アナログ人間の独り言~阪神タイガース・映画・サブカルチャー・旅行等々
実にあっけない幕切れでした。
多くの阪神ファンも第5戦の唐突な終幕に唖然となった事でしょう。
快勝の後の4連敗は「まさか」の展開でしたが、押しながらも決め切れないチーム状況はまさにシーズン中のそれと同じでした。
ホークスも決してチーム状況は良いとは言えず、特に投手陣は厳しいとの話がしきりに出ていました。
しかし結果は、ソフトバンク圧勝。
この差はどこから出て来たのでしょうか?
これが判らない限り、阪神のリーグ優勝・日本一はまた10年に一度有るか無いかの棚ボタを待たなくてはなりません。

余りにも不甲斐ない敗戦に落胆意気消沈甚だしい限りでしたが、考え様によっては中途半端に1勝して甲子園に帰って来られるより良かったかも知れません。
高い入場料を払って寒い雨の中、敵将の胴上げを眺めるほど最悪の事はありませんから。
第6・7戦のチケット代も帰ってくるし…。

この日本シリーズでの想い出は、久し振りに本気でチケット獲りが出来た事くらいでしょうか?
本当にあそこまで熱くなったのは何年振りでしょう。
最近はめっきり獲り易くなった為に大した苦労もしておらず多少不安でしたが、まだ自分のスキルが少しは通用すると判っただけでもちょっとした成果でした。
チケ獲りに忙しかった頃が懐かしい…。

とにかく阪神は心機一転、リーグ優勝を目指せっ!です。
でないと、本当に次のチャンスは2024年頃になってしまいます。
まるで彗星並みの周期ですね。


スポンサーサイト

【2014/10/31 22:50】 | 野球
【タグ】 阪神  タイガース  甲子園  ライトスタンド  チケット  
トラックバック(0) |
本日は日本シリーズ第2戦、対ソフトバンク戦観戦の為、甲子園球場ライトスタンドへ。

P1070320_convert_20141028225637.jpg

P1070321_convert_20141028225746.jpg

P1070323_convert_20141028230045.jpg

P1070322_convert_20141028225850.jpg

日本シリーズのポスターや掲示板で飾られた阪神電車甲子園駅。
当然、チケットは完売(最近めっきり見なくなったダフ屋が東口を中心に大挙出没した模様・私はいつも西口なので遭遇しませんでしたが)。

P1070325_convert_20141028230128.jpg

P1070329_convert_20141028230223.jpg

P1070330_convert_20141028230356.jpg

甲子園に着いたのは丁度4時前。
いつもならまだそれ程人がいない試合開始2時間前ですが、今日は違います。
電車を下りてホームから凄い人。
駅前ダイエーの混み具合もいつもの試合1時間前くらいの感じですし、高架下から球場にかけての混み具合が普通ではありません。
第一皆さん、テンションが違います。

P1070332_convert_20141028230727.jpg

P1070333_convert_20141028230925.jpg

P1070335A_convert_20141028231118.jpg

P1070336_convert_20141028231202.jpg

1塁側球場外のミズノスクエア周辺ではトラッキーやホークファミリー達が「TigersGirls」達と記念写真撮影に応じていました。
ホークファミリーは非常に人数が多く、今回来たのは全員では無いようですが、名前とかは全く知りません。

P1070344_convert_20141028231503.jpg

DSC02883_convert_20141028225139.jpg

DSC02892_convert_20141028225329.jpg

この時期のナイターは寒いのが常ですが、今夜は蒸し暑いです。
今日は息子と弟、甥の4人で観戦。
チケットを引き取って頂いたこたつ猫さんにも会えましたし、やはりライトへ来ていた会社の先輩にも会いました。
みんなテンション高いです。

DSC02898_convert_20141028225417.jpg

DSC02886_convert_20141028225245.jpg

先発は能見×武田。
最近不安定な感が否めない能見は立ち上がりを攻められいきなり1失点、4番李大浩を併殺に打ち取りピンチをしのぎます。
一方のホークス武田は完璧なピッチングで阪神打線を抑え込み、5回まで三者凡退を続けます(真剣に完全試合を見せられるのかと思いました)。
カーブを中心とした変化球が得意らしく、かなり制球難に苦しんだらしいという噂はどこへやら、この日ばかりはコントロールが冴え渡り、ストライクゾーンへ食い込んでくる球は見逃し、落ちて行く球は空振り、ただでさえ初物に弱い阪神打線は全く打てません。

4回には李大浩が特大のソロホームランを放ち、ホークス1点追加。
6回裏、和田監督は鶴岡・能見のバッテリーを諦め、伊藤隼と狩野を代打に送ります。
この狩野が2アウトからヒットを放ち、続く1番西岡が見事なタイムリー2ベースを打ちます。
阪神、中盤で追い上げモードに入りました。

この狩野のヒットが阪神の初安打。
これまで武田に完璧に押さえ込まれて来た圧迫感から、ヒットの瞬間はスタンドはまるで逆転したかの様な騒ぎになりました。
そして西岡の狙いすましたかのような、完璧な1・2塁間を抜けるタイムリーヒット。
スタンド内に響く絶叫でもう何も聞こえませんでした(こんな大音響は本当に久し振りです)。

阪神はイケイケムード。
ランナーを出してからの武田は、明らかに5回までの武田と違います。
球場の雰囲気にも飲まれたのでしょう。
ランナー西岡を2塁に置き、阪神同点の大チャンス!。
…ところが2番上本が今日は大ブレーキ。
2ゴロでスリーアウト・チェンジ。
8回にもランナー1・2塁の大チャンスがあったのですが、ここでも上本は初球センターフライでチェンジ。
代打を出すべきではなかったのでしょうか…?

DSC02879A_convert_20141028224902.jpg

能見の後を継いだ高宮・安藤は三者凡退の完璧ピッチング、ホークスに追加点を与える気配すら見せません。
9回には松田・梅野の若いバッテリーが登場。
梅野、ランナー松田(ややこしい)の二盗を刺し、ピンチをしのぎます。

DSC02907_convert_20141028225507.jpg

DSC02880A_convert_20141028225103.jpg

一方のホークスは8回裏に五十嵐、9回裏には抑えのサファテが登場。
先頭打者鳥谷が出塁しスタンドは大いに盛り上がるのですが、続くゴメス・マートン・福留が打ち取られゲームセット。
阪神、ポストシーズン初の敗戦となり、五分で福岡へ乗り込むことになりました。

