アナログ人間の独り言~阪神タイガース・映画・サブカルチャー・旅行等々
世界最後のVHSビデオデッキメーカーであった船井電機が、今月末日でVHSビデオレコーダーの生産を終了すると発表しました。
これにより、一世を風靡したVHS規格ビデオの終焉となります。

ついにこの日がやって来ました。
もはや新品の流通在庫は殆ど無く、ネットオークションでもかなりの高値を呼んでいる模様。
昨年のTDK・ビデオテープ生産終了以来、家電量販店等でもテープの在庫を見掛けなくなり、いつしかDVD一体型のVHSデッキも姿を消していました。
各家庭にあるデッキが修理不可能になった時点で、もう録り溜めたテープを再生する事は永久に不可能となってしまう訳です。

ホームビデオの黎明期。
しのぎを削っていたVHSとベータ陣営。
私の実家が松下のマックロードを購入したのは1980年。まだ私が高校生の頃でした。
前年には経済性に優れた3倍モード機が発売されており、既にビデオ規格の趨勢は大きくVHS陣営へ傾きつつありました。
その中で松下が満を持して発売した、初めて価格が20万円を切ったNV-3300。
まだビデオテープ1本が4000円(標準2時間録画)程した頃、それでも映画好きの私にとっては夢の様な玩具でした。
…好きな映像を手元に保管(オンエア作品限定ですが)して、好きな時に好きなだけ見れる訳ですから。

大学へ入ると2台目を自分で買い、レンタル作品をダビングする事も覚えました(まだコピーガードなど無かった時代)。
社会人になって観る楽しみはLDへ移行しましたが、VHSは常に身近に存在していました。
結婚してからもそれは変わらず、DVDの普及が本格化してもメディアの変遷を信用しない私は、つい最近までVHSでケーブルチャンネルの放送作品を録画していたのです(流石に今はBDですが)。

個人的に録り溜めたカセットは1000本を超えるでしょう。
初期のVHSビデオカメラで録画した、若い頃の記録もあります。
LDやDVCといった先端メディアが次々と姿を消しても、アナログプレイヤーや音楽カセットのようにVHSも滅多な事では完全消滅しないだろうと、高を括っていました。
累計出荷台数9億台、カセット本数300億以上。
家電が最後に光り輝いた、世界的なヒット規格だったと言えます。
本当にお世話になりました。
手元のコレクションの救済は今後考える事として、しばらくはこの映像時代の主役退場の余韻に浸ります。

スポンサーサイト

【2016/07/22 22:49】 | 家電
【タグ】 VHS  ビデオ  松下  LD  DVD  BD  
トラックバック(0) |
今日、我が家に新しい冷蔵庫が来ました。

2年前にテレビを買い換えた時と同様、別に今まで使っていた冷蔵庫が壊れた訳ではありません。
それどころか結婚以来20年間、一回も故障せずによく動いてくれました。
今となっては酷く旧式になってしまった松下の4ドア冷蔵庫
消費税アップ前の駆け込みという訳でもありませんが、消費電力の圧倒的な差もあり今回思い切って買い換える事にしたのです。

新しくやって来たのは東芝製のフレンチドアタイプ。
白い松下冷蔵庫は入れ替わりに引き取られて行きました。
本当によく働いてくれました。
これで結婚時に買った大型家電で我が家に残っているのは、ホシザキ製の食洗器のみになりました。
業務用厨房機器のノウハウを生かした熱湯直入型の、今ではもう家庭用には生産していないタイプです。
それ故に非常に我が家では重宝しており、延命処置として先日オーバーホールを行いました。
あと10年は動いて欲しいのですが、その頃までにはメンテナンス用の部品もメーカーに無くなっているでしょう。


【2014/02/03 20:42】 | 家電
【タグ】 松下  東芝  冷蔵庫  
トラックバック(0) |
P1050963_convert_20131103094202.jpg

今まで使って来た我が家唯一のパソコン。
実は10年以上前に自作したマシンです。
当初はMeと2000のツインOSを搭載していましたが、マザーボードが壊れたのを契機に内容を一新。
CPUやHDDも更新してOSもXPに載せ代えました。
そのXPのサポート終了も来年に迫り、パソコンのパワーも随分陰りが見えて来たため、今回思い切って新調する事にしました。

