アナログ人間の独り言~阪神タイガース・映画・サブカルチャー・旅行等々
ディーラーからDMが来ていましたので、本日見て来ました。

KIMG0577_convert_20171108001551.jpg

フォルクスワーゲンアルテオン(Arteon)。
新登場となるクーペスタイルのスポーツセダン。
同じVWのセダン・パサートよりも少し大きく、ファストバックというスタイルを採用した結果、普通のサルーンよりかなりデザインが流麗になっています。
一方でルーフが低い割には後席はそこそこ広く、ラゲッジスペースもワゴン並みの積載量を実現。
グレードは「R-Line 4MOTION」と「R-Line 4MOTION Advance」の2種。
写真の展示車はサンルーフ仕様車なので、多分高い「Advance」の方(コンソールのメーター類も液晶デジタルでした)。
フルタイム4WD、最高出力280馬力。
スポーツカーの走りが楽しめる実用車と言った感じで、その実力は運転してみない事には判らないでしょう。
価格だけ見たら高級車には違いないのですが、装備面は現時点でのVW最高水準の安全設備と内装を備えており、相変わらずそのコスト以上のパフォーマンス充実度は凄いです。
ライバルは「メルセデス・ベンツ・CLSクラス」と「BMW・4シリーズクーペ」であるとVWは明言しており、単純な性能比較は無理ですが、これですとグレードによってはライバル車より数百万程安く買える事になります。
また同じグループ会社であるアウディのA5スポーツバックを、性能・装備・価格面で完全にターゲットにしており、今後国内においてどこまで成績を伸ばすかが注目されています。

フォルクスワーゲンは今回のアルテオンを、日本国内においてはパサートに代わるフラッグシップカーとして位置付けられているそうですが、来年にはディーゼルエンジン搭載のパサートが発売されます。
遂にVWジャパンがディーゼルの封印を解く訳ですが、今後他の車種にも拍車をかけて拡大されるであろうこのディーゼルエンジンとEV化がVWの日本市場におけるシェア奪回の鍵になりそうです。
個人的には「POLO」の3ナンバー化が悲しい…(本当はVWで一番気に入っているデザインがPOLOなのです)。

運転席には座れましたが、残念ながらスマートキーが無かったのでラゲッジスペースは見れず。パワーゲートなので、リアハッチが開かなかったのです。
コンソールのデジタルメーターも生で観れませんでしたし…。
展示会なのにこれは少し不親切では?
商売っ気が無いと言うか…。
そう言えば営業も接客しておらず、ろくな説明もありませんでした。
かなり購買層を絞った車なんでしょうね。

私の方も、実は今日の本当の目的はウインドウォッシャー液の補充。
先日の台風の中、突然警告音と共に「ウォッシャー液を補充して下さい」のサインが出ました。
普通なら暫くそのままにしておくのですが、トゥーランは4~5分置きに大きな警告音と共にこのサインが出るので落ち着いて運転が出来ません。晴れの日でもお構いなしです。
それで今日、適当に補充してやれとマニュアルを読んだところ、「VW推奨のウォッシャー液とその他の液を混ぜないで下さい」との事。
…ウォッシャー液ってどれでも同じじゃないのか?
電話でディーラーに訊いたところ、「はい、違います」。
ウチのトゥーランは「メンテナンス・サポート」のサービスに入っていましたので、無料で補充してもらいました。
多分、調べれば様々な代用品はあると思うのですが、輸入車は国産車以上にオプションの縛りがきつく、ディーラーに頼まなければ非常に高いリスクの自己責任を負う事になります。
それ故、タイヤチェーンもまだ買えていません。
将来、タイヤ交換時は相当悩みそうです。

SA3E0041_convert_20171108001439.jpg

車がピットにいる間、商談室で一服。
カフェラテを頼んだら、こんな可愛いラテアートが。
暫く飲めませんでした。

SA3E0042_convert_20171108001609.jpg

今日はアルテオン展示会フェア期間中でしたので、プレゼントがありました。
オリジナル・キーホルダー+アンリ・シャルパンティエの焼き菓子。
お菓子は以前にも同じものを頂きましたね(嫁さんと娘が喜んでいました)。
キーホルダーは小さいながらもお洒落なデザインで気に入りました。
今使っているフォードのキーホルダーをこちらに変えようかな?