DSC02877_convert_20141028224745.jpg

試合前、グランドに整列した「TigersGirls」。
いつもより人数が多いです。

試合中、小雨がぱらついていたのですが、試合終了とほぼ同時に雷を伴って本格的に降って来ました。
延長戦にでもなっていれば、ずぶ濡れになるところでした。

阪神・ソフトバンクのどちらかが三連勝でもしない限り、日本シリーズは次の週末再び甲子園で開催されます。
やはり天気が少し不安ですが、ここは福岡三連戦をゆっくりテレビで観戦して、阪神の帰還を待ちましょう。
試合前、外野で練習しているソフトバンクの選手に対して、「がんばれよ、頼むから来週絶対帰って来いよ!」と真顔で声を掛けている阪神ファンがいました(多分チケットを持っているのでしょう)。
声を掛けられた選手(多分岡島)は、笑って手を振っていましたが。



【2014/10/26 23:17】 | 野球
【タグ】 阪神  タイガース  甲子園  ライトスタンド  チケット  日本シリーズ  ソフトバンク  TigersGirls  
トラックバック(0) |
本日、日本シリーズの第1戦。
阪神が理想的な投打のかみ合いで勝利致しました。
タイトルホルダーがずらりと並んだラインナップ、その実力はこんなに凄かったんですね。
とても棚ボタで2位になったチームとは思えません。
かく言う私も、2週間前は日本シリーズチケット先行販売の案内メールを見て笑っていたのですが…。
本当に野球って判らないものですね。

激烈な争奪戦となった甲子園日本シリーズチケット発売。
ただでさえ週末開催という絶好の日取りの上に、下克上から日本一への現実味が帯びて来た以上、当然と言えば当然ですよね(本日午前10時、ローチケ・ぴあで最後の放流があった模様)。
一般販売も終わりもう終息したかに見えますが、ネットオークション・金券ショップ等では未だに騒ぎが続いています。
また、第3~5戦の舞台となる福岡・ヤフオクドームではチケットが10/25午後23時現在完売しておらず、人気シリーズとの予想に反して空席のある試合の可能性も出て来ました。

昨日、仕事が早く終わったので梅田の駅前ビルへ行きました。
目的は第一~第四ビルの地下に点在する金券ショップ。
別に購入する予定はありませんでしたが、後学の為に状況を見ておきたかったのです。
日本シリーズチケットを扱っている店舗とそうでない店舗ははっきりと分かれており、扱っている店舗は店頭の一番目立つケースの中に置いて、そこだけ人が群れていました。
午後6時~7時、25日の試合に限れば1塁側のチケットは殆ど無く、レフト・ペアで18000円~(定価1席3500円)、3塁アルプス・ペアで20000円~(同5000円)でした。
この時点ではどれもネットオークションよりも相場は高目。
まあ、現物が目の前にある安心感と確実性も含んだ料金だと考えればいいのかも知れませんが…。
それよりも面白かったのは買っていた客の方で、会社帰りのサラリーマンやOLが万札を切って、凄い勢いで売れていた事です。
客のリアクションもまちまちで、「高い!」と1人で文句を言っている人もいれば、「まだ安い」と躊躇無く財布を開く人もおり、Gケースを覗き込む人達の表情を見ていると千差万別、実に面白かったです。
中にはその筋の舎弟みたいな若い兄ちゃんが、スマホ片手に汗だくで試合日と券種・枚数を逐一報告、「はい、今ならありますっ」と確認を取って買って行った場面も。
第6・7戦を買っている人もいましたが、開催されない可能性のあるこれらの試合、チケットの払い戻しがチケット額面金額だけになると本当に理解しているのか、ちょっと疑問でした。

家に帰ってPCを開いてビックリ。
ヤフオクの第1戦チケットが格段に高騰しています。
1塁側の出品も多数ありましたが、どれも天井知らず。
金券ショップと比較出来るレフトもペアで20000円を超え始めていました。
クレカ決済によるコンビニ発券という今回のチケット販売システムは、出品者にとって非常に理想的な環境らしく、試合直前の高騰期に狙いを定めて出品するプロも多かったようです。

実はあんまり面白かったので、今日も夕方梅田へ行きました(趣味が悪くてすみません…というか、他にも目的がありましたので)。
流石に本日のチケットはほぼ完売しており、主な売れ筋は明日の第2戦チケット。
通常当日券が残っていると、試合開始直前に大幅値下げをするのですが、今日はそのシーンが見れませんでした。
それでも昨日のままの強気な価格で当日券を売り続けている店舗もあり、多くの人が覗き込んでいましたが、5時半を回ってからレフト・ペアが売れたのには驚きました。
6時になってこの店舗は、結局ペアをバラ売りし始め、1枚あたり千円程度の値引きをしていました。

さて、試合が縺れ込めば開催されるであろう甲子園での第6・7戦。
現在の所チケットはそれ程高騰しておらず、ネットオークションの入札もまだ少ないです。
しかしながら第6戦の開催が決定した時点で高騰するのは明らか。
もし、阪神が王手をかけた状態で甲子園に戻って来るような事があれば、直前の値段高騰は想像すら出来ません。
因みに2005年リーグ優勝を決めた試合当日、外野でも1塁側はペア20万を超えたとか(まあ、相手は宿敵巨人だったので尚更か)。
日本シリーズを巡るチケット騒動、暫くは続きそうです。



【2014/10/25 23:41】 | 阪神チケット
【タグ】 阪神  タイガース  甲子園  ライトスタンド  チケット  日本シリーズ  
トラックバック(0) |

その研究熱心さに脱帽
こたつ猫
どこまで甲子園チケットのイロハを
極めるおつもりでしょうか?
素晴らしい。
恐れいりました。その恩恵を二回も、いや、ノック体験の日を合わせて、
3回も提供いただき、アキさんさまさまです。
第2戦は残念ながら勝つことは出来ませんでしたが、応援団前の良席で生涯初の日本シリーズを楽しませていただきました。
タイガースの日本一を願ってーー
がんばりましょう

Re: その研究熱心さに脱帽
aki
こんばんは、こたつ猫様。
コメント有難うございます。

第2戦は残念でしたが、最後まで粘る姿はシーズン中の阪神には感じられませんでした。
今日も負けはしましたが、投手が交代すると途端に反撃に転ずる展開は、やはり阪神の勢いを感じます。
まだまだ行けますよ!

コメントを閉じる▲
本日、日本シリーズチケットの店頭発売日。

また、権利放棄された等のチケット放流日でもあります。
店頭発売は午前10時。
深夜から未明にかけて目立った動きは無いようでしたが、午前6時頃からローソンチケットでアイビー・ブリーズシートがチラホラ復活を始めました。
午前9時、ローソンチケットにて一斉放流開始。
25日分の復活した席種は、ライト・レフト・アルプス等々(復活しなかった席種もあり)。
会社で朝礼中の私は参戦出来ず、家で参戦を頼んでいた嫁さんも復活していたライトに目が眩んでいる間に忽ち完売、僅か3分弱の瞬殺だったようです(第6・7戦はもう少し残っていた模様)。
そして店頭発売時刻の午前10時、ローソンチケットにてブリーズシートのみ若干復活。
今回、ぴあ・イープラスの復活放流は全くありませんでした。

これで今シーズンの日本シリーズチケット争奪戦は一応終了です。
今後、甲子園の第1・2戦のチケットは金券ショップやネットオークションで高騰を続け、第6戦以降のチケットも開催が決定すると同時に価格が跳ね上がるでしょう。
皆さんは無事チケットを確保出来ましたか?