当初はやはり自作も考えてみたのですが、既製品が非常に安くなっておりメーカー品を買った方がずっと安上がりなのに気付いた次第。
嫁さんも自分専用に1台欲しいと言うので、ノートとディスクトップをそれぞれ買う事に。
タイミング的には新機種発売直前の9月中旬以降…。

家電量販店の店頭に並んでいるのは、どれも大概がWindows8搭載機。
ただ友人の話ではXPからの乗り換えは7の方がお勧めで、業務用の出荷も圧倒的にWindows7の方が多いとの事。
8にするなら、タブレット特化型OSなのでタッチパネルでないと使い勝手が悪いのでは?との話でした。

店頭で条件に合った機種を探していると、これはこれで結構な値段がします。
結局通販専門のDellに絞ってみたのですが、店頭で触った8が結構面白く、ここは嫁さんに実験台になってもらってノートはタッチパネル式の8を買う事に決めました。

P1050966_convert_20131103094742.jpg

嫁さん専用に買ったacerのAspire/V5。
友人曰く、「ネットをする程度ならi3でなくても大丈夫」との事でしたので、安いセレロン搭載機を選択。
それでも今までのPCに比べると速い速い。
店頭在庫を持っていたのが近所ではHATのケイズデンキのみだったので、早速店頭で価格交渉。
ネットの最安値とかなりの差があったので「これは無理かな」と思って値切ってみたところ、あっという間に1割以上も値下げしてくれました。
最近はネット価格にも家電量販店は対抗しているみたいで、即効最安値を潜る値段を提示され、即断即決で買いました。
現在は嫁さんが8相手に悪戦苦闘中です。

P1050964_convert_20131103095212.jpg

で、自分向けにはDellのVOSTRO270sを買いました。
Dellに決めた時点で買うタイミングはいつでも良くなり、じっくり探した結果「価格ドットコム」限定モデルで安くてそれなりのスペックの機種を発見。
納期は2~3週間と思っていたのですが、意外と早く10日で納品されて来ました。

P1050965_convert_20131103095614.jpg

COREi5搭載、実に小さいタワーです。
今まで使っていたマシンと比べると、そのスリムさに驚きます。
もっと驚くのがその起動時の静寂性。
これまでのPCの大音響に対して、ほぼ無音と言ってもいい位の静かさです。
この記事もNEWマシンで書いてますが、暫くはデータの移動やアプリケーションのインストールでバタバタしそう…。


【2013/11/02 18:29】 | 家電
【タグ】 Dell  acer  
トラックバック(0) |
先週の日曜日、テレビを買いました。
今日はその納品日。

別に家のテレビが壊れた訳ではありません。
それどころか2台とも絶好調で映っています。
結婚した時、ダイニングにシャープの14型の小さなテレビを、居間に東芝の29型のテレビを買って設置しました。勿論、どちらもブラウン管です。
その内、小さな方のテレビが映らなくなり、7年ほど前に19インチのアクオスに換えました。
一方の大きい方は一度スイッチが壊れたくらいで、全く異常無く動き続けていました。

エコポイントの時、周囲の人間がこぞってテレビを買い替え、「買い換えるのは今しかない」と言われた時も、結局買わずに済ませてしまいました。何のトラブルも無く映っているテレビを捨ててしまうのが、非常に勿体無く感じたからです。
去年の地デジ騒ぎの時も、周囲の人達は大騒ぎで家電量販店へ駆け込み、「メーカー在庫が無くなった」「納期が2週間後だ」とか言い合っていた時もじっと耐えていました。
価格がどんどん暴落していくのを見て心が動いたのですが、我が家はケーブルテレビと契約していた為、まだ3年はデジアナ変換でデジタルチューナー無しでもアナログテレビが使えたのです。

考えを変え始めたのは去年の年末、ヨドバシ梅田のテレビ売場を見てからでした。
32型のアクオスを28800円で売っていたのです。
ヨドバシが飛び抜けて安いとは思っていなかった私も、さすがに腰を抜かしました。これはネット契約の条件価格だろうと思っていると、プロバイダー契約を同時にすると更に2万円引くと言うではありませんか。
他のテレビを見ても、地デジ移行時の時より明らかに安くなっています。
これは、しばらく見ない内にテレビ売場がえらい事になっている…と思いました。
地デジ以降後、各メーカーは大量の在庫を抱え、大規模な値崩れが発生しているというのは聞いていました(だから年末にテレビを見に行ったのですが…)。
しかし、ここまで酷い状態だとは全く予想もしていませんでした。
早速、本気でテレビを買い換えるために、少し調べてみる事にしたのですが…。

