アナログ人間の独り言~阪神タイガース・映画・サブカルチャー・旅行等々
今年の1月、パイオニアが遂にレーザーディスクプレイヤーの生産終了を発表しました。

もともと、2002年に一度生産終了を検討中と発表された事があり、その時に多くのユーザーから生産継続の強い要望があった為、今まで細々と生産されていたという経緯があったのですが、パイオニア自体が慢性的な赤字体質を抱え、大幅なリストラが必要となった今、とうとうこのような事態となった次第です。
しかし逆に言うと、長年続く赤字の中で、よくパイオニアは今まで生産継続してくれたものだなあとも思います。

FC2 Blog Ranking



80年代後半から90年代末期までの約10年間は、LDの最盛期であると同時にパイオニアの黄金期でもありました。
かつてはオーディオメーカーとして名を馳せたパイオニアが、VHDとの規格戦争に勝利してAV機器では完全に主導権を握り、遂には松下やソニーと共にアメリカ映画会社に出資するまでになったのです。

私の社会人1年生になって初めての大きな買い物が、このパイオニアレーザーディスクプレイヤー「LD-8200D」でした。
以後、気に入った映画のタイトルは、全てLDで揃えました。
初めて買ったのはデッキと同時に購入した「エイリアン2」。
以後、「ダイハード」「バットマン」「インディジョーンズ3」「ゴースト」「ターミネーター2」「トータルリコール」「ジュラシックパーク」「インディペンデンスデイ」「タイタニック」等…。殆ど毎月何かを買っていました。
BOX物も結構買い、「スタートレックTNG」は全巻揃えています。

生産終了のニュースを見た時、これはヤバイと思いました。
DVDが普及してからは殆どLDを見る事が無かったのですが、家にある数百枚のLDソフトが今後見れなくなる可能性があるからです。
最初に買った「LD-8200D」は実に頑強で、今でも故障もせずに動きます。
しかしもう購入して20年以上経つ訳ですから、今後どうなるかは判りません。
現行機種は既に予約完売で、新製品はもう入手不可能です。
仕方なく、「LD-8200D」をパイオニアに持ち込んでオーバーホールを頼んでみました。驚いた事にまだ結構部品が保管されてはいたのですが、肝心のピックアップ部の在庫がもう無いとの事。
これが無ければいくら他を新品に代えたところで、意味がありません。

結局オーバーホールは諦め、パイオニアの担当者の方が勧めてくれた機種を、ネットオークションで入手し、それをオーバーホールすることにしました。

入手したのは「CLD-HF9G」、パイオニアが画質にこだわって世に出した最後の高級機種で、落札価格がリモコン・説明書付きで12000円。
オーバーホールが、モーター、ピックアップ、ベルト等の交換を含めて約23000円。
嫁さんは醒めた目で見ていましたが、これで何とか我が家に新品同様のLDプレイヤーが復活しました。

実際、アニメや特撮ものではDVD化されていないものも結構あり、いずれこれらをパソコンに取り込んで救済出来ればと思うのですが…。
多分、やらないだろうな…。

FC2 Blog Ranking


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2009/06/14 23:11】 | 家電
【タグ】 レーザーディスク  
トラックバック(0) |
思いつきでブログを始めました。
最近、仕事以外では何もやっていなかったので…。
映画・アニメ・野球等、自分の趣味を中心に書いていきます。
不健康なブログになりそう…。

【2009/06/14 21:15】 | 未分類
【タグ】 くろのす  
トラックバック(0) |