さて、私の観戦日は直近で26日の日曜日。
天気も当初の週間予報よりも好転している様子です。
明日の予告先発はメッセ×スタンの因縁対決。
明後日は能見でしょうか?
勝って欲しいのは山々なんですが、来週末甲子園へ戻って来て欲しいのも本音。
何とも悩ましい話です。



【2014/10/24 22:37】 | 阪神チケット
【タグ】 阪神  タイガース  甲子園  ライトスタンド  チケット  日本シリーズ  
トラックバック(0) |
さて、皆さん如何でしたか?

本日は日本シリーズチケット一般発売日でした。
結果から言うと、予想以上に厳しい争奪戦になりましたね。
私は…、残念ながら確保は出来ませんでした。
弟は内野席の席番確認まで進んだそうなのですが、予算額を超えたのでキャンセルしたそうです。

こういう争奪戦の常ですが、今回も携帯サイト(特にぴあ)の圧勝だったようですね。
おそらくスマホのシェアが圧倒的に増えて、ガラケーの方が比較的余裕があるのでしょう。

さて、期待の放流の方ですが、現在の所望み薄です。
今回圧倒的な販売シェアを押さえたと思われるネット販売は基本クレカ決済なので、予約者の放流そのものが有り得ないからです。
まあ、チケット会社が保留分でも持っていれば、その放流の可能性はありますが…。
明日も粘って様子は見てみます。



【2014/10/23 23:26】 | 阪神チケット
【タグ】 阪神  タイガース  甲子園  ライトスタンド  チケット  日本シリーズ  
トラックバック(0) |
日本シリーズチケット先行抽選の結果、皆さんは如何でしたか?

当選発表日の10/20、午前中はローチケのナビダイヤルが輻輳し(先着販売ではないのに)笑ってしまいました。
私は第2戦1組のみ当選。
弟も第2戦1組当選した為、またまた重複当選してしまいました。
私の当たったライト4連席は先日のCS同様こたつ猫さんに引き取って頂き、何とか無駄にならずには済みました。
これで一応、第2、6、7戦のチケット(ライト)は確保。
私的には大満足の結果です。

今回の先行抽選やFC先行抽選の内容を見ると、競争率が高かったのは主にライトを中心とした1塁側席で、3塁側を希望した場合は比較的容易に当選した模様です。
FC先行枠の当選発表直後はネットオークションでも1塁側は価格が高騰しましたが、現在ではかなり落ち着いて来ている様子。

さて、明日はチケットの一般発売日。
今まで先行発売されて来た席種以外にビジター席も販売される為、ホークスファンも参戦して来ます。
また、今回の先行抽選で相当数の席数が販売されたと思われる為、恐らく1塁側(特にライト)残席の絶対数はかなり少ないと思われます。
ただ、3塁側に関しては権利放棄の放流分があると考えられるので、比較的まだ残数はあるのではないでしょうか?

弟が全試合観戦希望なので、一応明日も参戦します。
さて、ライトに執着するか、早目に見切ってレフトへ走るか。
PCを使うか、スマホか、ガラケーか、はたまた電話にするか。
どれが繋がり易いか全く判りません。
一般発売は明日、10月23日(木)午前10時から、ローソンチケット、イープラス、チケットぴあで。



【2014/10/22 22:41】 | 阪神チケット
【タグ】 阪神  タイガース  甲子園  ライトスタンド  チケット  日本シリーズ  
トラックバック(0) |
CSファーストステージすら全く期待していなかったのに、えらい事になって来ました。


気が早いもので10/10にファンクラブから日本シリーズチケット先行抽選の案内がありました。
エントリー期間は10/11~13、対象試合は甲子園で開催されるであろう第1・2・6・7戦、枚数上限は1人4枚、席種は各試合第三希望まで選べます。決済方法は店頭・クレカの選択可。
日本シリーズは球団ではなくNPB主催になる為、本来ならファンクラブは関係無いのですが(2005年の時は何もありませんでした)、今回同じ期間でローチケが先行抽選を行っており、恐らくはこれに乗っかった形で行われたのではないかと思われます。
球団主催ではありませんのでFC先行等の特典は無く、チケット料には別途システム利用料と発券手数料といった別料金が発生します。
私は丁度小淵沢への旅行中でしたので、エントリーはホテルロビーのパソコンを借りて行い、結果第6・7戦が当選しました。
日本シリーズにおいてこの6~7戦は開催される可能性が非常に低く、何よりも先に巨人を倒してCSを抜けなければならないという極めて高いハードルが存在します。
まあ、そんな事なので当選しても他人事の様にほったらかしにしていたのですが…。

まず、あろう事かファーストステージで広島を撃破。
貧打は相変わらずでしたが阪神、初のファイナルステージ進出を果たしました。
それでも「巨人に3タテ食らって終わりやろう」としか思っていなかったファイナル初戦、藤浪×内海で阪神は巨人を圧倒。
巨人のアドバンテージを消してしまったのは大きいよなぁ…と思っていると、第2戦は岩田×澤村でこれも快勝。
後の試合、予想される先発はメッセ&能見。
ただ、この二人は思わぬところでやらかすから、期待はせんとこうと思っていると…。
メッセ立ち上がりを攻められ序盤で2失点。
巨人に先制され「言わんこっちゃない」と思っていると、6~7回で阪神は杉内を攻略し、同点~逆転勝利。
遂に巨人、後が無くなりました。

昨日、能見×小山で迎えたファイナル第4戦。
シーズン中は阪神打線がなかなか機能しなかった嫌な相手・小山。
一方の能見は今シーズンとても本調子とは思えない内容で、大幅に負け越し。
試合前から無茶苦茶不安。
もしここで1敗でもすると、過去の例からも一気に流れが変わってしまうのは必定。
ところが初回から阪神は小山を攻め立て、マートン・福留のHRで4得点。
その後も着実に追加点を上げ(小山2回持たず)、巨人を突き放しにかかります。
一方の能見はやはり制球が定まらず、毎回ピンチの苦しい展開ながら5回2失点の内容。
最後は呉昇桓でゲームを締め阪神勝ってしまいました!