スポンサーサイト

【2017/11/04 18:40】 | マイカー
【タグ】 VW  ゴルフ  トゥーラン  フォルクスワーゲン  アルテオン  
トラックバック(0) |
昨日と本日、イオンモール神戸北にて開催。

P1120250_convert_20170807235206.jpg

昨年大好評だったフォルクスワーゲンの体験イベント「Try!Try!Try!」が、今年もイオン神戸北へやって来ました。
既に大阪では7月にイオンりんくう泉南で開催されており(去年はイオン日根野でした)、神戸は全国で3番目の開催地。
実は昨年、このイベントで最も多い人数を動員したのが、この神戸北らしいのです。

最近のフォルクスワーゲン
ティグアン、UP!、ゴルフとモデルチェンジが続き、その安全装備や先端技術の充実度が半端ではありません。
先日、シャランと共に限定台数で発売されたトゥーランのテック・エディションはその最たるもので、ハイラインではあまり必要を感じなかった装備を省き、代わりに安全装備をワンランクアップ。その上最先端のパークアシストや、正規輸入のRラインにさえ装備されていないパワー・テールゲートまで装備。
ナビを含めた価格を考えると、それでも現行ハイラインよりお買い得という価格設定。
車は後になる程、良い物が出て来ますね。

P1120241_convert_20170807234901.jpg

P1120243_convert_20170807234943.jpg

屋内会場は昨年同様、モール東端の「すずらんコート」。
イベントの受付や商談ブースはここにあり、展示車としてミニバン「トゥーラン」「シャラン」が置かれていました。

P1120246_convert_20170807235020.jpg

今年は少し西の「すずらんコート」にもブースがあり、ゴルフとビートルが展示。
試乗会の案内がされていました。
試乗会場は昨年と同じ屋外平面駐車場。

P1120247_convert_20170807235128.jpg

私のお目当てはVW車の試乗会。
正規輸入車の全ラインナップが揃えられ、アンケートに応えればどれでも試乗が可能。
待ち時間は10分程度。
早速「ティグアン」の試乗を申し込んだのですが、この車種だけ「パークアシスト」の実演に回されており、普通の試乗は無理で屋外の会場での申し込みが必要とか。
それで仕方なくシャランを試乗する事に。

P1120236_convert_20170807234558.jpg

これは屋内展示のシャラン
試乗車は青でした。
デザインはトゥーランとそれ程変わらないものの、大きさは一回り大きく車幅は1900を超えます。
エンジンはトゥーランと同じなので車重が重い分非力さを感じるかも知れませんが、試乗コースの短い会場ではそれ程違和感は無く、トゥーランと同じ安定感を楽しみました。
担当してくれた同乗者はVW宝塚のセールスさん。
トヨタ系のディーラーさんはこのイベントには積極的ですね。
商談ブースで暫く話し込ませて頂きましたが、買い替えの予定も無いのでお邪魔になると悪いと適当なところで退席。
「ぜひ一度来店して下さい」とお誘いを頂きました。
そう言えば去年お世話になった神戸西にも結局行けず仕舞いだなあ。

ティグアンのパークアシスト体験をしたかったのですが、結局午前で終了となり、代わりに試乗車が復活したのでもう一度試乗にトライする事に。
今回の担当の方は東京からイベントの為に来られた方。
「神戸ってこんなに暑いんですか?」と、かなり驚いておられました。
悪いけど暑いのは神戸でなくて、関西自体が東京より夏は暑くて冬は寒いのだよ。
SUVのティグアントゥーランと同じエンジンで馬力も同じ。
車のサイズも似ており、実に運転しやすく、直線ではちょっと踏み込ませてもらいました。

