
6回には原口のタイムリーで1点を返しますが、高橋・田面が打ち込まれ、終わってみれば5対10の大敗。
広島の勢いを見せ付けられた試合になりました。

DSC05540_convert_20160601235548.jpg

左翼スタンドを埋め尽くす広島ファン。
3塁側は西日に最後まで焼かれるので、体力的にもきつい筈。
でも、応援のし甲斐があったというものでしょう。
出来れば阪神時代とは人が変わった様な絶好調の新井さんに会いたかったのですが、今日の4番は松山でした。

DSC05591A_convert_20160602000950.jpg

レフトスタンド最前列、大和のHMイントロ部分で毎回ライトスタンドへ向かって敬礼するタイガーマスクとその御一党。
彼らは何に向かって敬礼しているのでしょうか?

次回観戦は6/4(土)、西武戦。
今年のパリーグは、また一段と強そうですね。
甲子園観戦、未だ勝ち無し。


【2016/05/22 22:32】 | 野球
【タグ】 阪神  タイガース  甲子園  ライトスタンド  チケット  
トラックバック(0) |

残念でした
こたつ猫
akiさん

甲子園応援お疲れ様でした。

広島戦は、なかなか勝てませんね。

でも、その前日の広島戦で久しぶりの
勝利の美酒に酔いしれました。
しかもサヨナラ勝ち、ルーキー高山くん

こういうドラマティックなことがあり得るので
やめられませんね!

Re: 残念でした
aki
こんばんは、こたつ猫様。
コメント有難うございます。

交流戦が始まり、土日の西武戦を観戦予定です。
せめてどっちか1日でも勝ってくれるかな…と期待していますが、初戦を落としているだけに連敗すると大変。
頑張って応援します!

コメントを閉じる▲
本日は、会社の行事で大阪・吹田の万博公園へ。

P1090333_convert_20160524230714.jpg

ドライブ日和の良い天気。
家族でトゥーランに乗り込み、西宮JCTから名神に入って吹田まで向かいます。
納車後の初高速道路、遂にACCを試す時が来ました。

ACC(Adaptive Cruise Control)、「定速走行・車間距離制御装置」とは高速道路走行時の運転制御システム。
一般的なクルーズコントロールとは、アクセルを踏まなくても一定速度で車を走行させる装置。しかしそれでは、前を走っている車が減速した場合追突してしまうので、運転者がブレーキを踏む必要があります。
ACCは、車に装備されたミリ波(メーカーによってはレーザー波)レーダーによって前を走る車を感知、車間距離を保ちながら「追従走行」を行うシステムなのです。

ACCは高速道路走行用に開発されたシステムなので、まず一般道での使用は難しいです(実はそうではない事が後々判りました)。
ディーラーでの試乗でも体験出来なかったACC、今日は朝からワクワクです。
西宮JCTの料金所を潜り、直線コースに入ると前を走る車にピッタリと付いてステアリングのスイッチでACCを作動させます。
車間距離と最高速度をセット。
すると…アクセルを踏んでいないのにずっと同じ速度で走り続けています。
それどころか前の車が減速すると、車間を詰める事無く減速しました。
更に感動したのは前の車が加速した時。まるで引っ張られる様に自分の車も加速するではありませんか!
これは面白い!
嫁さんも娘も私が1人で騒いでいるのを「ふ~ん」と言った顔で見ていましたが、これは運転せねば判るまい。
しかもトゥーランのTSIハイラインにはプリクラッシュブレーキシステム「Front Assist」に加えてレーンキープアシストシステム「Lane Assist」も標準装備されているのです。
これは何かと言いますと、時速65キロ以上の高速域においてテレビカメラで前方の「車線」を認識。もしウインカーを点滅させずに車線を逸脱しようとすると、握っている手にはっきりと判るような制動がステアリングに掛って警告。それでも反応しなければ自動的にステアリングの操作を行いレーンに沿って走行させるのです。
勿論、急カーブ、交差点は対応出来ませんが、名神高速の様な緩やかなカーブなら…。
凄いっ!
車が勝手にカーブを曲がって行きますよ~っ!
これは本当に感動です。
アクセル踏まず、ブレーキ踏まず、ハンドル切らず、これはもう擬似自動運転と言っても良いのではないでしょうか?
流石にズボラしていると、ハンドル正面のマルチファンクションインジケーターが警告音を発し、「ステアリングを操作して下さい」と表示が出ますが(車に怒られました)、こんな楽しい車は初めてです。
結局、吹田の出口まで1回もアクセルを踏む事無く走行出来ました。
高速域での乗り心地も最高に快適で、全く疲れを感じさせません。
イクシオンとの差は歴然としており、山口くんだりへの長距離走行も、これなら全く苦になりそうにありません。
いや、本当にこの車、それもこのグレードにして良かったと実感しました。