ちょっと信じられない展開で、まだ現実味がありません。
多分、阪神が今一番調子が良い状態であり、実力以上の勢いが呼び込んだ勝利であるのは明らかなのですが、9年振り6度目の日本シリーズ進出が決定致しました。
道頓堀では案の定、ダイブが始まったそうです。

そうそう、チケットです。
まさかこの時期にこんな騒ぎが始まるとは、ついこの間まで予想もしていませんでした。
第1・2戦のチケット争奪戦に参戦です。
前回のローソン先行の後、10/16~18の期間中、ローソン・イープラ・サークルKサンクス(ぴあ)による先行抽選受付が実施されました(1人上限4枚まで)。
イープラはネット・クレカ決済のみで、ローソン・ぴあは電話・ネットの選択が可能。
追加手数料が必要なのは前回同様ですが、ぴあに限っては今回「特別販売利用料」とかいう訳の判らない料金がチケット1枚につき500円もかかります。
取り敢えず重複当選のリスクを考えネット予約はローソンで各試合1件だけ、後は持てる電話機の全てを使い(1電話機1試合1エントリーのみ可・重複エントリー無効)弟と手分けして作業を行いました。
電話でのエントリーは席種は1種しか選べず、ガイダンスを聞いていると6分近く掛かります。
弟は2試合分24口、私は18口のエントリーを行いましたが、ほぼ半日作業となりました。
ナビダイヤルだけでも幾ら掛かった事でしょう…。
おまけに先着順販売でもないのに、金曜の試合終了後からは急に電話が繋がりにくくなり、「只今、大変混み合っております~」というもう何年も聞かされて来たアナウンスが流れ始めました(受付終了間際の土曜の午後は更に輻輳したとか)。
これだけやれば、どれか1つくらい当たるでしょう…かな?

85年、03年、05年と、過去3回の甲子園での日本シリーズ、私は1試合ずつ観戦を果たして来ました。
インターネットも携帯も無かった85年、チケットを入手する為には徹夜で球場窓口かプレイガイドに並ぶしかありませんでした。
相手は西武ライオンズ。
当時の日本シリーズ外野席(ライト・レフトの指定無し自由席)は1000円。
甲子園では第3~5戦が開催され、平日なのにデーゲームで行われました。
当時学生だった私は後輩に頼んでチケットを確保してもらい、第5戦を観戦しました。掛布がホームランを放った、このシリーズ甲子園唯一の勝利となった試合です。

03年の相手はダイエー・ホークス。
18年の間にチケット販売の環境は大きく変わっており、販売の主流は最早窓口ではなく、電話とネット、そしてコンビニ端末に移行していました。
日本シリーズは全席指定席、ライト外野席は2500円。
この年は先行発売、一般発売共に確保に失敗したのですが、一般発売2日後の朝にウソの様な大量放流があり、嫁さんがセブン・イレブンのコピー機端末(当時はぴあ)で必要枚数を確保しました。
狙ったのは第5戦。
85年唯一の勝利試合だったげんを担いだ訳ですが、この年の阪神は甲子園で3連勝しましたね。

05年の相手はロッテ・マリーンズ。
2年前の争奪戦と状況は似ていましたが、ぴあが「プレリザーブ」を開始しており、これで第4戦のチケットを確保。
思えばこの時期、我が家のチケット確保のスキルが最も高かった頃でもありました(愛知万博等)。
ただ第5戦へのこだわりがあったので一般発売にも参戦し、第5戦も確保出来ました。
ところが阪神は歴史的な4タテを食らい、結局第5戦は幻の試合となってしまいます。
第5戦のチケットは払い戻す前に記念としてカラーコピーしました。
第4戦で観たバレンタイン監督の胴上げ、ロッテ選手・ファンの歓喜も今では良い思い出です。

今年の先行抽選の発表は20日。
一般発売は23日。
そして試合は25日に甲子園で開幕となります。



【2014/10/19 12:51】 | 阪神チケット
【タグ】 阪神  タイガース  甲子園  ライトスタンド  チケット  
トラックバック(0) |

感謝感謝感謝です。
こたつ猫
アキさん

この度は
大変ありがとうございます。
日本シリーズチケットをお譲りくださり、感謝感謝感謝です。
なんて素晴らしいお方なんだ。
足を向けて寝ていません。

実は、
僕自身、日本シリーズ観戦は生涯初です。一番近かったのが、ブロクにありました千葉ロッテ戦の第5戦。
幻のチケットでした。

とにかく当日は、ええ天気でええ試合で勝ちゲームになることを祈りましょう。

感謝感謝感謝です。


Re: 感謝感謝感謝です。
aki
こんばんは、こたつ猫様。
コメント有難うございます。

無事発券出来て何よりでした。
私達も当日行きますので、一緒に応援しましょう。
お天気は曇りの予報で非常に微妙ですが、何とかもつ事を祈りましょう(月曜に順延されると大変です)。
それでは当日、甲子園で。

コメントを閉じる▲
さて、3日目です。

流石に天気は悪くなり、未明から雨が降っていた模様。
気温も随分下がって来ております。
それでも風は吹いておらず、台風が接近中とは思えません。
ネットやテレビの予報では台風19号の進路は変わらず。今夜18時頃には関西を直撃する様です。
どう考えても台風を避けるのは不可能な為、いっその事時間を後にずらして帰ろうかという事になりました。
予報通りなら、夜中には台風は東海へ抜けている筈。
もし午前中に出発しても渋滞に巻き込まれるのは必至ですし、高速道路さえ通行止めにならなければ遅くした方がすんなり帰れそうです。
この時点で台風が上陸した九州でも高速道路は殆ど通行止めになっておらず、最初はかなり強力だと思われた台風19号の勢力も随分弱まった様子。

P1070265_convert_20141019114824.jpg

この日のイルマーレ(プール)は10時オープン。
そこで9時オープンの道の駅へ野菜の入荷状況を見に行きました。
いつもは見ない新鮮な野菜が大量に入荷しており、よく知っているもので雨の中多くの人が来店されていました。
嫁さんもいろいろと野菜を物色、きのこを色々と買っておりました。

P1070268_convert_20141019114940.jpg

10時前にプールのフロントへ行くと、どうやら我が家が一番乗り。
オープンすると取り敢えずプールサイドのソファを人数分確保してから着替えます。
この日の大波は11時、12時、13時、14時、15時~と、1時間おきのスケジュール。
11時の大波で遊んでからチェックアウトの為、私だけ一旦プールから出ます。
イルマーレはレシートさえあればその日の内に何度でも出入り出来ますし、同じロッカーを使いたければキーをプールのフロントへ預ける事も出来ます。

P1070271_convert_20141019115051.jpg

フロントに向かう途中、屋外に出てみたら霧で真っ白でした。
やはり天候は荒れそうです。

P1070273_convert_20141019115214.jpg

P1070275_convert_20141019115357.jpg

P1070279_convert_20141019115633.jpg

P1070274_convert_20141019115307.jpg

P1070277_convert_20141019115504.jpg

プールに戻ってからはカフェで食事です。
焼きたらこスパゲティ(650円)、ナポリタン(650円)、チーズグラタン(700円)、ビーフカレー(800円)、揚げ物セット(1200円)。
メニューが少し変わりました。

