アナログ人間の独り言~阪神タイガース・映画・サブカルチャー・旅行等々
あまりバラエティ番組は見ないのですが、昔やってた「料理の鉄人」が好きでしたのでこれは出来るだけ観る様にしていました。

今回の番組復活には、局サイドとしてはかなり無理をしていたようです。
バブル崩壊直後に贅を極めて莫大な製作費を掛けて製作された前シリーズに対し、今回ゴールデン昇格になったとは言え製作費は逆に大幅にカットされたとか。
このような豪勢な番組で少しでもショボさが露呈してしまうと、全てがぶち壊しになりかねません。
また、旧シリーズは挑戦者として番組に出場する事が料理人のステイタスになるまでトレンドがアップしたのに対し、今は時代が大きく変わりビッグネームの料理人からは出場を敬遠され、期待された番組の質向上に繋がらなかったそうです(新鉄人が中華以外は皆若く、勝っても箔がつかない上、負けたら逆に看板に傷がつく)。
結果、視聴率は惨憺たる有様。
その企画から終焉に至る経緯は、低迷を続けるフジテレビの実情をそのまま現した形になってしまいました。

特に関西でカバーしていた関西テレビ。
初回の2時間スペシャル放送の際、7時からの自局制作のレギュラー番組を動かす事を拒み、1時間の短縮版で放送。
後日、再編集版で再放送したそうですが、そんなもの見落としていました。

年末大晦日の6時間スペシャル番組も大失敗で、特に関西テレビはこれ以上無い記録的な低視聴率を叩き出し、裏のテレビ大阪にも負けたとか。
僕は楽しんで見ていたのですが、確かに長過ぎましたね。途中で何回もチャンネル変えたし。

時間帯も悪かったようです。
もともと金曜夜8時はフジテレビにとっては弱い時間帯で、だからこそ知名度の高いこの番組を持って来たのでしょうが…。
しかしながら、この時間帯では私も何回か観る事が出来ませんでした(録画する程入れ込んでませんでしたし)。
逆に昔のような11時以降の時間帯なら、納得の行く数字が取れたかも知れません。
でもフジテレビにしてみれば、この時間帯で数字を上げないと意味が無かった訳ですね。

昔の番組と内容が殆ど変わらない企画の貧困さも指摘されているようですが、私は旧シリーズが好きでしたので楽しんで見ていました。
もっとも、「料理の鉄人」終了の理由は高い製作コストと内容のマンネリから来る視聴率の低下にあったそうで、そういえば私も終盤は飽きて見なかった事が多かったと思います。

当時はハンス・ジマーの代表作だった「バックドラフト」のテーマをそのまま番組の音楽に使用し、国内においてはすっかり「料理の鉄人」のテーマ曲としての知名度を上げた位で、「バックドラフト」のサウンドトラックにも一時期「料理の鉄人」のシールが貼られていました。
1社スポンサーだった日産も、番組が開始する前年に放送していたCM「日産自動車 熱血業界宣言編」で良く似た雰囲気の音楽を使用しており、この辺はひょっとしたら何か関係があったのかも知れません。

かなり長期の放送を目論んで企画された番組の筈なだけに、実に残念です。
まだ4人目の鉄人候補を選定中なのに…。
3月の最終回はどんなオチにするのでしょうか?
それとも、正式発表はまだですから、何かしらの救済措置はとるのかな?

まあ、4月からはCSの「料理の鉄人」再放送でも観ます。

スポンサーサイト

【2013/01/23 23:52】 | バラエティ
【タグ】 料理の鉄人  アイアンシェフ  バックドラフト  ハンス・ジマー  
トラックバック(0) |