売場で調べると、今まで価格では他法人の後塵を拝する事が多かったヨドバシが結構値引きで頑張っており、ネットに限ればあの上新電機が安値店舗の上位に食い込む商品もありました。
しかも年明けも価格はジリジリと下がり続け、32型なら3万円台が当たり前になって来ました。
これは買うタイミングが難しいと、真剣に悩む事になります。
新型が発売されるのは各メーカー大抵2月以降なので、その直前が買い時なのは判りますが、メーカーも小売も凄い勢いで在庫を処分しているようなので、気が付けば欲しいものが売り切れているという可能性もあるのです。

昔買ったアクオスが良かったので(故障時のメーカー対応も含めて)、当初はシャープしか考えていなかったのですが、このメーカーの32型にはフルハイビジョンテレビがありませんでした。
我が家のテレビの設置予定場所は、どう工夫しても32型以下のサイズしか収まらないのです。
そこで32インチサイズでフルハイビジョンを販売しているメーカーを探してみました。
ソニー・パナソニック・東芝・LGが該当しましたが、その中で唯一ソニーの1機種のみが最安値5万円台の値を付けていました。
「3D BRAVIA KDL-32EX720」という昨年3月に発売された機種です。
スペックも申し分なく、購買対象はこれに絞る事にしました。

1月末に神戸某所のY電機で価格交渉をしてみれば、57800円でポイントは13%以上付けるとの事。長期保証付きで、実質5万円を切る価格まで値切れる訳です。
しかしネット価格では既に4万台前半だった為翌週まで粘ってみると、次の土曜には店頭価格が48800円になっていました。近隣のK’sやミドリもこれに引きずられており、まだまだ価格下落が続くと思われました。

実は買う店舗(…と言うか、買いたい店舗)も既に決めていました。
それは家から一番近いY電機なのですが、いつも他の競合店よりも安くしてくれ(同じY電機に対しても)、アフターサービスも結構良いのです。
それに比べて、今回最初に値段を聞いたY電機の店舗は、これでも同じ会社かと思うくらいいつも価格交渉には消極的で、他店の価格を言っても店員は必ず「それは無理」と言って全く取り合いません。
それどころかY電機の中でもかなり巨大な売場のくせに、力の入れていない品群については品揃えも演出も手抜きが露骨で、全くやる気というものをを感じさせる事がありません。
今まで散々価格交渉をして来ましたが、テレビもビデオカメラもブルーレイも洗濯機もクーラーも電話も電気カーペットも、全部他のY電機かミドリかK’sで買いました(一度店員に嫌味半分で言ってやった事がありましたが、別に何とも思っていないようでしたし)。

今回、実は店頭価格で最安値をマークし続けたのが、この最悪Y電機でした。
ちょっと意外だったのですが、案の定これ以上は価格交渉の余地は無さそう…。
そこで頑張って家から一番近いY電機で価格交渉をする事にしました。
2月下旬の時点で店頭売価は、全く同じの46800円でポイント11%と長期保証付き。現金値引きなら43800円。
ただし持ち帰り限定特価なので、配送と廃棄テレビの引取りをしてくれる、もう一方の店舗との差が目立ってしまいます。
そこで翌週、再交渉に向かうと「持ち帰り特価」の台詞が無くなっており、これはそろそろ買い時かと他店の価格を確認してから翌日店へ行ってみると、また値札が変わっているではありませんか。
店頭売価43800円のポイント無し、長期保証付き、持ち帰り限定特価…。
明らかに条件的に逆行しています(店頭価格は確かに下がっていますが)。
そこで店員をつかまえて再度交渉。つい先日まで46800円の11%ポイント付きで配送可だったのに…。
店員は早速バックへ走って行きましたが、直ぐに自信満々の表情で戻って来ました。
「お客様、いっその事ポイント無しで現金価格41500円、長期保証付きで無料配送可では如何でしょうか?」
…ええええっっ???
勿論、即決でOK致しました。