P1070292_convert_20141019115800.jpg

もう少し遊んでから3時前にはプールから出ます。
息子は何やらロビーでゲームに熱中。
私と嫁さん、娘の3人はピーマン通りのベーカリーカフェ「panpapan de cafe」で一服しました。

P1070102_convert_20141019002948.jpg

ここは基本パン屋さんなのですが、イートインコーナーと言うよりは立派なレストラン風の喫茶室があり、店内のパンやオリジナルの料理、デザートを食べる事が出来ます。
以前から気になっていたのですが、今回初めて中で食事をする事が出来ました。

P1070305_convert_20141019120152.jpg

娘は「海苔の和風パスタ」を注文。
コシのある生パスタを使用し、ソースも美味しかったです。

P1070303_convert_20141019115928.jpg

P1070304_convert_20141019120102.jpg

私と嫁さんは「カスタードクロワッサン」のコーヒーセットを注文。
嫁さんはシュガーパウダーのかかったものを、私はチョコレートを頼みました。
パリパリの生地の食感も素晴らしく、温かなコーヒーも美味しく頂きました。

4時には最後に「もくもく湯」へ。
今年から営業時間が変わっており、正午から4時まではメンテナンスの為に閉まっております。
この時点で既に本格的に雨が降り始めており、露天風呂では随分寒い思いをしました。

5時にはホテルを出発。
小淵沢インター近くのセブンイレブンで必要な物を買い込んで、中央道を一気に西へ向かいます。
予想通り道路は空いており、通行止めになっている区間は今のところ中央道も名神もありません。
休憩無しで恵那峡SAまで進み、ここで給油。
ただ土岐で小型トラック転倒の事故があり、ちょっとした渋滞に巻き込まれました。
この付近から風雨が強くなり始め、7時過ぎに名神に入ると強烈な暴風雨で前が見えなくなりました。
流石に危なくなって来たので次の休憩地に選んでいた多賀SAを諦め、手前の養老SAへ入りました。

P1070307_convert_20141019120558.jpg

P1070308_convert_20141019120637.jpg

P1070311_convert_20141019120748.jpg

P1070312_convert_20141019120825.jpg

ここで遅めの夕食を食べる事に。
テレビのニュースでは台風は大阪へ上陸した模様。
今が暴風雨のピークの様です。

P1070313_convert_20141019120908.jpg

食事を終えると多少は雨の勢いも収まっており、再び車で名神を西へ。
京都へ入ると雨は止みましたが、ハンドルが取られるくらいの強風が吹き始めました。
10時過ぎには西宮インターを通過、何とか無事に戻って来れました。
…と思った矢先、家の近所の高層マンションのビル風に巻き込まれ、車右後部のドアバイザーが音を立ててもぎ飛ばされてしまいました。
ゴミを捨てておく訳にも行かないと思い回収しようと下車しましたが、あまりの強風に身の危険を感じ(バイザーも見つからない)、そのまま帰宅する事に。
購入15年目の国産フォード・イクシオン、これまでも随分方々へ家族を運んでくれたものです。
この旅行でも随分過酷な運転に耐えて働き、最後の最後に破損しましたがお陰で家族は全員怪我一つ無く帰宅する事が出来ました。
2年後には廃車の予定ですが、もう少し労わって走れば良かったですね。
本当に感謝しています。

P1070315_convert_20141019124122.jpg



【2014/10/16 18:53】 | 小淵沢
【タグ】 小淵沢  リゾナーレ八ヶ岳  リゾナーレ  かつみ  やまと  こぶダイニング  イルマーレ  
トラックバック(0) |

よく食べる
こたつ猫
ブロクの感想は、ひとこと。

よー食べますなぁ(^^)


でも
台風の中、無事で何よりで楽しい旅だったことがにじみ出てました。お疲れ様てました。

Re: よく食べる
aki
こんばんは、こたつ猫様。
コメント有難うございます。

私は大の偏食家なのですが、旅行や遊びに行った記事を書くと必ず食べ物の事を書いてしまいます。
まあ、中でも小渕沢は食べ物の非常に美味しい所なんですが…。
また、遊びに来て下さいね。

コメントを閉じる▲
DSC02860_convert_20141018234751.jpg

小淵沢2日目。
この日は山歩きの予定。

P1070155_convert_20141019014024.jpg

昨夜、フロント前に案内されていた看板。
2年前も早朝散歩の無料参加がありましたが、今年も同じ様なイベントを行っている様子です。
朝食後、出掛ける前に1時間ほど参加する事にしました。

P1070156_convert_20141019014157.jpg

人数が多かったので、やはり2班に分かれて出発します。
第一駐車場の裏手から山へ入って行くのは同じ。
しかし順路は2年前と逆で、高圧線鉄塔へ先に出ました。

P1070158_convert_20141019020021.jpg

ここへは前回は来ませんでした。
大きな溜池ですが、近くを綺麗な湧き水が流れており、冷たくて気持ち良かったです。
カエルがいました。

P1070216_convert_20141019023218.jpg

さて、散歩を終えて車で出発です。
本日の目的地は「飯盛山」。
2年前、獅子岩~吐竜の滝へ行った時に駐車した平沢峠の駐車場に車を停めます。
リゾナーレからコンビニで昼食を買い込んで約1時間弱の行程。
到着は10時半でしたが、駐車場はもう満車に近い状態でした。

P1070160_convert_20141019020115.jpg

駐車場から八ヶ岳方面を眺めます。
曇りの為、2年前の様な絶景とは行きませんが、それでも晴れ間に見せる姿は雄大です。

P1070218_convert_20141019023358.jpg

駐車場からの入山口。
大勢の人達が登って行きます。
早い人はもう下山されて来ており、多くの人とすれ違いました。
皆さん、「こんにちは」と声を掛けて下さいます。
犬連れの人が非常に多かったですね。
それ程険しい山道でもなく、ハイキング程度の登山なのでファミリーにも最適です。

P1070168_convert_20141019020234.jpg

P1070174_convert_20141019020401.jpg

この日は終日天気は安定しているとの事でしたが、台風接近中の為に流石に雲は多いです。
下界を見渡せる場所も、視界いっぱい雲で真っ白。

P1070177_convert_20141019020446.jpg

尾根道に差し掛かると勾配はかなり緩やかになり、足取りも軽くなります。
雲が霧の様に掛かって来ており、非常に気持ち良かったです。
寒さを覚悟してかなり着込んでいたのですが、登っている時は逆に暑く、直ぐに薄着になりました。