P1120238_convert_20170807234739.jpg

P1120240_convert_20170807234824.jpg

これは屋外会場に展示されていたトゥーランRラインのイベントラッピングカー。
この内の1台がVR体験車となっており、ゴーグルを使って運転の疑似体験をさせて頂きました。
実際に運転する訳でも無いので、無免許でも子供でも遊べます。
因みに車はトゥーランなのですが、ゴーグルの映像はティグアンというちょっと不思議なイベントでした。

P1120258_convert_20170807235252.jpg

P1120259_convert_20170807235323.jpg

今日の収穫。
アンケート&試乗でオリジナルグッズプレゼント。
頂いたのはパサートのキーホルダーと、VWバスのホッチキス。
過去のキャンペーンイベント景品の流用の様ですが、去年のバンダナより余程豪華で嬉しかったです。

P1120183_convert_20170710000723.jpg

これは先日、ディーラーさんで頂いたクーラーバッグ。
甲子園での野球観戦に重宝しそうです。
なかなか実用性のある物を頂けて有難いです。
流石フォルクスワーゲン、国民車メーカーですね。


【2017/08/06 22:11】 | マイカー
【タグ】 フォルクスワーゲン  VW  ゴルフ  トゥーラン  Tiguan  ティグアン  シャラン  
トラックバック(0) |
本日、グランドオープンでした。

P1120172_convert_20170709235249.jpg

P1120173_convert_20170709235404.jpg

P1120176_convert_20170710000425.jpg

フォード西宮の跡地に建ったポルシェの中古車センター。
建物は恐らく躯体程度は活かしている様ですが、フォード時代の面影を全く感じさせない「ポルシェ」の店舗に生まれ変わっておりました。

KIMG0418A_convert_20170709234350.jpg

店内はたくさんあった商談ブースを潔くカット。
サービスカウンターも無くなり、キッズスペースのあったところに商談室を二つ設置していました。
トイレの場所は同じ。広かったソファールームはグッズ売り場になっています。
フォード時代は3台くらいしか入らなかった展示スペースですが、ポルシェは5台並べていました。

KIMG0417_convert_20170709234302.jpg

どれもが実用性皆無の高級スポーツカーばかり。
乗ってみますと、まるで地面に座っている様な視点の低さ。
内装は勿論、走らさなくても間近で見ただけで良い車というのは判ります。
部品一つ一つへの半端でない拘りが凄いです…。
それだけに維持費も想像を絶するものになるでしょう。

P1120169_convert_20170709235122.jpg

P1120177_convert_20170710000541.jpg

今日は家族連れも多く、比較的入りやすい雰囲気でした。
フォードという店舗のロケーションもあったかも知れませんが…。
サービス部門は完全に排除した様子で、ピットがあった建物は車両ガレージになっています。
本当の売れ筋であるSUV「マカン」やスポーツ・セダン「パナメーラ」はこの前と中にありました。

P1120157_convert_20170709234931.jpg

P1120159_convert_20170709234457.jpg

P1120168_convert_20170709235047.jpg

P1120162_convert_20170709234637.jpg

折角なので運転席に乗りました。
マカンもパナメーラもシートに座る分には「普通」の感覚ですが(フィット感は素晴らしいです)、見かけ以上に車体はデカいです。
価格を見た上で、前の2号線を転がす勇気は私にはありませんが…。
メーターとスイッチの多さが半端ではありません。
一方でドアノブみたいな「走り」に関係のない部品の安っぽさは、やはり輸入車共通の様ですね。

P1120182_convert_20170710000641.jpg

来店アンケート特典で頂いた記念品。
凄く立派なサマーグラスでした。
こんな物、フォードでも貰った事無いよ。
ちょっと使い様がありませんが…。


【2017/07/09 20:50】 | マイカー
【タグ】 フォード  フォード西宮  ポルシェ  ポルシェ西宮  VW  フォルクスワーゲン  
トラックバック(0) |
山口通いは通算9回目。
宇部へは4回目となります。

P1120144_convert_20170709194337.jpg

息子の大学での保護者懇談会。
片道452キロ×往復。
今回、往きは休憩なしの4時間50分の新記録更新。

P1120145_convert_20170709194619.jpg

P1120147_convert_20170709194744.jpg

帰りに立ち寄った福山SA
去年の「おろしとろろうどん・そば」が「ぶっかけとろろうどん・そば」として復活していました。
どうやら夏季限定メニューの様ですね。
美味しくてボリュームもあり、リーズナブル。このSA一番のお勧めです。

P1120153_convert_20170709194955.jpg

トゥーラン、復路で走行距離1万キロを突破。
昨年は代車のPOLOで4000キロ強走っているので、まずまずのペースではないでしょうか?