それにしても家電の価格暴落は恐ろしい状況ですね。
円高でなくてもメーカーが大赤字になるのが判ります。
ソニーシャープに比べるとLGだって決して安くは無かったですし、サムスンが日本再上陸に二の足を踏むのも何となく理解出来ます。

今日、昼過ぎに新しいテレビが我が家へ納品され、古いテレビが引き取られて行きました。
昨日の夜、最後に電源を入れ「チューボーですよ!」を見ました。
デジアナ変換された画像が写るブラウン管は、19型の古いアクオスと比べても遥かに見劣りのする画質でしたが、何となく温かみのある円やかな画でした。
ビデオ、レーザーディスク、思えば長い間このブラウン管にはお世話になったものです。
まだ何とも無いのに手放す家電は、これが生まれて初めて。本当に勿体無いやら、申し訳無いやら…。
玄関から2人掛りで運び出される重いテレビを、複雑な心境で見送りました。

10分後、家族全員、新しいテレビの大画面高画質超迫力に圧倒され、古いテレビの事などすっかり忘れていましたが…。

【2012/03/04 21:16】 | 家電
【タグ】 ソニー  シャープ  アクオス  
トラックバック(0) |
今年の1月、パイオニアが遂にレーザーディスクプレイヤーの生産終了を発表しました。

もともと、2002年に一度生産終了を検討中と発表された事があり、その時に多くのユーザーから生産継続の強い要望があった為、今まで細々と生産されていたという経緯があったのですが、パイオニア自体が慢性的な赤字体質を抱え、大幅なリストラが必要となった今、とうとうこのような事態となった次第です。
しかし逆に言うと、長年続く赤字の中で、よくパイオニアは今まで生産継続してくれたものだなあとも思います。

FC2 Blog Ranking



80年代後半から90年代末期までの約10年間は、LDの最盛期であると同時にパイオニアの黄金期でもありました。
かつてはオーディオメーカーとして名を馳せたパイオニアが、VHDとの規格戦争に勝利してAV機器では完全に主導権を握り、遂には松下やソニーと共にアメリカ映画会社に出資するまでになったのです。

私の社会人1年生になって初めての大きな買い物が、このパイオニアレーザーディスクプレイヤー「LD-8200D」でした。
以後、気に入った映画のタイトルは、全てLDで揃えました。
初めて買ったのはデッキと同時に購入した「エイリアン2」。
以後、「ダイハード」「バットマン」「インディジョーンズ3」「ゴースト」「ターミネーター2」「トータルリコール」「ジュラシックパーク」「インディペンデンスデイ」「タイタニック」等…。殆ど毎月何かを買っていました。
BOX物も結構買い、「スタートレックTNG」は全巻揃えています。

生産終了のニュースを見た時、これはヤバイと思いました。
DVDが普及してからは殆どLDを見る事が無かったのですが、家にある数百枚のLDソフトが今後見れなくなる可能性があるからです。
最初に買った「LD-8200D」は実に頑強で、今でも故障もせずに動きます。
しかしもう購入して20年以上経つ訳ですから、今後どうなるかは判りません。
現行機種は既に予約完売で、新製品はもう入手不可能です。
仕方なく、「LD-8200D」をパイオニアに持ち込んでオーバーホールを頼んでみました。驚いた事にまだ結構部品が保管されてはいたのですが、肝心のピックアップ部の在庫がもう無いとの事。
これが無ければいくら他を新品に代えたところで、意味がありません。

結局オーバーホールは諦め、パイオニアの担当者の方が勧めてくれた機種を、ネットオークションで入手し、それをオーバーホールすることにしました。

入手したのは「CLD-HF9G」、パイオニアが画質にこだわって世に出した最後の高級機種で、落札価格がリモコン・説明書付きで12000円。
オーバーホールが、モーター、ピックアップ、ベルト等の交換を含めて約23000円。
嫁さんは醒めた目で見ていましたが、これで何とか我が家に新品同様のLDプレイヤーが復活しました。

実際、アニメや特撮ものではDVD化されていないものも結構あり、いずれこれらをパソコンに取り込んで救済出来ればと思うのですが…。
多分、やらないだろうな…。

FC2 Blog Ranking


追記を閉じる▲

【2009/06/14 23:11】 | 家電
【タグ】 レーザーディスク  
トラックバック(0) |