P1070182_convert_20141019020651.jpg

P1070183_convert_20141019020826.jpg

飯盛山頂上手前の広場。
人が多い頂上を避けて、ここでお昼を食べている人も多かったです。
ただ雲(霧)で視界が非常に悪く、今日は眺望は期待出来ないなぁ…と覚悟はしていました。
まあ、台風前に登山出来ただけでも十分です。
晴れていればここから飯盛山頭頂部全景が見えるはずです。

P1070184_convert_20141019021651.jpg

広場から再び登り始めます。
駐車場から1時間弱、広場からは10分も掛からず山頂へ。

P1070191_convert_20141019022026.jpg

飯盛山山頂。
「いいもり」ではなく「めしもりやま」と読みます。
由来は山の形が飯を盛った様な姿だからとか。
登頂して暫くすると、突然雲が晴れて周囲が開けて来ました。

P1070190_convert_20141019021945.jpg

DSC02861_convert_20141018234902.jpg

姿を現した八ヶ岳。
今日は無理と思っていた大パノラマを見る事が出来ました。

P1070189_convert_20141019021850.jpg

更には雲海の上に浮かぶ富士山まで。
スカッと晴れた日もいいですが、この様な幻想的な風景もまた格別です。
出発地の駐車場が標高1450メートル、飯盛山が1643メートルなので、高低差200メートル弱の山歩きです。

P1070199_convert_20141019022212.jpg

P1070200_convert_20141019022338.jpg

突然晴れた山頂は大勢の人でごった返していましたが、丁度12時になり構わずコンビニ弁当とカップラーメンを広げる事にしました。
山頂部は多少冷えるので、温かなカップ麺は美味しかったです。

P1070202_convert_20141019022505.jpg

飯盛山でおにぎりを食べます。

P1070206_convert_20141019022741A.jpg

昼食後に家族で記念撮影。

P1070213_convert_20141019023015.jpg

そして一気に下山。
水筒の中のお湯も減り、ペットボトルのお茶も殆ど無くなった為、身軽になりました。
下りは40分程度の行程。

P1070219_convert_20141019023506.jpg

駐車場に着くと、車が随分減っていました。
午後からは登山客も減るらしく、すれ違う人も殆どいません。

無事下山、とにかくこの旅行の最大の目的であった登山が達成出来、ホッとしました。
意外と手軽に見事な眺望が体験出来て、この飯盛山は本当に楽しかったです。
家族連れにはお勧めのコースですね。

P1070222_convert_20141019024340.jpg

さて、この後の予定はいつものパターン「シャトレーゼ工場見学」。
勿論、目的はアイスの無料試食!

P1070223_convert_20141019024945.jpg

2年前から完全予約制となり、ガイド付きの工場見学の一環として試食時間も20分程度に制限されていたのですが、今年は再びシステムが変わり、フリー見学が可能となりました。
一応、予約も受け付けていますが、現在では予約無しでの見学も受け付けており、誰でも自由に参加出来ます。
ただ、混雑時にはゲートでの待機も予想され、出来る限り予約での訪問をお勧めします。
ガイド付きの見学も行われており、こちらは要予約。大人気の様で、早々に定員が埋まります。

飯盛山からの移動に結構時間が掛かり、到着は2時半。
実は3時(本日最終)の予約を入れていたのですが、以上の理由から早目の入場も可能だと踏んで2時くらいの入場を目論み、中でゆっくり試食しながらネット実況でCSを楽しむつもりだったのです(弟はこの日も甲子園で観戦中)。
到着してゲートで予約者である旨申請すると、案の定直ぐに通してくれました。
駐車場が新しく整備されており、今までの様な工場の建物の間ではなく、専用駐車場へ案内されました。

P1070225_convert_20141019025117.jpg

1階部分の売店はそのままですが、2階の受付正面にあったビデオの上映室が無くなっており、靴の履き替え部屋になっていました。

P1070229_convert_20141019025318.jpg

P1070231_convert_20141019025624.jpg

P1070232_convert_20141019025813.jpg

パネル展示等はそのまま、工場への通路は大きく改装されており、綺麗になっていました。
ガイド無しでも2年前に整備された見学コースを歩く事が出来ます。

P1070245_convert_20141019030402.jpg

P1070246_convert_20141019030504.jpg

目的地の展望・試食室。
明らかに去年より人が増えています(倍以上?)
それも小さな子供がアイス片手に走り回り、そこら中にペタペタ落として行きます。
スタッフの人達が大忙しで掃除&補充をしていました。

P1070240_convert_20141019030012.jpg

部屋の中央に並べられた冷凍庫には十数種のアイスが入っており、途切れる事無く補充されています。
大好物のチョコレートバーが無かったのが残念でしたが、クッキー&チョコのカップが美味しくてお代わりしました。

1時間近く滞在しもう満腹。
CSの方は能見×大瀬良の投げ合いで0対0の投手戦の模様。
2位のアドバンテージで引き分けでもファイナル進出が決まる阪神、これは面白くなって来ました。

P1070250_convert_20141019030644.jpg

3時半、シャトレーゼを離れます。
ここで一旦道の駅へ向かい、旅行のお土産を済ませてしまいます。
台風接近の為、場合によっては明日買い物の時間すら無いかも知れないからです。

5時、夕食へ向かいます。
目的地は再び「こぶダイニング」。
実はこの旅行、今回は「こぶダイニング」へ2回行こうと決めていたのです。
当然の如く誰からも異存が出なかったので、空いている事を願って直行。

夕暮れのお店には誰もお客さんはいませんでした。
しかしながら我が家が入店して直ぐに6人グループがやって来て、あっと言う間に店内が埋まりました。
もう誰も入店出来ません。
「やっぱり運がいいねぇ」
シェフが笑いながら話し掛けてくれました。
本当ならもっと遅い時間に夕食にする筈なのですが、このお店はシェフの体調のせいもあり18時閉店。
5時というのは絶妙な時間帯だったようです。

娘はチキンソテーを、私と息子はシンプルハンバーグを、嫁さんは気になっていた鹿肉のステーキをオーダー。4人ともAセットをつけました。
オーダーはそのまま通り、厨房からはペタペタとパテを捏ねる音が聞こえて来ます。
「昨日の付け合せはしし唐だった?」
私たちに尋ねるシェフ。昨日嫁さんがきのこを、私がズッキーニを絶賛していたので、何やら付け合わせを考えておられる御様子。

注文がバラけましたがこの時点では店内はまだ我が家だけでしたので、まあ大丈夫だろうと思いお願いしました。
ところが私たちの後からやって来た6人グループも全員オーダーがバラけた模様。
「注文がバラバラだと時間が掛かっちゃうよ!」
シェフの突込みにもめげず、皆さん自分の食べたい料理で通されていました。