P1090335_convert_20160525003128.jpg

で、万博公園での会社の行事は何かと言いますと、新入社員歓迎のバーベキュー・パーティーなのです。
毎年この時期恒例となっており、家族参加も含めて100名近い人数になります。
朝9時半の開場と同時に入場、準備を始めて、11時には乾杯(私は飲めないのでペプシ)。
ゲーム大会やらビンゴ大会で大いに盛り上がりました(嫁さんと娘は何やら値打ちのありそうな景品が当たっていましたが、私は今年はハズレでした)。

P1090345_convert_20160525003253.jpg

P1090347_convert_20160525003337.jpg

P1090354_convert_20160525003416.jpg

P1090356_convert_20160525003451.jpg

解散後、これも恒例のバラ園散策へ向かいました。
丁度花盛りのバラ園は多くの人で賑わっています。
最近はエキスポ・シティが注目されている万博公園ですが、まだ万博当時の施設が点在する公園内も結構楽しいですよ。

P1090359_convert_20160525003529.jpg

その万博遺跡の一つ、レストハウスで休憩。
バラ味のソフトクリームを頂きました。
美味しかったですよ~、バラ味って何?

さて、もう夕方。
ラジオで阪神対広島戦を聴きながら、再び名神を今度は西へ走行(阪神、今日も勝ち越し)。
勿論ACCも作動させましたが、トゥーランの加速感も味わいたいという欲求もあり、追い越し車線を走行。
とても1.4リッターのエンジンとは思えないパワフルな走りで、あっと言う間に時速120キロ超え…。
危ない、危ない、スピードを落として西宮JCTへ向かいます。
今日はこの後、17時からディーラーで1ヶ月点検なのです(現在総走行距離900キロ弱)。

ところが帰路の車中、何となく全員の体調が悪化して来ました。
実はバーベキューのお肉、あまりにも脂の乗った上質のお肉なので、毎年食べ過ぎた人が子供を中心に胸焼けを起こし、酷い場合は家で吐いてしまう事もあるらしいのです。
正直、今日はうっかりウチの人間は全員食べ過ぎた様でした。
ディーラーに着いた頃には皆が最悪の顔色。
出迎えて頂いた担当さん、異常を察知してか直ぐに無人の2階ショールームへ案内してくれました。