P1120156_convert_20170709195100.jpg

ACC作動中はファンクションモニターにオドメーターが表示されないので、トリップメーターを見ていました(各種走行データは別メニューで表示されるので、トリップメーターは納車時のまま)。
しかし10000キロの時点で表示は0に。
どうやらトゥーランのトリップメーターは10000キロでリセットされるみたいです(POLOは2000キロでした)。
因みに撮影は、勿論助手席の嫁さんです。

帰宅時間は23時少し前。
長距離運転にもかなり慣れて来ました。


【2017/07/08 23:57】 | マイカー
【タグ】 フォルクスワーゲン  VW  ゴルフ  トゥーラン  ACC  福山SA  
トラックバック(0) |
フォルクスワーゲンから新型「up!」発売案内のDMが届いていましたので、本日はだんじり~買い物がてらにディーラーへ立ち寄りました。

SA3E0005_convert_20170507010754.jpg

VWのエントリーモデルで、輸入車らしからぬ低価格を実現したリッターカー(製造工場はドイツ本国ではなくスロバキア)。
装備面では価格相応の割り切りが見られていましたが、今回の新型でもその辺は同じ模様。
近年はPOLOの価格値下げもあってそのプライスラインの存在意義が問われている様子でしたが、車格としては明らかに大きな差があります。
3~5ドアハッチバックの4人乗り。
後部座席を格納すると意外な程容量の大きい荷室空間が確保出来ますが、車体そのものが国産コンパクトカーより小さ目な感じなので、ファミリーカーとしては少し小さいかも知れません。
実際、近所ではup!を見る事は殆ど無く、圧倒的にPOLOの方が多いような気がします。
今回のモデルチェンジは見た目は然程変化は無く、ボンネットの傾斜角を急にしたり、新しい純正インフォテイメントシステムを採用した程度(ナビは基本スマホを接続して使用する仕様となっており、その辺はちょっと注意が必要)。

SA3E0006_convert_20170507010839.jpg

こちらはオーディオ面を強化された「up! with beats」。
ドアは小型車ながら、欧州車独特の重厚感を持った造りでした。

実はトゥーランのルーフレール・ウィンドウモールのアルミ部分に最近目立ち始めた白い「シミ」についての相談も兼ねて、今日は訪問しました。
結論から言うと、金属部分は磨いても問題ないとの事(逆に磨かないとシミは取れないそうです)。
近日中に試してみます。

また、最近ドアミラーにぶつけられたと思われる傷の補修についても相談。
これはプラスチック部品特有の特性を活かす補修方法を教えて頂き、取り敢えず目立たない程度に修復してもらいました。

あと、ブレーキダストによるホイールの汚れについても相談。
こればかりは頻繁に洗うしか対策は無く、ディーラーで扱える純正ブレーキパッドには低ダスト仕様の物は無いそうです。

DMには営業担当者の名刺が同封されていましたが、また名前が変わっていました。
1年で3人目です。
最後に挨拶をして頂きましたが、ピカピカの新人さんでした。
まあ、このディーラーに関しては仕方ないですね。
特に新車を買う予定も無いので、営業担当に拘る必要も無いかも知れませんし、フォードの時もそうでしたがサービスの方さえしっかりしていれば問題無いでしょう。
…店長さんは転勤では無く、退職でした。


【2017/05/05 23:05】 | マイカー
【タグ】 フォルクスワーゲン  VW  ゴルフ  トゥーラン    ポロ  POLO  up!  
トラックバック(0) |