P1070256_convert_20141019030800.jpg

「チキンソテーのトマト煮込み」。
娘は鶏が大好きで、ここのチキンをいつも頼みます。

P1070258_convert_20141019031048.jpg

「シンプルハンバーグ」。
このお店の定番中の定番。
昨日のハンバーグとはまた違った、素朴ながら深い味わいが楽しめます。

P1070257_convert_20141019030914.jpg

「鹿肉のステーキ」。
赤ワインソースにきのこがてんこ盛りです。
お肉は中心部がほんのり赤く、よく火が通っており、癖も全くありません。
全ての料理にはズッキーニのソテー、茄子の天ぷら、人参、きのこのコロッケが添えられていました。

シャトレーゼで満腹に近い状態だったのに、入る所は違うようです。
本当に美味しかった…。
至福の時はあっという間に過ぎて行きました。
「鹿肉は誰が食べたの?」
厨房からシェフが尋ねて来ます。
嫁さんが手を上げ、「きのこが一杯で美味しかったですよ」。
「鹿肉は本当は癖が無いんだよ」
シェフがいろいろと説明してくれました。
後から来られたお客さん達にも、もう私達が何回も毎年通っていると紹介して頂き、「もう何回目?」と訊かれた際とっさに「7回ぐらいかな」と答えてしまいましたが、後で計算するともう9年目、計10回の訪問でした。
「これから帰るの?」
「いいえ、明日です」
「神戸まで台風に向かって大変だね」
「出来るだけ早めに帰ります」
基本的に長期の閉店は無いようですが、リゾナーレがメンテナンス休業する1月の10日間程度は極端に客足が遠退くのでお休みするそうです。
その他はフェイスブックで順次情報をアップされるとの事。

食事中、17時40分頃、ライトスタンドの弟からメールが来ました。
「ヒキワケタデー!」
遂に阪神初のファイナル進出です。
パ・リーグは昨日負けたオリックスがT岡田のHRで勝ったみたいです。

P1070260_convert_20141019031208.jpg

外に出ると、もうすっかり日が暮れています。
また来年来ますね。
その時は3日連続でもいいなぁ。

P1070262_convert_20141019031622.jpg

帰りに再び「やまと」で明日の朝食を仕入れ、ホテルに戻ってからは「もくもく湯」にゆっくり浸かり疲れを取ります。
台風の進路は列島縦断コース。
明日は早く帰るか、プールへ行くか。起きてから決めます。



【2014/10/15 00:54】 | 小淵沢
【タグ】 小淵沢  リゾナーレ八ヶ岳  リゾナーレ  かつみ  やまと  こぶダイニング  阪神  甲子園  シャトレーゼ  
トラックバック(0) |
11日からの3連休、小淵沢リゾナーレへ家族で旅行しました。

P1070101_convert_20141019002851.jpg

毎年恒例になっているこの旅行、今では我が家で1年に唯一の家族旅行になっています。
9度目のリゾナーレ、いつまでこの4人で旅行が出来るでしょうかね?

2週連続で大型台風接近中。
前日の夜まで台風情報をまめにチェックしていましたが、どうやら帰りの日(13日)の夜から翌早朝にかけてが関西直撃の模様。
朝、7時半に出発。
近所のドライブスルーで朝マックを買い込み、そのまま名神高速へ。
吹田のSAでのトイレ休憩を挟み京滋バイパスへ入りましたが、流石は連休初日、ちょっとした渋滞に巻き込まれました。
20分程度で渋滞を抜けると、そのまま名神に再合流。
10時、多賀のSAで小休止。
その後は一気に小牧JCTから中央道に入り、いつもの様に恵那峡SAで休憩します。

P1070061_convert_20141018235003.jpg

ここから中央道は御嶽山を回り込むように伸びている訳ですが、最短距離でも数十キロあります。
また駒ケ岳のような高山に遮られる形になるので、御嶽山はまず見えません。
唯一、恵那~中津川付近からは障害物が無さそうに思えたのですが、直線距離で50キロ以上。
噴煙ぐらいは見えるかと思いましたが、視界が悪くよく判りませんでした。

P1070062_convert_20141018235136.jpg

P1070065_convert_20141018235243.jpg

ここではいつも小腹が空くので(この日は丁度12時でした)、何かと買い食いしてしまいます。
息子は「飛騨牛コロッケバーガー」(朝マック食べたばかりなのに)を、娘は「鶏皮焼き」を頂きました。

20分ほどの滞在で恵那峡を出発、再び中央道を東へ。
小淵沢インターへの到着は午後2時。
約6時間(走行距離400キロ)の旅程でした。

P1070090_convert_20141019000639.jpg

P1070086_convert_20141019000328.jpg

到着直ぐに遅めの昼食。
今年は真っ先に「こぶダイニング」へ直行します。

P1070089_convert_20141019000535.jpg

1年振りの「こぶダイニング」。
昨年のオープン以来盛況の様で、「エヌ・サーティ」時代には無かったフェイスブックによる情報提供もあり、メニューの事前チェック等楽しみも増えました。
混雑を予想していましたが、店内のお客さんは1組(4人)のみ。
スムーズに入店出来ました。
「こんにちは」
家族全員厨房に挨拶しながら店内へ入ると、「あれ、今年は夏じゃないの?」とシェフの元気なお返事。
やっぱり憶えていてくれていました。
「いつもは9月なんですが、今年は休日の都合でこの時期になりました」
…本当は甲子園観戦で9月の連休が潰れ、この連休も危うくCSで来れなくなる所だったなんて言えません。
「空いている時に上手く入って来るね、いつも」
ニコニコ顔で話し掛けてくれるシェフ、これはかなり詳しく憶えられているようです。
聞くと2時~4時は比較的空いているとの事。
「やっぱりタイミングが良いですか?」
「いいよ。いつもス~ッと入って来て座ってるもん」
普通の人が聞いても、何の話か判るまい。

P1070087_convert_20141019034512.jpg

本日のスペシャルメニュー。
嫁さんはジビエ料理の鹿肉に非常に興味をそそられた様ですが、この日は私と息子の3人で「ハンバーグ山のきのこクリームソース」をオーダー。
娘は「チキンソテー香草パン粉焼き」を頼み、全員Bセット(スープ・サラダ・ライス・コーヒーor紅茶)をつけました。
オーダーが通り、早速厨房からはハンバーグのパテを整える「ペタペタ」という音や、フランベの豪快な炎が見えます。

P1070074_convert_20141018235651.jpg

スープは「新米のポタージュ」。
ラティス時代に頂いた優しい味はそのままです。
この先、冬には定番「オニオングラタンスープ」。そして春には「こぶしの花のスープ」へとメニューが変化するそうです。
「冬だったらオニオンスープが美味しいよ」
シェフは満面の笑みで話してくれます。
知ってますよ、勿論。もう何年も味わっていませんが、子供達も大絶賛。
シェフも自慢の一品なんでしょう、何とも冬に来て欲しそうな口振りでした。