P1090361_convert_20160525003637.jpg

P1090367_convert_20160525003706.jpg

このディーラーさんは1階がメインの商談室なのですが、2階にもショールームがあり多種多様なVWが整然と並んでいます。
また、キッズコーナーもここにあり、席に座らなくてもカーペット上でのんびり寛げます。
点検整備に1時間ほど掛かるとの事。
「何かお気付きの点は?」と新車の調子を訊ねられて、幾つか確認をお願いしました。
「前輪のアルミホイールが油っぽい埃で汚れていますが、これは何?」
「これはブレーキ・ダストです」
これが噂のブレーキ・ダストですか!
VWだけでは無くドイツ車全般の特徴で、より制動力の強いパットを使用する為、国産車より磨耗率の激しいドイツ車のブレーキはこの様にホイールを汚すのだとか。
トゥーランはまだましで、他車種のRタイプやGTIなんかは1日でホイールが真っ黒になるそうです。
「ヘッドライトの左右に段差を感じるんですが」
これは納車時から気になっていた点で、LEDライト特有のシャープな光故、照らされた路面や壁に左右非対称の光が投影されているのが結構目立ちます。
これは流石に整備の方も調べないと判らない様で、検査を待つ事になりました。
その間、担当さんと雑談。
先日、電撃的な価格変更の発表があったゴルフとポロ。
結局、メルセデスに販売台数首位を奪われたままのVWの苦境はやはり相当なものの様で、一部主力車種の装備グレードアップと価格値下げを断行した模様。
ポロに至っては最低200万を切る価格設定となり、担当さん曰く「その下のup!が存在意味を問われる」現象が起きてるそうです。
この週末にはディーラーさんもチラシを入れて頑張っていましたが、どうも効果は芳しくない様子。
まあ、2月以降無茶苦茶売りまくっていたみたいですからね(それでもベンツに負けたのか…)。
「チラシにはシャランやパサートも載っていたのに、トゥーランは載ってませんでしたね」
「はい、勿論です」
そりゃあ1月に出たばかりの新車ですもんね。
そこまで値崩れが酷いと、流石に不安になりますし…(フォードは凄かったなあ)。
それよりもトゥーランのエントリーグレードであるトレンドラインを、受注生産では無く普通に売ればバカ売れすると思うのですが。
私は悩んだ末にハイラインに決めましたが、トレンドラインである程度の値引きが期待出来れば、十分国産車に対しても値頃感が出るでしょうし。
基本、走行性能はどのグレードも同じなのだから、色々と着いた装備を不要と考え、VWの走りのみを重視したお客さんにとっては、実においしい車になると思います(車体価格差が100万近くあって走りが同じ!)。
もちろんそうなると、本当に売りたいグレードの高い車が売れなくなるのは判りますが、台数売ってシェアを伸ばす為にはそれしか無いでしょう。
何れはその辺も考えているのかも知れませんね。

暫くすると商用があって担当さんは退席。
娘と嫁さんはキッズコーナーで寛ぎながら待ってもらい、私は居並ぶ展示車をあれこれ触らせてもらいました。
嫁さんはキッズコーナーのカーペットが気に入った様子。ニトリの商品らしく、今度買いに行くと言います。
待っている間に甲子園で観戦中の弟からメールが。
「安部に同点ツーラン打たれた」
あ~あ、言わんこっちゃ無い。

シャランで遊んでいると、整備担当の方が来られて報告を。
点検項目は異常無し。
ヘッドライトは調整したとの事。
なぜ段差があったのか原因不明。ダイナミックコーナリングライト作動時の不具合かもとの事でしたが、最初の夜からはっきり認識出来たので、たぶん工場出荷時からではないかと私は思います。
暫くは様子を見て下さいとの事。
まあ、細かいトラブルを一つずつ潰して行くのも、輸入車を楽しむ醍醐味。
…お金の掛らない内は。
ピカピカに洗車された車を受け取り、家に帰りました。
因みに阪神、高山のヒットでサヨナラ勝ちしたそうです。

家に帰って再びダウン。
夕食を食べれるようになるには、10時近くまで掛りました。
ブログ更新はお陰で随分遅れる事に。

そう言えば、フォード西宮からイクシオンの車検案内が来ていました。
まだ引継ぎ企業が決まらないみたいですね。


【2016/05/21 22:41】 | マイカー
【タグ】 フォルクスワーゲン  VW  ゴルフ  トゥーラン  イクシオン  ACC  万博公園  
トラックバック(0) |

自動運転すごい
こたつ猫
akiさん

新車の運転を楽しまれてますね〜

中でも自動運転はすごいですね。
ブログ記事にもakiさんのワクワク感が
伝わってきます。

これからのドライブ楽しみですね〜

自動運転すごい
こたつ猫
akiさん

新車の運転を楽しまれてますね〜

中でも自動運転はすごいですね。
ブログ記事にもakiさんのワクワク感が
伝わってきます。

これからのドライブ楽しみですね〜
ではでは。

Re: 自動運転すごい
aki
こんばんは、こたつ猫様。
コメント有難うございます。

最近の車は本当に凄いですね。
本来の走りに加えて、乗る度に新しい発見があります。
あまり勉強せずに買ってしまったというのもあるでしょうけど…。

とにかく、安全運転だけは心掛ける様にしましょう。

コメントを閉じる▲
今日は嫁さんと休みが合ったので、久し振りに二人でドライブ。

P1090299_convert_20160518090438.jpg

少し霞がかっていましたが、良い天気。
六甲山から眺める神戸市街も、六甲アイランドまで見渡せます。

P1090304_convert_20160518090508.jpg

P1090319_convert_20160518090706.jpg

オテル・ド・摩耶」で休憩。
ロビー奥にある喫茶コーナーで、以前に食べた事のあるケーキセットを頼みました。

P1090316_convert_20160518090636.jpg

ケーキの盛り合わせは全く同じ内容。
凄いボリュームなので1人前だけ頼み、二人で分けました。

P1090305_convert_20160518090544.jpg

バルコニーから神戸方面を眺める。
日曜のこの時間は人が少なく、たまに訪れるハイキング客の方達が休憩に利用されます。

P1090321_convert_20160518090737.jpg

少し足を伸ばして、「イオンモール神戸北」へ。
こちらは夕方でも凄い人でした。

P1090325_convert_20160518090823.jpg

P1090328_convert_20160518090905.jpg

P1090331_convert_20160518090949.jpg

隣接するアウトレットモール。
三田市に跨る広大な面積で、一回りするだけでも相当時間が掛かります。
いつ来ても適当に切り上げて帰ってしまうのですが、物によっては本当に安い物もありますので、じっくり買い物をしてみたいですね。
しかし、人が多過ぎます。

トゥーラン、走行距離700キロ突破。
燃費はリッター13キロ強。
高速域でのドライブが楽しみな車です。


【2016/05/15 20:43】 | マイカー
【タグ】 フォルクスワーゲン  VW  ゴルフ  トゥーラン  オテル・ド・摩耶  イオンモール神戸北  
トラックバック(0) |
別に大したトラブルではありませんが、一応記録しておきます。

P1090297A_convert_20160518083804.jpg

我家のフォルクスワーゲンゴルフトゥーラン
先日、嫁さんの両親と食事に行き、娘を乗せる為に初めてサードシートを使用しました。
「何か転がってるで」
サードシートの娘が足元に何か見つけたようです。
帰宅後ゆっくり見てみると、何やらプラスチックのカバーみたい。
周囲を調べてみると、サードシート左側の基部のカバーが外れ、内部の鋼材が剥き出しになっています。
娘がどうせ蹴り外したのだろうと嵌めてみますが、右側の様に上手く収まりません。

流石に力任せに叩き込む勇気はとても無く、今日ディーラーへ持って行き、見てもらいました。
「少しお預かりします」
車はそのまま階上のピットへ。
15分程してスタッフの方が下りて来られました。
「随分力が要りましたが、直りました」
やはり力任せで押し込むしか無かったのですね。
原因は不明。
車自体に異常は無いとの事。

実は納車の日、受け取り前にディーラーで車の説明を受けている時、嫁さんが乗っているセカンドシートで「バキッ」と嫌な音がしました。
どうやらシートをスライドさせようとレバー操作していた嫁さんが、誤ってシート下のプラスチックカバーを外してしまったみたいです。
随分チャチい部品やなあ…と思って担当さんが直すのを眺めていたのですが、これがなかなか素直に直りません。
結局、ピットで専用工具を使って作業しないと直らないとの事で、整備スタッフの方に直して頂きました。

まあ、エンジンや電装系の重大なトラブルでは無く、この程度で済んで良かったと思いますが、「流石輸入車」と思わず苦笑。
プラスチックや樹脂系の部品はインテリアも国産品より質感・強度共に落ちる様で、グレードに対してちょっと安っぽい気がします。
まるでプラモデルみたいにポロポロ部品が外れる様では、この先少し思いやられますね。
走りは絶好調ですが。


【2016/05/14 21:23】 | マイカー
【タグ】 フォルクスワーゲン  VW  ゴルフ  トゥーラン  
トラックバック(0) |
作曲家の冨田勲氏が、今月5日亡くなられたとの事です。