P1070075_convert_20141018235804.jpg

サラダ「ズッキーニのごま油ポン酢和え」。
これがまた絶品。ズッキーニの瑞々しさが見事に生きています。

P1070077_convert_20141018235947.jpg

「チキンソテー香草パン粉焼き」。
この時期限定の季節メニューです。
ホワイトソースに乗ったチキンソテーは香草とくるみと一緒に香ばしく焼かれており、トッピングはきのこの天ぷら、むかご、栗、サツマイモ等。

P1070083_convert_20141019000144.jpg

「ハンバーグ山のきのこクリームソース」。
しっかり味の利いたハンバーグにきのこを煮込んだクリームソース、そしてしし唐、きのこのコロッケ、なすの天ぷらがトッピングされています。
「きのこを一杯入れたのに、全部小さくなっちゃった」とシェフ。
それでも秋の濃厚な味を満喫です。

P1070082_convert_20141019000100A.jpg

シェフが直接採って来た、きのこ各種。
わざわざテーブルまで持って来て披露して頂きました。
凄い種類のきのこが使用されています。

空腹もあって、あっと言う間に完食。
食後のコーヒーを頂き、満腹状態になりました。
「こっちでは何処へ行くの?」
「明日はハイキング程度の山登りをするつもりです」
御嶽山噴火の影響は風評被害くらいで全く無いとの事。
「明日か明後日、また来るかも知れません…」
前振りだけ残して、この日は失礼することにしました。

さて、この日はプロ野球クライマックス・シリーズの第一戦。
セ・リーグは甲子園阪神対広島、パ・リーグは京セラでオリックス対日本ハムという関西での対決。
両ゲーム共に14時試合開始で、食事中も非常に気になっていました。
ところが山梨県では全く無関心のようで、テレビ中継はおろかラジオ実況もありません。
外出先から娘のスマホでチェックすると、0対0の投手戦の模様。
先発はメッセ×前田。

P1070092_convert_20141019000757.jpg

食後は道の駅・小淵沢へ。
お土産はいつもここで買うのですが、実は新鮮な野菜も格安で販売されており、いつも嫁さんはここへ寄るのを楽しみにしているようです。

P1070093_convert_20141019000922.jpg

道の駅にある足湯。
冬季は閉鎖されていますが、この時期は18時まで開放されています。
長旅の後、ちょっと和むにはいい場所です。

すると私の携帯にメールが。
いつも阪神関連の記事でお世話になっている「こたつ猫」さんからです。
実は弟の為にエントリーしたCSチケットが重複当選してしまった為、1組(ライトペア)を引き取って頂いたのですが、その弟と甲子園で遭遇した模様。
緊迫した試合展開の中、こたつ猫さんと弟から頻繁にメールを送ってもらい、その緊張感が伝わって来るかのようでした。
因みに弟によると、チケットは3日共完売状態で当日券は無かったとの事。
余計な心配だったようですが、僅か半日で全席売り切るとは流石ですね。

P1070100_convert_20141019001046.jpg

リゾナーレ到着。
出店が立ち並ぶピーマン通りはハロウィン一色です。
去年コーヒー豆を買った「ふくろう珈琲」さんがまた出店されていました。
この日はアップルパイを頂いたのですが、これがまた非常に美味しかったです。

P1070103_convert_20141019003106.jpg

P1070104_convert_20141019003351.jpg

P1070108_convert_20141019003532.jpg

P1070109_convert_20141019003702.jpg

P1070112_convert_20141019010330.jpg

P1070113_convert_20141019010457.jpg

ピーマン通りの店舗も幾つか入れ替わりがあった様子で、以前よりはイートイン出来るお店が増えた様に思えます。
出来ればこの旅行中に1店舗くらいは食べに入りたいものです。

そこへ弟からメールが!
「福留、凄ぇっ!」
どうやらバックスクリーンへホームランを叩き込んだ様子。
阪神、遂に前田を攻略、勝ち越しに成功です。

結局試合は阪神がそのまま逃げ切り、CS初戦を勝利しました。
しかし山梨のテレビ局は全く無視。夕方のニュースでもパ・リーグの映像は流れていたのに、セ・リーグはその映像の下の方に試合結果が表示されているだけでした。

P1070143_convert_20141019012030.jpg

夜のリゾナーレ
夕食時で混み合う「YY grill」です。
ホテル直営のレストランは、ビュッフェ形式のこことメインダイナーであるイタリアン「OTTO SETTE」の二ヶ所。
いつも近所の安くて美味しいお店に行くのですが、その内ホテルのレストランでも食事してみたいです…。

P1070135_convert_20141019011713.jpg

で、本日の夕食は例年通り「かつみ食堂」へ。
こぶダイニング」で遅めの昼食をした後なんですが、結構お腹が空いて来ました。

P1070129_convert_20141019010853.jpg

ジンギスカン定食。
子供達も食べたがったので、肉だけ1人前追加しました。

P1070131_convert_20141019011050.jpg

子供達の目的はこのラーメン。
通常は500円。
写真は+100円の大盛り。
安くて美味い!

P1070134_convert_20141019011620.jpg

チャーハンも美味しかったです。

P1070137_convert_20141019011937.jpg

ホテルへ戻る途中、小淵沢インター前のスーパー「やまと」で朝食を仕入れます。
地元の食品スーパーは中々面白く、嫁さんはここでも朝食用の野菜を買っていました。
ここの弁当は、何か更に安くなったような気がします。

P1070122_convert_20141019010757.jpg

夜のピーマン通り。
例年と同じ装飾ですが、ライティングは徐々に凝って来ています。

P1070147_convert_20141019013809.jpg

いつも土曜日は夜のガーデンチャペル「ZONA」でイベントがあるのですが、今年もライトアップと一般公開がありました。
夜の9時半からと10時からの2回。
昔は中で小さなコンサートをしてくれたのですが、去年からは公開だけのようです。

P1070145_convert_20141019013726.jpg

今年はロビーで事前のガイダンスもあり、世界的デザイン賞「D&AD AWARDS」を受賞したガーデンチャペルのアピールがされていました。
私達が参加したのは9時半の部、大勢の人が集合しています。

P1070148_convert_20141019013937.jpg

去年同様、ホテルの正面エントランス側からガーデンへ入って行き、池を挟んで「ZONA」のライトアップを眺めます。
コンサートのあった時は反対側からチャペルの内部へ入りました。
クリスマス期間中にはコンサートも復活するtの事。
…でも寒そうですね。

部屋に帰るともういい時間。
全国ニュースで初めてCSの映像を確認、福留のホームランを観る事が出来ました。
日曜は山へ登るつもりです。



【2014/10/14 23:36】 | 小淵沢
【タグ】 小淵沢  リゾナーレ八ヶ岳  リゾナーレ  かつみ  やまと  こぶダイニング  阪神  タイガース  甲子園  
トラックバック(0) |