シンセサイザーの世界的奏者でもあり、その名を世界に知らしめたのはホルスト「惑星」の演奏によるところが大きいかと思います。
まさにシンセサイザー音楽を世に広めたその人と言えるでしょう。
大学在学中からNHKの音楽関係の仕事に従事し、一般にはNHK専属作曲家のような印象すらありますが、「きょうの料理」「新日本紀行」、大河ドラマ「花の生涯」「天と地と」「新・平家物語」「勝海舟」「徳川家康」、SF特撮人形劇「空中都市008」等、どれも劇伴を超えた音楽の数々を担当されていました。
リボンの騎士」「ジャングル大帝」「どろろ」等、初期の手塚アニメも有名で、特に「リボンの騎士」「ジャングル大帝」はTVアニメシリーズにもかかわらず撮り溜め方式を取らないアフレコ方式で、作曲・制作されたBGMはそれぞれ1000曲を超えたといいます。
後に「宇宙海賊キャプテンハーロック」「聖闘士星矢」等でアニメーション作曲家として活躍する事になる横山菁児氏の名が初めて世に出たのも、「リボンの騎士」で演奏指揮を担当した時であり、この時のキャリアが後々大いに勉強になったと言われています。

「ウルトラマン」の放送中止を受けて東映が製作した「キャプテンウルトラ」。
21世紀後半の宇宙時代の人類を描くという、この空前絶後のTVシリーズの音楽を担当したのも冨田氏でした。
その「キャプテンウルトラ」の後を受け継いで再び円谷プロが製作した「ウルトラセブン」。円谷がこの「ウルトラセブン」と並行する形でフジテレビで製作したSF特撮ドラマ「マイティジャック」。
冨田氏はウルトラの繋がりでは無く、当時フジテレビのプロデューサーで円谷英二氏の次男でもあった円谷皐氏とのコネクションで、「マイティジャック」に参加したそうです。
この作品は幸か不幸か音楽が映像を超えてしまったカルト作品として名高く、壮大かつ流麗な音楽の数々が作品評価まで良い方へ歪めてしまい、噂だけを聞いて何も知らずに初めて観た人は戸惑ってしまうという現象まで起きています。

映像と音楽というコラボレーションは、冨田氏の音楽にとって実に相性が良かった様で、晩年も佐藤勝氏亡き後の山田洋次監督作品をサポートし、名作を作り続けておられました。
またボーカロイド「初音ミク」との共演も衝撃的で、冨田音楽ここに極まるといった感すらありました。

御自身の過去の作品についてはあまり再商品化を好まれていなかった様で、数々の企画がレコード会社でお蔵入りになったそうです。
今後、無数の冨田作品の発掘が行われると思いますが、時代を超越した作品の数々が余す所なく復元され、再評価される事を望みます。
ご冥福をお祈りします。


【2016/05/09 19:24】 | 映画
【タグ】 冨田勲  NHK  空中都市008  リボンの騎士  ジャングル大帝  キャプテンウルトラ  マイティジャック  
トラックバック(0) |
本日、対ヤクルト戦観戦の為、弟と甲子園ライトスタンドへ。

P1090278_convert_20160510230250.jpg

P1090279_convert_20160510230344.jpg

DSC05462_convert_20160510224011.jpg

DSC05469_convert_20160510224106.jpg

初夏の穏やかな日差しの中の甲子園球場。
昨日は折角追い着いたものの、中継ぎ崩壊の為に結局大敗。
貧打と投手の低調はまだ完治していないようです。

DSC05472_convert_20160510224219.jpg

DSC05478A_convert_20160510224346.jpg

先発は能見×原樹理。
1回表、能見はいきなり山田のツーランで2失点。
昨日のリプレイを見る様な展開に、早くも甲子園は溜息に包まれます。

その後も阪神は原樹理を攻略出来ず0行進、能見も毎回ランナーを出す苦しいピッチングでしたが、何とか追加点を与えず6回まで投げ切ります。

DSC05511A_convert_20160510224845.jpg

7回、能見とスイッチした高橋が簡単に1失点。
その裏、原口四球・北條ヒットで阪神はやっと1アウト1・2塁のチャンス。
ここで打席には代打・新井良。

DSC05519A_convert_20160510225117.jpg

新井良、サードゴロに倒れましたが、セカンド原口が3塁へ進みます。
ここで打順が1番に帰り、不振の高山登場。

DSC05523A_convert_20160510225252.jpg

この高山が何とかライトへ抜けるタイムリーを打ちます。
2アウト、1・2塁で絶好調の大和へ打順が回り、ヤクルトは遂にここで原樹理を諦めます。
代わった秋吉は大和をショートゴロに仕留め、阪神のチャンスはジ・エンド。

DSC05539_convert_20160510225841.jpg

DSC05536A_convert_20160510225427.jpg

DSC05544A_convert_20160510225629.jpg

8回はエースコックの異名を持つ中継ぎのエース・安藤が登場。
3人でピシャリと抑えます。
一方でその裏はヤクルトのルーキが阪神打線を3人で抑え込みます。

9回、安藤に代わった高宮が1失点。
更に代わった石崎が1失点で1対5.
山田・畠山にのびのびと良い様に打たれ、本当にいい所無しです。

DSC05554_convert_20160510230153.jpg

最後はオンドルセクを1アウト2・3塁まで追い込みますが、上本・高山が倒れて終了。
阪神はカード負け越しの連敗となりました。

打撃では若手が何とか頑張りを見せているものの、鳥谷・福留で流れがバッタリ止まってしまいます。
上位打線と下位打線が全く入れ替わっている様な状態で、現在阪神の真のクリーンナップは6~8番だと言えます。
板山・原口の活躍は楽しいですが、やはり打線が繋がらないと厳しいですね。

DSC05506_convert_20160510224510.jpg

6回裏、橘高主審がタイムをかけ試合が中断。何やらレフトのバレンティンが騒いでいます。

DSC05507_convert_20160510224545.jpg

何か外野の芝の上に白い物体が落ちております。
ゴミみたいなのですが、選手たちは遠巻きに見て誰も近寄りません。特にバレンティンの恐れ様は異様でした。

DSC05508_convert_20160510224627.jpg

レフトのボールボーイが物体を確認、一旦引き上げてほうきと塵取りを持って戻り、片付けて一件落着。ゲーム再開となりました。
実はこれ、帰ってからニュースで知ったのですが魚の死骸だったそうです。
野鳥が吐き出した魚が空中から落ちて来たのだろうという事ですが、私はてっきりレフトの阪神ファンがバレンティンに何か投げ付けたのかと思いましたよ。

さて、次回観戦は22日の広島戦の予定。
未だ甲子園で今シーズン観戦勝ち試合無し。


【2016/05/08 21:42】 | 野球
【タグ】 阪神  タイガース  甲子園  ライトスタンド  チケット  
トラックバック(0) |

魚のタタリ
こたつ猫
akiさん

日曜甲子園お疲れ様でした。
また敗戦でお疲れ様でした。

僕は前日の土曜甲子園でした。
負けましたが、6得点でしたので、
少しは騒ぐことが出来ました。

とにかく
打線です。
打って喜び
得点で喜び、
抑えて喜び、
そしてジェット風船も楽し

魚のタタリを払拭しましょう



Re: 魚のタタリ
aki
こんばんは、こたつ猫様。
コメント有難うございます。

水曜の巨人戦も散々でしたね。
弟が観戦してた様ですが、鳥谷の不調で流れが止まり、ツキにも見放された格好になった様です。
暫くは我慢ですかね。
この状態で5位ながら首位と1.5ゲーム差というのも驚きですが。
そろそろ打線の上向きに期待しましょう。

コメントを閉じる▲
ちょっとネガティブな残念記事になります。

ダニエル・御影店

P1090276_convert_20160509230253.jpg

P1090275_convert_20160509230218.jpg

P1090273_convert_20160509230102.jpg

4月30日閉店。
1990年のオープン以来、永らく御影界隈における洋菓子店の代表的存在だったダニエル
発祥の地である御影から本店機能が芦屋店へ移転しても営業を続けられていましたが、先月遂に御影店は閉店となりました。

P1090272_convert_20160509230001.jpg

店舗の東隣にあった工房は既に転居、跡地には「Zucca FINE VEGETABLE & DELI」というお惣菜屋さんが昨年5月にオープンしており、数年前に出来た西側のローソン共々、ロケーションが大きく変貌して来ておりました。
販売していた商品の品揃えもここ数年微妙に変化しており、目玉商品の一つであったミルフィーユは工房移転と共に取り扱いを止めて芦屋店へ案内する等、随時店舗機能の縮小移転を図られているのが感じられました。
かつては阪急御影駅近くにイートイン出来る別店舗も作られたりして御影地区の看板店舗として頑張っておられましたが、この度の完全撤退となり非常に残念です。

P1090274_convert_20160509230137.jpg

山手幹線に面しているという好立地にも関わらず、専用駐車場が無いというのが大きなネックでもあったようですね。
イチゴを初めとした様々なフルーツを使った各種ミルフィーユ、 クレーマカタルニア 、クグロフ、カヌレ、そしてフランスパン…。
どれも美味しかったです。
芦屋店、テラス店、ルクア店等は存続しているのでそちらへ行けば欲しい物は買える訳ですが、近所にあのお店が存在していたという事自体に意味があった訳で、余程お目当ての物が食べたくならない限り間違いなく買いに行く機会は減るでしょう。
芦屋へ拠点を移し始めて味が変化したとも言われますが、阪急御影の「高杉」台頭の影響も大きかったのかも知れません。
あと、ケーニヒスクローネ阪急御影店もいつの間にか閉店しておりました。

サーティワンアイスクリーム阪神御影クラッセ店

P1090277_convert_20160509230331.jpg

3月21日閉店。
隣にあったモスバーガーの閉店(1月11日)の巻き添えを食う様な形で突然閉店となっており、フロアを統合した形で5月2日に「オーガニックワン」という自然食品の売り場がオープンしました。
最も近所にあったサーティワンが消滅し、娘がえらいショックを受けております。
結構繁盛している様に見えたのですが…。
因みに現在クラッセはテナントの閉店が非常に多く、近日中に飲食店やケーキ屋さんのオープン予定もあるとか。
確かにお店によっては休日でも全く人が入っていませんね。
スタバなんかいつも満席で、喫茶スペースは明らかに不足している様子。
クラッセのリニューアルは暫く続きそうです。


【2016/05/06 19:22】 | 神戸
【タグ】 ダニエル  サーティワン  
トラックバック(0) |
本日はだんじりの本宮。
宮入前に少し早目に嫁さんと夕食へ出掛けました。

P1090249_convert_20160508192722.jpg

P1090263_convert_20160508193340.jpg

P1090262_convert_20160508193233.jpg

HAT神戸にあるJICA(独立行政法人 国際協力機構)関西国際センター
ここの1階は一般にも開放されており、ちょっと変わったエスニック料理を月替わりで食べさせてくれる食堂があります。

P1090260_convert_20160508193154.jpg

P1090252_convert_20160508192946.jpg

落ち着いた雰囲気のカフェテリア。
普段は職員が使っている社員食堂っぽいのですが、新しい施設だけあって結構お洒落です。
立派な宿泊施設もあり、一時税金の無駄遣いと騒がれた事もありましたね。

P1090256_convert_20160508193055.jpg

P1090250_convert_20160508192857.jpg

今月の料理は「トルコ料理」。
トマトのピラフ、茄子の野菜詰め煮込み、クスクス入りキュウリのサラダ、リンゴのコンポート(デザート)。
これに飲み物が付いて720円!
ピラフは無料で大盛り可。勿論、私も嫁さんも大盛りを注文。
食後のコーヒーはネスカフェとドトールの二種類から選べ、私と嫁さんはドトールを頂きました(サーバーでセルフサービス)。
実にヘルシーなメニューでしたが、美味しい料理でした。
因みに来月は「チュニジア料理」。
前回来た時は「ネパール料理」でした(その時は時間が無くて食べれませんでしたが)。

震災記念館の隣で人の流れから少し外れている上、レストラン自体も奥まった所にあるのであまり知られていない様子。
それでも夕方6時前の時間、結構お客さんはいました。

P1090268_convert_20160508193437.jpg

9時頃、だんじりの宮入が始まりました。
今年は娘も鳴り物で随分頑張った様子。へとへとになって帰って来ました。


【2016/05/05 23:01】 | 神戸
【タグ】 JICA  関西国際センター  本住吉神社  
トラックバック(0) |